人生にゲームをプラスするメディア

「TGS2017」バンナムブースでは『CODE VEIN』『SAO』『ドラゴンボール ファイターズ』など60タイトルが出展!

ゲームビジネス その他

「TGS2017」バンナムブースでは『CODE VEIN』『SAO』『ドラゴンボール ファイターズ』など60タイトルが出展!
  • 「TGS2017」バンナムブースでは『CODE VEIN』『SAO』『ドラゴンボール ファイターズ』など60タイトルが出展!
  • 「TGS2017」バンナムブースでは『CODE VEIN』『SAO』『ドラゴンボール ファイターズ』など60タイトルが出展!
  • 「TGS2017」バンナムブースでは『CODE VEIN』『SAO』『ドラゴンボール ファイターズ』など60タイトルが出展!
  • 「TGS2017」バンナムブースでは『CODE VEIN』『SAO』『ドラゴンボール ファイターズ』など60タイトルが出展!
  • 「TGS2017」バンナムブースでは『CODE VEIN』『SAO』『ドラゴンボール ファイターズ』など60タイトルが出展!
  • 「TGS2017」バンナムブースでは『CODE VEIN』『SAO』『ドラゴンボール ファイターズ』など60タイトルが出展!
  • 「TGS2017」バンナムブースでは『CODE VEIN』『SAO』『ドラゴンボール ファイターズ』など60タイトルが出展!
  • 「TGS2017」バンナムブースでは『CODE VEIN』『SAO』『ドラゴンボール ファイターズ』など60タイトルが出展!

バンダイナムコエンターテインメントは、9月21日から24日にかけて幕張メッセにて開催される「東京ゲームショウ2017」に出展します。

今回のバンダイナムコエンターテインメント展示ブースのコンセプトは「876GOLDEN HOUR」。ステージを新たなエンターテインメントの場と捉え、TVショーを観覧するかのように時間や気持ちを「共有する」ことで、カジュアルにゲームを楽しむスタイルが提案されています。


メインステージでは4組のパーソナリティーが日替わりで登場。ブースに華を添えるコンパニオン達による「876ゲームクィーン決定戦」や、スター実演販売士によるゲームプレゼン「タイトル紹介ライブ」などを楽しむこともできるとのことです。

もちろん、今回もYouTubeとゲーム配信サイトTwitchを通じて、英語と中国語(繁体中文)の同時通訳による生配信とアーカイブ配信が実施予定となっています。


また、出展タイトルは家庭用ゲーム・モバイルコンテンツ併せて60以上(ステージ、試遊・映像出展含む)。ゴッドイーター開発チームが手掛ける新規IP『CODE VEIN』、家庭用ゲーム・モバイルコンテンツ共に海外で非常に高い人気を誇る「ドラゴンボールゲーム」シリーズの最新作となる『DRAGONBALL FighterZ』、新作の『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』、『巨影都市』などを楽しむことができます。

モバイルコンテンツでは昨年発表されたUGCプロジェクト『Project LayereD』の新たな発表や、HTML5を中核とする技術を活用したブラウザゲームを提供する新会社BXDからの発表なども予定。

メインブース以外にも、ファミリーゲームパークでは、Nintendo Switch向けタイトルを複数出展。また、プレイステーションブースでは、新たな「サマーレッスン:新城ちさと」が出展され、さらに今年 7月にオープンした「VR ZONE SHINJUKU」にて絶賛稼働中の「装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎」も、HTC社ブースにて多見することが可能とのことです。


「東京ゲームショウ2017」は千葉県の幕張メッセにて9月21日より開催予定。バンダイナムコエンターテインメントブースは展示ホール5、ファミリーゲームパークは展示ホール1となっています。

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(C)2016 川原礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(C)カラー (C)円谷プロ TM & (C)TOHO CO., LTD.
(C)HEADGEAR/BANDAI VISUAL/TOHOKUSHINSHA
(C)1995 KADOKAWA 日本テレビ 博報堂 (C)1996 KADOKAWA 日本テレビ 博報堂 富士通 日販
All trademarks and copyrights associated with the manufacturers, aircraft, models, trade names, brands and visual images depicted in this game
are the property of their respective owners, and used with such permissions.
(C) 2004 - 2015 EPIC GAMES, INC. ALL RIGHTS RESERVED. Unreal, the circle-U logo and the Powered by Unreal Technology logo are
trademarks or registered trademarks of Epic Games, Inc. in the United States and elsewhere.
trueSKY(TM) Copyright (C) 2015 Simul Software Ltd. (C) BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

※プレスリリースの情報は、発表日現在のものです。発表後予告なしに内容が変更されることがあります。あらかじめご了承ください。
※「PlayStation」、「プレイステーション」および「PS4」は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です。
※Nintendo Switchは任天堂の登録商標です。
※コンテンツ利用の際は、パケット通信料が別途かかります。
※画面は開発中のものです。
※ステージイベントの海外ライブ配信については一部行わないステージもあります。あらかじめご了承ください
《ひびき》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『コトダマン』の追加キャラクターは月間40体!煩雑な発注管理をスムーズに行う秘訣とは?ーセガゲームスに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例

    『コトダマン』の追加キャラクターは月間40体!煩雑な発注管理をスムーズに行う秘訣とは?ーセガゲームスに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例

  2. 【OGC2012】「LINE」はスマホの日常生活になる、世界に躍進する日本のメッセージアプリ

    【OGC2012】「LINE」はスマホの日常生活になる、世界に躍進する日本のメッセージアプリ

  3. CC2が新プロジェクトを発表―復讐をテーマにした新作3タイトルの情報が公開!

    CC2が新プロジェクトを発表―復讐をテーマにした新作3タイトルの情報が公開!

  4. ソフトバンク、ガンホーを買収 ― 株式の過半数取得、公開買付けを開始

  5. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  6. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  7. モブキャスト、水口哲也氏のエンハンス・ゲームズに追加出資

  8. 【プレイレビュー】単純だけど奥深く、ハマる!あまりにもよくできたパズルRPG『ケリ姫スイーツ』

  9. 遠隔地でも「獺祭」酒蔵見学ー「VRで文化を伝えるお手伝いをしていきたい」

  10. 【CEDEC 2010】横浜は夜も大盛り上がり~Developers Night

アクセスランキングをもっと見る