人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2017】PS2時代のプレイヤーも要注目!『ウイニングイレブン2018』プレゼンレポ&インタビュー

ソニー PS4

【E3 2017】PS2時代のプレイヤーも要注目!『ウイニングイレブン2018』プレゼンレポ&インタビュー
  • 【E3 2017】PS2時代のプレイヤーも要注目!『ウイニングイレブン2018』プレゼンレポ&インタビュー
  • 【E3 2017】PS2時代のプレイヤーも要注目!『ウイニングイレブン2018』プレゼンレポ&インタビュー
  • 【E3 2017】PS2時代のプレイヤーも要注目!『ウイニングイレブン2018』プレゼンレポ&インタビュー
  • 【E3 2017】PS2時代のプレイヤーも要注目!『ウイニングイレブン2018』プレゼンレポ&インタビュー
  • 【E3 2017】PS2時代のプレイヤーも要注目!『ウイニングイレブン2018』プレゼンレポ&インタビュー
  • 【E3 2017】PS2時代のプレイヤーも要注目!『ウイニングイレブン2018』プレゼンレポ&インタビュー
  • 【E3 2017】PS2時代のプレイヤーも要注目!『ウイニングイレブン2018』プレゼンレポ&インタビュー
  • 【E3 2017】PS2時代のプレイヤーも要注目!『ウイニングイレブン2018』プレゼンレポ&インタビュー

日本では9月14日に発売が予定されている『ウイニングイレブン2018』。海外では『PRO EVOLUTION SOCCER』の名称で親しまれているサッカーゲームの最新作について、E3 2017でプレゼンテーションが開かれたため、ハンズオンの感触、アシスタント・プロデューサーの田谷淳一氏へのインタビューと共にレポートをお届けします。


プレゼンテーション冒頭では、発売日や海外での対象プラットフォームがPS4/Xbox One/PS3/Xbox 360/PCとなる点を説明。その後“人類最速の男”ウサイン・ボルト選手のトレイラーが紹介されました。今年陸上選手引退を発表している同選手。サッカーファンであり、『ウイニングイレブン』プレイヤーでもあるとのことで、本作ではアンバサダーに就任しました。ダウンロード版の予約特典、ディスク版では初回限定特典として、ボルト選手を獲得可能。サッカーフィールドで“ライトニングボルト”を堪能できるようになります。


E3 2017で明らかとなったのは、ここ7年ほどで初となるオンラインベータテストの実施。7月20日から7月31日までの間に行われるこのベータテストを実施する理由については、購入/予約を促すためのものではなく、ファンやプレイヤーに助けてもらうため、とのこと。オンラインでのゲームプレイをより快適なものにするべく、前述の期間中、3vs3のオンラインCO-OPやクイックマッチがプレイ可能、フィードバックを反映させたDay1パッチを配信するとの説明がありました。海外ではPS4/Xbox Oneを対象に実施されるとのことです。

■進化ポイント―ゲームスピードや選手の挙動の変化
今作の進化点はいくつかありますが、プレゼンテーション内で気になったのは、ゲームをプレイする際のスピード感覚。説明では、ゲーム展開のペースがゆっくりとしたものになる、との解説がありました。これは現実のサッカーにより近づけるべく考えられたもので、プレイスピードを落とすことで、より戦術を意識した試合が繰り広げられることになるとのこと。


また、プレイヤーの挙動についても興味深く、例えば相対するディフェンダーがフィジカルの強い選手であった場合に、ボールを相手から離して保持するような挙動となっています。トラップ時のボールタッチについてもいくつかの改良が施されており、胸、腹、太ももを使ったトラップがスムーズになっています。加えて、ボール受け取る際、相手とボールの間に身体を入れてトラップするなど、リアルなサッカーに限りなく近いプレイが楽しめるようになっています。

■オンラインCO-OPやマスターリーグについて

魅力的な点はオンラインの要素で、オンラインCO-OPモードはその最たるものになります。多角形グラフで自身のプレイにどのような特徴があるのかがひと目でわかるようになっており、一緒にプレイするプレイヤーの特徴が掴みやすくなっています。他のプレイヤーの特徴がわかるため、お互いの苦手な部分をカバーし合えるパートナーをオンラインで探すのも楽しいかもしれません。なお、このCo-opモードは3vs3、2vs2にてプレイ可能です。


「ウイイレと言えばこれ!」といった方も多いであろうマスターリーグももちろん搭載。今作では、新たにプレシーズントーナメントが追加されました。また、選手インタビュー映像やカットシーンなどは現実のものに限りなく近付けており、シーズンを通してプレイする中で、最新作ならではな違いを感じられるかもしれません。

プレゼン終了後は、同作アシスタント・プロデューサー田谷淳一氏(以下、田谷)と共にプレイしながら、作品について解説してもらいました。

※次ページ:田谷APへ直撃!最新『ウイイレ』の気になるアレコレ


――サッカースタジアムの再現について
田谷:FCバルセロナやボルシア・ドルトムントなどは、実際にスタジアムの撮影を敢行しました。試合と同じライトアップをしてもらい、それらをもとにゲーム内に落とし込んでいます。ゲームの視点でどのように写るのか写真を撮り、再現しました。

――選手が通る通路など、スタジアムの中が写ることがありますが、これらも実際の構造と同じですか?
田谷:そうですね。スタジアム内についてもクラブと話し合って、実際の構造を収めています。周辺地域についても撮影を行なっています。バルセロナ在住のサッカーのライターさんとお話する機会があったのですが、スタジアムを含めた、周辺の街並みの映像はこのままですよ、と言って頂けました。


――日本のファンも喜んでくれる要素ですね。
田谷:はい。とくに近年は海外で活躍する選手が増えたので、スタジアムの様子を知っているファンも増えました。そういった方を中心に喜んで頂けてますね。

――操作面はどのように変化しましたか?
田谷:PS2時代からボタンが増え、徐々に操作面が複雑化してきた部分はありました。ボタン操作を覚えるのって、正直面倒だと感じる方もいると思いますが、今作では操作をよりシンプルにして、自動的に優位なポジショニングを行うなどの設計をしています。

――初心者でも入りやすいですか?
田谷:そうですね。PS2時代に楽しんでくださった方も、戻って頂きやすいと思っています。「実際のサッカーはこういう動きをするよね」といった部分はしっかり再現しつつ、基本的なボタンとキックやダッシュを覚えてもらうだけで、あとはユーザーさんが相手との駆け引きに集中できるようにしています。

――ボールの弾道のガイドラインについて
田谷:前作まではコーナーキックの際、弾道がわかるようなガイドラインを入れていましたが、今作は入れていません。分かりやすく言うと、PS2時代の『ウイニングイレブン』に戻ったイメージですね。コーナーキックからのセットプレイについても、十字キーで戦術を設定できるので、ショートコーナーの位置取り、ファーサイドで待つなど4パターンのポジショニングの設定が簡単に行えます。


――下手なだけなんですが、フリーキックがなかなか決まらないんですよね…
田谷:フリーキックも弾道がなくなって昔の『ウイニングイレブン』に近いものになっているのですが、(ペナルティーエリア右斜め45%やや後方から)ゲージの6、7割くらいで決まるようにはなりますね。あとは練習です(笑)

ーーそうですよね(笑)ゲーム中、自身が操作する選手のカーソルが出ていますが、透明のカーソルの選手もいます。
田谷:これは次に切り替わる選手を示しています。

ーーこれまでは感覚的に切り替わる選手を認識してました。
田谷:そうですよね。よく「この選手に切り替わる」と思っていたら意図していない選手に切り替わって、上手くプレイできないこともあったかもしれません。なので、そういったことが出来るだけ起きないようなサポートになっています。

ーー先ほどのプレゼンテーションにて、ゲームのスピードが変わった、といった説明がありました。
田谷:はい。『ウイニングイレブン』って、現実のサッカーより少し早いんですが、爽快感は残しつつ、現実のサッカーのスピードに近づけました。

スピード感を落とすことで駆け引きを楽しめるので、これまでのスピード感のなかで「操作が早い人が勝つ」といったものを出来るだけ無くすように作り直しています。パスやシュートのスピードはもちろん、選手の動きなど、全体的にスピードを落とし、再構築しています。

ーースピード感に物足りなさを感じる人もいるのではないでしょうか。
田谷:そういった声もあるとは思っています。ゲーム的なテンポがお好きな方はいるとは思いますが、『ウイニングイレブン』ではリアルなサッカーを表現したい、という思いがあります。極端にスピードを落とすことはなく、スピード感の不満が出来るだけ少なく、かつリアルなサッカーのテンポを再現できるギリギリのところを調整しています。

ーーe-Sportsでの展開においても、試合展開のスピード感は魅力のひとつです。
田谷:そうですね。今作では、スピード感に不満を抱かれない程度に落としつつ、駆け引きの部分をより楽しめるようになると思うので、e-Sportsでの観戦においてもこれまでとは楽しみ方が変わるかもしれません。

ーー(セットプレイからシュートをミスする筆者)くーっ!悔しい!でもやっぱり楽しいですね。個人的に『ウイニングイレブン』ってパーティゲームだと思っています。
田谷:みなさんに対戦で楽しんでほしいですね!新しいバージョンが出て、新しい操作を覚える、といった楽しみ方もあったかもしれませんが、久しぶりに『ウイニングイレブン』に戻って来てくれた方とは、どうしても大きな差がついてしまいがちでした。

今作でも新しい動きは入れたんですが、昔遊んでくれていた方も違和感なくプレイできるように心がけています。あと今作には協力プレイがあるので、それも盛り上がれるモードになっていると思います。Co-opモードもプレイしてみましょう。


ーー(クロスを上げながら)ああ、オフサイドになっちゃいました…
田谷:(リプレイ再生時)リプレイ映像でも操作している選手がどれかがわかるように、カーソルを出しています。プレイの際に誰が活躍したのかを分かりやすくしました。

ーー(田谷さんがゴールを決めた際)
田谷:シュートを決めたあとのゴールパフォーマンスにも注目してほしいのですが、ゴールを決めたプレイヤーがパフォーマンスをしている最中に他のCo-opプレイヤーが□ボタンを押すと、同じパフォーマンスを一緒にしてくれます。こういった形で、1vs1だけでなく、チームプレイが好きな方も楽しんでもらえるようなバラエティを増やしています。

ーー(試合終了)ありがとうございました!
田谷:ありがとうございました!


今回のプレゼンテーションや田谷さんのお話、プレイを通じて感じたのは、そのカジュアルさ。筆者自身PS2時代に比べて『ウイニングイレブン』シリーズに触れる機会は減っていましたが、その理由のひとつとして、操作面の複雑化がありました。細かい操作ができることで、プレイヤーは選手を思いのまま操れる一方、これから始める人、しばらくシリーズを触れていない人にとっては操作の複雑化による「ハードルの高さ」を感じることがありました。

しかしながら、今作はそれらのプレイヤーを意識してか、シンプルな操作で比較的思い通りにゲーム運びを出来た印象。今回のプレイは20分ほどでしたが、自動的なポジショニングなどの挙動も、自分が意図したプレイを邪魔するものではなく、直感的に操作でき、過去にシリーズに親しんでいたプレイヤーでも楽しめるものになっていると思います。また、気になっていたスピード感についても、近年のシリーズをハードにプレイしているユーザーにとっては違いを感じるかもしれませんが、カジュアルに楽しんできたプレイヤーや久しぶりにプレイする方にとっては、違和感なく楽しめる仕上がりとなっています。


Co-opモードなどの新要素も魅力的な『ウイニングイレブン2018』は、国内ではPS4/PS3向けに9月14日に発売予定です。なお、前述のベータテストについては国内でも実施予定。海外同様、7月20日の17:00から、7月31日の13:00まで開催予定となっており、プレイ可能なモードも同様に「クイックマッチ」「オンラインCO-OP」となっています。

All UEFA Champions League names, logos and trophies are the property, registered trademarks and/or copyright of UEFA. All rights reserved. adidas, the 3-Bars logo, the 3-Stripe trade mark and Climacool are registered trade marks of the adidas Group, used with permission. (C) 2002 Ligue de Football Professionnel (R) All other copyrights or trademarks are the property of their respective owners and are used under license. (C)Konami Digital Entertainment
《ハンゾウ@編集部》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『二ノ国II レヴァナントキングダム』発売日延期が国内向けに発表

    『二ノ国II レヴァナントキングダム』発売日延期が国内向けに発表

  2. 『バイオ7』Gold Editionや無料エピソード「ノット ア ヒーロー」も間近! 後日譚「エンド オブ ゾイ」の最新映像を公開

    『バイオ7』Gold Editionや無料エピソード「ノット ア ヒーロー」も間近! 後日譚「エンド オブ ゾイ」の最新映像を公開

  3. 『ストリートファイターV』シーズン3の新キャラ6人が発表!「さくら」「ブランカ」「サガット」など参戦【UPDATE】

    『ストリートファイターV』シーズン3の新キャラ6人が発表!「さくら」「ブランカ」「サガット」など参戦【UPDATE】

  4. アリカの新作格ゲー『FIGHTING EX LAYER』のベータ版が配信開始! 「スカロマニア」「ガルダ」などが使用可能

  5. 『スーパーロボット大戦 X』予約受付が開始!―早期購入4大特典はスペシャルシナリオや「サイバスター」が序盤から使用可能!

  6. スパロボ最新作『スーパーロボット大戦X』がPS4/PS Vitaで2018年3月29日発売決定!初参戦に「ナディア」「ワタル」など

  7. 『バイオハザード7』クリスDLCの配信日が決定!―本編後日談を描く新DLC「エンド オブ ゾイ」も

  8. PS4版『モンハン:ワールド』の海外向け新デモを体験!ネルギガンテを狩猟せよ【PSX17】

  9. 【プレイレポ】二ノ国II レヴァナントキングダム…アクション性が増したものの、昔ながらのRPG要素も

  10. 【レポート】『バイオハザード7』無料エピソード「Not A Hero 」をPS VRで体験…撃て、殴れ、そして恐怖せよ!

アクセスランキングをもっと見る