人生にゲームをプラスするメディア

編集部が選ぶ「E3 Japan Awards 2017」受賞タイトルを発表!

編集部は、そんな「E3 2017」の出展タイトル群から優れた作品を表彰する「INSIDE x Game*Spark Presents E3 Japan Awards 2017」を実施。

ゲームビジネス その他
編集部が選ぶ「E3 Japan Awards 2017」受賞タイトルを発表!
  • 編集部が選ぶ「E3 Japan Awards 2017」受賞タイトルを発表!
  • 編集部が選ぶ「E3 Japan Awards 2017」受賞タイトルを発表!
  • 編集部が選ぶ「E3 Japan Awards 2017」受賞タイトルを発表!
  • 編集部が選ぶ「E3 Japan Awards 2017」受賞タイトルを発表!
  • 編集部が選ぶ「E3 Japan Awards 2017」受賞タイトルを発表!
  • 編集部が選ぶ「E3 Japan Awards 2017」受賞タイトルを発表!
  • 編集部が選ぶ「E3 Japan Awards 2017」受賞タイトルを発表!

6月13日から6月15日まで米国ロサンゼルスで開催され、前年を大きく超える68,400人もの動員があった、ゲーム見本市「E3 2017」。ゲームメーカー各社から、注目タイトルが続々と発表され、ショーフロアは、いち早く新作ゲームをプレイしようと、一般ユーザーも含む大勢の来場者でにぎわっていました。

編集部は、そんな「E3 2017」の出展タイトル群から優れた作品を表彰する「INSIDE x Game*Spark Presents E3 Japan Awards 2017」を実施。“Best of Show”として3つの作品を選出し、会場内でアワードメダルを贈らせていただきました。おめでとうございます!

■モンスターハンター:ワールド


メーカー: カプコン 対応機種: PS4/Xbox One/PC 発売時期: 2018年初頭


INSIDE取材記事
『モンスターハンター:ワールド』で『モンハン』はどう変わったのか―シアターレポ
https://www.inside-games.jp/article/2017/06/19/107976.html

「システムやテンポ感、そしてグラフィックなどは「いつもの『モンハン』」から大きく変わり、開いた口が塞がらないほど驚きっぱなしでした。しかし、実プレイを通して見ると、「狩りの楽しさ」という面では『モンハン』らしさはそのまま、よりプレイしやすくなっているのではないかと感じました。また、生態系や環境にフィーチャーした作りは、『MH3』でモンスター同士の関係性が強化されたときのワクワク感を蘇らせてくれます。ああ、早く遊びたい!」

■シャドウ・オブ・ウォー


メーカー: ワーナーゲーム/Monolith Production 対応機種: PS4/Xbox One/PC 国内発売日:2017年10月12日


Game*Spark取材記事
『シャドウ・オブ・ウォー』のとんでもない要塞バトルをプレビュー!
https://www.gamespark.jp/article/2017/06/16/74098.html

「映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズにおける、ヘルム峡谷の戦いやゴンドールの戦いを彷彿とさせる大規模な攻城戦と、ウォーストラテジーゲームのような戦略性、ネメシスシステムによってプレイヤーごとに異なる展開になっていく多様性が、本作の魅力であり、今回のデモでその一部を垣間見ることができました。」

■スパイダーマン


メーカー: SIE/Insomniac Games 対応機種: PS4 発売時期:2018年


Game*Spark取材記事
PS4『スパイダーマン』のオープンワールド性やストーリー設定は?―開発者セッション
https://www.gamespark.jp/article/2017/06/15/74083.html

「特筆すべき点として、今作『Spider-Man』の開発を手がけるのは、『ラチェクラ』や『Resistance』シリーズ、『Sunset Overdrive』など数々の人気タイトルで実績は証明済みのインソムニアックゲームズ(Insomniac Games)。ゲーマーからの期待が高いのも納得です」「本作ではニューヨークのマンハッタンをまるごとオープンワールドで再現しており、同じインソムニアック開発の『Sunset Overdrive』を上回る広さとのこと。」

===== ===== =====

以上、編集部が選んだ3作品でしたが、読者の皆さんが選ぶ、E3 2017の”Best of Show”もコメント欄で教えてくださいね。
Game*Spark

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2016】「うらら」と共演できる『スペースチャンネル5 VR』にウキウキ!いい時代になったなぁ…

    【TGS2016】「うらら」と共演できる『スペースチャンネル5 VR』にウキウキ!いい時代になったなぁ…

  2. 汎用2Dアニメーション作成ツール「SpriteStudio」最新バージョンの新機能とは【CEDEC 2018】

    汎用2Dアニメーション作成ツール「SpriteStudio」最新バージョンの新機能とは【CEDEC 2018】

  3. メインビジュアルは“炎王龍”テオ・テスカトル!!『モンスターハンターハンティングカード』第3弾

    メインビジュアルは“炎王龍”テオ・テスカトル!!『モンスターハンターハンティングカード』第3弾

  4. 【CEDEC 2014】データの見方を間違えて失敗した5つの例・・・DeNAの分析担当者が語る

  5. 「Alienbrain」と画像管理ツールの融合でゲーム開発が「見えるようになる」

  6. 【CEDEC 2014】秋葉原の3Dモデルを無償配布、地図の用途を広げるゼンリン

  7. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  8. 【GDC 2013】プロシージャルなマップ生成で繰り返し遊べるFPSを、DIGITAL EXTREME『Warframe』

  9. VRデバイスの“今”と“これから”はどうなる―HTC&Oculusはじめ業界関係者が登壇するセミナーが開催

  10. 【GDC 2015】Tapjoyと5Rocksが統合され、広告から分析まで一気通貫したプラットフォームに進化

アクセスランキングをもっと見る

1