人生にゲームをプラスするメディア

レベルファイブが開発拠点「LEVEL5 comcept」を大阪に設立―同拠点の手掛ける新作ゲームの情報も

株式会社レベルファイブは、ゲーム・アプリ企画開発の大阪拠点として『株式会社LEVEL5 comcept』を設立したと発表され、さらに『LEVEL5 comcept』設立後初のタイトル、『ドラゴン&コロニーズ』がスマホアプリとして2018年配信予定であることも発表されました。

ゲームビジネス 開発
レベルファイブが開発拠点「LEVEL5 comcept」を大阪に設立―同拠点の手掛ける新作ゲームの情報も
  • レベルファイブが開発拠点「LEVEL5 comcept」を大阪に設立―同拠点の手掛ける新作ゲームの情報も
  • レベルファイブが開発拠点「LEVEL5 comcept」を大阪に設立―同拠点の手掛ける新作ゲームの情報も
  • レベルファイブが開発拠点「LEVEL5 comcept」を大阪に設立―同拠点の手掛ける新作ゲームの情報も
  • レベルファイブが開発拠点「LEVEL5 comcept」を大阪に設立―同拠点の手掛ける新作ゲームの情報も
  • レベルファイブが開発拠点「LEVEL5 comcept」を大阪に設立―同拠点の手掛ける新作ゲームの情報も
  • レベルファイブが開発拠点「LEVEL5 comcept」を大阪に設立―同拠点の手掛ける新作ゲームの情報も
  • レベルファイブが開発拠点「LEVEL5 comcept」を大阪に設立―同拠点の手掛ける新作ゲームの情報も
  • レベルファイブが開発拠点「LEVEL5 comcept」を大阪に設立―同拠点の手掛ける新作ゲームの情報も

株式会社レベルファイブは、ゲーム・アプリ企画開発の大阪拠点として株式会社LEVEL5 comcepを設立したと発表しました。さらに同拠点設立後初のタイトル、『ドラゴン&コロニーズ』がスマホアプリとして2018年配信予定であることもあわせて発表されました。

◆「LEVEL5 comcept」とは?


株式会社レベルファイブの代表取締役社長/CEOで、イナズマイレブンや妖怪ウォッチなどを手掛けた日野晃博氏と、株式会社comcept CEO/コンセプターで、ロックマンや鬼武者、デッドライジングなどでおなじみの稲船敬二氏が手を組み、レベルファイブの100%子会社としてゲーム開発スタジオ「LEVEL5 comcept」を設立。
「LEVEL5 comcept」は、レベルファイブの大阪拠点とし、ゲーム・アプリの開発や人材確保などの事業に取り組んでいくとしています。

■会社名:株式会社LEVEL5 comcept
■所在地:大阪市浪速区
■代表者:左から、日野 晃博(CEO)/ 稲船 敬二(CCO)


■株主構成:レベルファイブ(出資比率100%)
■設立:2017年6月
■事業内容:ゲーム・アプリ企画開発
■レベルファイブ関連会社/一覧


■企業WEBサイトhttp://www.level5.co.jp/level5comcept/

◆LEVEL5 comceptの手掛ける『ドラゴン&コロニーズ』



『ドラゴン&コロニーズ』は、『LEVEL5 comcept』設立後初の開発タイトルで、スマホアプリとして2018年に配信予定です。キューブ状の世界「ハコロニー」に施設を作り、住人を住まわせ、自分だけの王国をつくって敵国とたたかうハコ庭バトルRPG、ファンタジーRPGの世界観をベースに親しみやすくカワイイハコ庭ライフを送ることができ、軍事とゆったりライフが同居する新感覚ゲームです。


◆「ハコロニー」に自分だけの王国をつくって対戦&育成


■六面クラフト


ハコロニーには、自由に施設やキャラクターを配置することができ、自分だけのオリジナルのハコロニーを作る事ができます。

■ハコ庭タクティクスバトル

相手の防衛拠点を先に破壊したほうの勝利。キャラクターや施設の設置が勝敗を左右するので、各ユニットの相性を考えて戦術的にゲームを進めよう。

■ダイナミックなハコロニー演出

2つの立方体が合体してバトルステージとなる全く新しいシステム。ハコ回転でステージを変更しダイナミックな逆転も可能。

『ドラゴン&コロニーズ』の詳細は公式サイトをご覧ください。
公式サイトhttp://www.level5.co.jp/level5comcept/dracolo/

『ドラゴン&コロニーズ』はiOS/Android用アプリで基本無料+アイテム課金になる予定です。

(C)LEVEL-5 Inc.
《FiveFinger》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  3. 2018年11月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年11月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  5. 中規模開発ならではの、ユニティの意外な「落とし穴」とは?『三国志コンクエスト』ポストモータム

  6. 任天堂がマイクロソフトにレア社を売却した経緯とは・・・3億7500万ドル巨額買収の裏側

  7. 任天堂アメリカが海外YouTuberに「著作権侵害」申し立て―怒りを露わにした批判映像も

  8. スクエニ、2013年3月期決算 ― 環境変化、欧米苦戦、アミューズメント機器不振により大幅赤字

  9. 【特集】ゲーマーのための「PayPal」ガイド―使い方や登録方法を解説!

  10. 【CEDEC 2010】アサシン・クリードのゲームデザインと開発プロセス

アクセスランキングをもっと見る