人生にゲームをプラスするメディア

ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

イードは、VR技術を用いた「トキメキメテオ」シリーズを2017年春より展開すると発表しています。

ゲームビジネス VR
ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用
  • ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用
  • ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用
  • ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用
  • ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用
  • ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用
  • ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用
  • ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用
  • ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

イードは、VR技術を用いた「トキメキメテオ」シリーズを2017年春より展開すると発表しています。

「トキメキメテオ」シリーズは、簡易VRゴーグルを同梱したパッケージ版や、VR映像配信プラットフォーム「EINYME(エイニーミー)」で展開されるVR作品です。パッケージ版は書店や家電量販店など一般流通向けにも展開されていきます。


本シリーズの第一弾としては、グラビアアイドルとして活躍する倉持由香さん、星名美津紀さんが起用。それぞれの魅力が詰まったVR作品シリーズが登場します。シリーズのクリエイティブディレクターは、デザイナーやプロデューサーとして活躍するカミナリコゾウ氏が担当しており、他のVR作品とは一線を画す高画質・高品質かつストーリー性に優れた作品を目指すとのこと。

■倉持由香 / YUKA KURAMOCHI

1991年11月16日生まれ、T167 B84 W58 H100
13歳で芸能界デビュー。ヒップ100cmの「尻職人」との異名を持ち、Twitterで自撮り写真をアップする「グラドル自画撮り部」の部長としても活躍。ゲーム好きのグラビアアイドルとしても知られる。AbemaTV「ピーチゃんねる」生テレ「倉持由香のグラドルクエスト」ではレギュラーのメインMCを務める。2017年公開の映画「クーガの城」では主演も務めるなど、テレビ、映画、雑誌、WEBなど多方面で活躍中。

■星名美津紀 / MIZUKI HOSHINA

1996年5月14日生まれ、T164 B92 W64 H88
2012年にグラビアとして15歳で「週刊プレイボーイ」にて全国デビュー!「プロが選ぶアイドルDVD賞」新人賞、MVP賞を受賞。グリコ乳業「ドロリッチガールズ」2期生を務め、日本経済新聞社掲載の「2014年上半期のコンビニ店・水着表紙登場ランキング」にて第1位を獲得。また三洋物産「CRロトパチ」「CRスーパーわんわんパラダイスおかわりver」ソロ出演映画「みんな!エスパーだよ!」、TV番組「ダウンタウンDX」「ナカイの窓3SP」等にも出演し、グラビア・女優・マルチタレントとして活躍中。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

第一弾「トキメキメテオ Vol.1倉持由香」「トキメキメテオ Vol.2星名美津紀」は、2017年3月31日より発売開始。パッケージ版の価格は4,000円(税別)になります。デジタル版の詳細は、後日オープン予定の公式サイトをご覧ください。

なお、「トキメキメテオ」シリーズのパッケージ版はイードとライブエンタープライズが協力して制作、VR映像配信プラットフォーム「EINYME」はイードとシータが運営を行っています。
《すしし》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  2. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

    あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  3. 欧州委員会、アイテム課金モデルに「無料」との表記を禁じる方向で議論

    欧州委員会、アイテム課金モデルに「無料」との表記を禁じる方向で議論

  4. 【DEVELOPER’S TALK】外部との連携で技術的困難を乗り越えた!「オト」が主役の『謎惑館』開発秘話

  5. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  6. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  7. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  8. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  9. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. 【特集】ゲーマーのための「PayPal」ガイド―使い方や登録方法を解説!

アクセスランキングをもっと見る