人生にゲームをプラスするメディア

【読プレあり】『陰陽師』の神楽ちゃんがインサイド編集部に遊びにやってきた!

モバイル・スマートフォン iPhone

【読プレあり】『陰陽師』の神楽ちゃんがインサイド編集部に遊びにやってきた!
  • 【読プレあり】『陰陽師』の神楽ちゃんがインサイド編集部に遊びにやってきた!
  • 【読プレあり】『陰陽師』の神楽ちゃんがインサイド編集部に遊びにやってきた!
  • 【読プレあり】『陰陽師』の神楽ちゃんがインサイド編集部に遊びにやってきた!
  • 【読プレあり】『陰陽師』の神楽ちゃんがインサイド編集部に遊びにやってきた!
  • 【読プレあり】『陰陽師』の神楽ちゃんがインサイド編集部に遊びにやってきた!
  • 【読プレあり】『陰陽師』の神楽ちゃんがインサイド編集部に遊びにやってきた!
  • 【読プレあり】『陰陽師』の神楽ちゃんがインサイド編集部に遊びにやってきた!
  • 【読プレあり】『陰陽師』の神楽ちゃんがインサイド編集部に遊びにやってきた!

NetEase Gamesが2017年上旬に配信を予定している、iOS/Android向け最新作『陰陽師』。今回はその『陰陽師』から、メインキャラクターのひとりである美少女・神楽(かぐら)ちゃんが最新のテスト版を持ってインサイド編集部に遊びに来てくれました!

『陰陽師』は、日本の平安時代を舞台にした“美と妖の本格幻想RPG”。プレイヤーは希代の天才陰陽師「安倍晴明」となり、さまざまな式神とともに魑魅魍魎と戦いを繰り広げていきます。今回遊びに来てくれた神楽ちゃんは、主人公・安倍晴明の仲間で物語のキーマンとなる人物。神秘的な雰囲気を醸し出す無口な少女で、記憶を無くしたことをきっかけに晴明と行動を共にするようになるのだとか。CVを担当するのは、人気声優の釘宮理恵さん。


今回、神楽に扮してくれた翡翠ベル(@cos_bel)さん。か、可愛いっす!


海外のコスプレイヤーにも人気が高いという神楽の衣装。このセクシーさなら納得です!


持参してくれたプレゼントそっちのけで、神楽ちゃんに釘付けになる編集部員。それでいいのか……。


プレゼントで持ってきてくれた扇を手に二人でポーズ!

神楽ちゃんの指導のもと、『陰陽師』のテスト版をさっそくプレイ。で、その第一印象はというと「とにかくよくしゃべる!」。『陰陽師』では、ムービーシーンはもちろん、バトル前の会話イベントもすべてフルボイス!声優陣も豪華で、主役の安倍晴明を演じる杉山紀彰さんをはじめ、犬神役の関俊彦さん、八百比丘尼役の沢城みゆきさんなどそうそうたる顔ぶれがそろっています。

開発スタッフによると、沢城さんたちは現在配信している中華圏でも大人気で、海外版『陰陽師』でもキャラクターの声は日本語の音声を使用しているとのこと。日本の声優さんの人気は、今やワールドワイドなんですね。


アドベンチャーシーン下部の記入欄にコメントを打ち込むと、某動画サイトのようにコメントが流れる。

システム面で興味深かったのは、ムービーシーンでの「動画弾幕」機能。『陰陽師』では舞台劇風のムービーで物語が語られるのですが、このときにコメントを投稿する機能が付いています。ムービー中に他のユーザーのコメントが一斉に流れる様子はまさに“弾幕”!(ただし、今回はテスト版のため弾幕の流れがハッキリ見えず残念……)。某動画サイトではおなじみのコメント投稿機能ですが、ゲームとして実装しているのは珍しいんじゃないでしょうか? ちなみにこの「弾幕」という言葉は中国ではすでに一般用語として使われているそうです。日本のオタク文化恐るべし!



本作には、斬新な召喚システム(ガチャ)が実装されており、新たな式神を召喚する際は、御札に呪文を「書く」、もしくは呪文を「唱える」ことで召喚できます。召喚方法には決まりはなく、自由に書き、自由に唱えることができます。

また、本作の売りのひとつである位置情報を利用したコミュニティ機能「LBS」は、残念ながら今回のテスト版では遊べませんでしたが、こちらも気になるところです。


神楽ちゃんの指導を受け、初プレイに挑む編集部員。


あまりのへっぽこプレイぶりに神楽ちゃんからダメ出しが!


無事1章をクリアし、満面の笑みを浮かべる編集部員。
でもそれ、ほとんど神楽ちゃんのおかげだよね?

◆『陰陽師』グッズをプレゼント!




『陰陽師』の美麗なキャライラストを多数収録した画集と、安倍晴明が手にする扇子をそれぞれ2名様ずつ、『陰陽師』ロゴ入り扇子を1名様の計5名様に抽選でプレゼント!プレゼントをご希望の方は、株式会社イードの「個人情報保護方針」に同意の上、インサイド公式ツイッター(@INSIDEjp)の対象ツイートをリツイートしてください。リツイートした時点で応募は完了です。どれが当たるかは当選してからのお楽しみ。当選された方には、後日ツイッターのダイレクトメッセージにてご連絡を差し上げます。

応募期間:2017年12月16日(金)~2017年12月26日(月)10:00



こちらのツイートをリツイートしてください!

※賞品は選べません。
※DMでのご連絡のため、インサイド公式ツイッター(@INSIDEjp)のフォローをお願い致します。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『陰陽師』は2017年上旬にリリース予定で、現在は事前登録受付中。登録者数は現在10万人を突破しています。




(c) 1997-2016 NetEase, Inc.All Rights Reserved
《土田 章晴》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 「『バンドリ!』×『ペルソナ』コラボ衣装誰が1番似合う?」結果発表―最も多くの心を盗んだのは誰だ!?【読者アンケート】

    「『バンドリ!』×『ペルソナ』コラボ衣装誰が1番似合う?」結果発表―最も多くの心を盗んだのは誰だ!?【読者アンケート】

  2. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

    誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  3. 『Sdorica (スドリカ)』リリース100日記念イベント開催!新キャラクター「カレン」も登場

    『Sdorica (スドリカ)』リリース100日記念イベント開催!新キャラクター「カレン」も登場

  4. 『FGO』「今年の夏イベントで水着になってほしいサーヴァントは誰?」結果発表―最も水着を望まれたのはあの女性!【読者アンケート】

  5. 『FGO』第2部第2章「無間氷焔世紀 ゲッテルデメルング 消えぬ炎の快男児」を考察【特集】

  6. 『バンドリ!』×『ペルソナ5』カバー「Life Will Change」の一部プレイ動画を先行公開!7月20日追加予定

  7. 『少女前線』にいったい何が?運営と開発に亀裂、元運営が語る真相とは

  8. 『アークザラッド』新作のティザーサイトが公開!気になる詳細は7月30日に解禁

  9. 5つの視点から見る『Sdorica』の魅力―“Rayark=リズムゲー”を覆すハイクオリティRPG

  10. 今さら聞けない『アズールレーン』ー『艦これ』との違いや魅力って?【特集】

アクセスランキングをもっと見る