人生にゲームをプラスするメディア

【G-STAR 2016】韓国のVRテーマパーク「バーチャルアイランド」アトラクションを体験!ジェットコースターからジェットスキーまで

 

ゲームビジネス VR
【G-STAR 2016】韓国のVRテーマパーク「バーチャルアイランド」アトラクションを体験!ジェットコースターからジェットスキーまで
  • 【G-STAR 2016】韓国のVRテーマパーク「バーチャルアイランド」アトラクションを体験!ジェットコースターからジェットスキーまで

11月17日から20日まで開催される韓国のゲームショウ「G-STAR 2016」。既にいくつかのVRゲームの大型筐体や、テーマパーク向けのVRFPSを別記事でお届けしていますが、同イベントのBtoBエリアにてVRテーマパークのオープンを計画しているHONGBIN NETWORK KOREAが出展されていましたので、本稿ではそのアトラクションをご紹介します。

VRテーマパークの名は「バーチャルアイランド(Virtual Island)」。仮想リゾートをコンセプトにした約300坪にも及ぶ都心型テーマパークで、会場には同パークで使用予定のアトラクションが複数出展されており、全て実際に体験することが出来ました。

■RAPTOR HUNTER

恐竜を撃つレールシューティングゲーム。緑溢れる広大な敷地内を車で駆け抜け、プレイヤーは車に設置されているタレットで迫り来る恐竜たちをなぎ払って行きます。車の移動やタレットの向きなどはオートで、アーケード向けのガンシューティングをVRで体験しているような感覚でした。

■GOLD RUSH

最大6人乗りのジェットコースター。VRを用いたジェットコースターアトラクションは既にありますが、本作では一番前のプレイヤーがコースターを操縦します。操作はレバー1本で行い、上下で加速と減速、左右でルートの変更を行います。

■WATER BIKE

ジェットスキーのレースゲーム。操作性は非常によく、何より波の衝撃を確りと再現していることに驚き。もちろん波のグラフィックと筐体は連動しており、ランダムに衝撃が繰るのではなく、ゲーム内の機体が波に乗ることでフィードバックが帰ってくるようになっていました。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

「バーチャルアイランド(Virtual Island)」は韓国で2017上半期中の披露を予定しています。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

    【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  2. 今週発売の新作ゲーム『Battlefield V』『絶体絶命都市4 Plus Summer Memories』『シェンムー I&II』他

    今週発売の新作ゲーム『Battlefield V』『絶体絶命都市4 Plus Summer Memories』『シェンムー I&II』他

  3. 【BEST OF TGS AWARD 2013】モバイル部門は懐かしのFFワールドがパズルに、 『ピクトロジカ ファイナルファンタジー』

    【BEST OF TGS AWARD 2013】モバイル部門は懐かしのFFワールドがパズルに、 『ピクトロジカ ファイナルファンタジー』

  4. アメリカゲーム業界就職事情・・・日本とは違うサバイバル術

  5. 【レポート】2Dイラストを360度動かす「Live2D Euclid」をVRで体験!3Dでは味わえない表現がココに

  6. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  7. 【Unite Japan 2014】小林幸子の巨大衣装もUnityで作られた!選択の理由は「みんなが使ってるから」

  8. 【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

  9. 『クロスサマナー』でブレイクした「裏ワザ入力キャンペーン」はどこから生まれた?仕掛け人、柴田和紀氏インタビュー

  10. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

アクセスランキングをもっと見る