人生にゲームをプラスするメディア

【G-STAR 2016】韓国のVRテーマパーク「バーチャルアイランド」アトラクションを体験!ジェットコースターからジェットスキーまで

ゲームビジネス VR

【G-STAR 2016】韓国のVRテーマパーク「バーチャルアイランド」アトラクションを体験!ジェットコースターからジェットスキーまで
  • 【G-STAR 2016】韓国のVRテーマパーク「バーチャルアイランド」アトラクションを体験!ジェットコースターからジェットスキーまで

11月17日から20日まで開催される韓国のゲームショウ「G-STAR 2016」。既にいくつかのVRゲームの大型筐体や、テーマパーク向けのVRFPSを別記事でお届けしていますが、同イベントのBtoBエリアにてVRテーマパークのオープンを計画しているHONGBIN NETWORK KOREAが出展されていましたので、本稿ではそのアトラクションをご紹介します。

VRテーマパークの名は「バーチャルアイランド(Virtual Island)」。仮想リゾートをコンセプトにした約300坪にも及ぶ都心型テーマパークで、会場には同パークで使用予定のアトラクションが複数出展されており、全て実際に体験することが出来ました。

■RAPTOR HUNTER

恐竜を撃つレールシューティングゲーム。緑溢れる広大な敷地内を車で駆け抜け、プレイヤーは車に設置されているタレットで迫り来る恐竜たちをなぎ払って行きます。車の移動やタレットの向きなどはオートで、アーケード向けのガンシューティングをVRで体験しているような感覚でした。

■GOLD RUSH

最大6人乗りのジェットコースター。VRを用いたジェットコースターアトラクションは既にありますが、本作では一番前のプレイヤーがコースターを操縦します。操作はレバー1本で行い、上下で加速と減速、左右でルートの変更を行います。

■WATER BIKE

ジェットスキーのレースゲーム。操作性は非常によく、何より波の衝撃を確りと再現していることに驚き。もちろん波のグラフィックと筐体は連動しており、ランダムに衝撃が繰るのではなく、ゲーム内の機体が波に乗ることでフィードバックが帰ってくるようになっていました。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

「バーチャルアイランド(Virtual Island)」は韓国で2017上半期中の披露を予定しています。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  2. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

    ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  3. 【GDC2012】一番難しいステージは最終面の一つ前・・・ロープを斬るシンプルアクション『Cut the Rope』作者が語るデザイン

    【GDC2012】一番難しいステージは最終面の一つ前・・・ロープを斬るシンプルアクション『Cut the Rope』作者が語るデザイン

  4. 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

  5. 米大手ゲーム小売店、上位4メーカーで売上の65パーセント

  6. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  7. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  8. ロシアのゲーム市場はPCゲーム優位の700億円規模

  9. 迫力のドット絵でサイバーパンクを表現した『The Last Night』がクール!家庭用版も開発中

  10. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

アクセスランキングをもっと見る