人生にゲームをプラスするメディア

【TGS2016】『GOD WARS』坂本冬美さんがロック魂に目覚める!? 驚きのステージイベント&安田善巳インタビューをお届け

「古事記」と「御伽噺」を融合させた世界を舞台に、英雄達の群像劇と戦略性の高いタクティカルRPGを盛り込むS4/PS Vitaソフト『GOD WARS ~時をこえて~』の発売日が、先日行われたステージイベントにて大々的に発表されました。

ソニー PS4
【TGS2016】『GOD WARS』坂本冬美さんがロック魂に目覚める!? 驚きのステージイベント&安田善巳インタビューをお届け
  • 【TGS2016】『GOD WARS』坂本冬美さんがロック魂に目覚める!? 驚きのステージイベント&安田善巳インタビューをお届け
  • 【TGS2016】『GOD WARS』坂本冬美さんがロック魂に目覚める!? 驚きのステージイベント&安田善巳インタビューをお届け
  • 【TGS2016】『GOD WARS』坂本冬美さんがロック魂に目覚める!? 驚きのステージイベント&安田善巳インタビューをお届け
  • 【TGS2016】『GOD WARS』坂本冬美さんがロック魂に目覚める!? 驚きのステージイベント&安田善巳インタビューをお届け
  • 【TGS2016】『GOD WARS』坂本冬美さんがロック魂に目覚める!? 驚きのステージイベント&安田善巳インタビューをお届け
  • 【TGS2016】『GOD WARS』坂本冬美さんがロック魂に目覚める!? 驚きのステージイベント&安田善巳インタビューをお届け
  • 【TGS2016】『GOD WARS』坂本冬美さんがロック魂に目覚める!? 驚きのステージイベント&安田善巳インタビューをお届け
  • 【TGS2016】『GOD WARS』坂本冬美さんがロック魂に目覚める!? 驚きのステージイベント&安田善巳インタビューをお届け

「古事記」と「お伽話」を融合させた世界を舞台に、英雄達の群像劇と戦略性の高いタクティカルRPGの魅力がつまったPS4/PS Vitaソフト『GOD WARS ~時をこえて~』の発売日が、先日行われたステージイベントにて大々的に発表されました。

待望の発売日は、2017年2月23日に決定。この発表が行われたステージイベントは、東京ゲームショウにて9月18日に実施され、この他にも主題歌に関するこぼれ話や、体験版を通して行われた「頂上決戦ランキング」の結果などもお披露目し、来場者と共に大きな盛り上がりを見せました。

当日このイベントを目撃出来なかった方のために、当日の模様をこちらでレポートさせていただきます。また、本作にてディレクター・シナリオ・原作を担当した安田善巳氏に直撃し、『GOD WARS』開発秘話や、本作の展開に関するミニインタビューを実施したので、そちらも合わせて紹介いたします。

◆坂本冬美さんがロック魂に目覚める!? 開発サイドの予想を上回るランキング結果もお披露目



今年開催された東京ゲームショウにて、『GOD WARS』のステージイベントが連日行われており、毎回大きな注目を集めていましたが、その有終の美を飾る最終日のイベントを9月18日に実施。公式コスプレイヤーのみゃこさん、ウサコさん、ユリコ・タイガーさんがそれぞれ登場キャラクターに扮したほか、声優の佳村はるかさんや安田氏が登壇しました。


更にスペシャルゲストとして、本作の主題歌「時をこえて」を歌う演歌歌手・坂本冬美さんもステージに。「ド演歌でデビューした」と自身の経歴を交え、ゲームの主題歌を担当するのは未知の世界だったと語りながらも、非常に楽しみだったとも告白。用意された主題歌「時をこえて」の出来映えにテンションが上がった坂本さんは、「ロック魂に目覚めました」と、ロックテイストで収録に挑んだとのこと。しかし「普通に歌ってくださいと言われまして(笑)」と、リテイクを受けたエピソードをにこやかに語り、会場の笑いを誘います。


主題歌に関する秘話をこぼした後は、体験版を通して行われたプレイヤー頂上決戦「GOD WARS タクティクスRPG TGS2016杯」の結果を発表。一般プレイヤーのみならず、メディアや販売店、そしてコスプレイヤーのみゃこさんも参加したこの頂上決戦を制したのは、「ホクタP」さん。852という見事な評価点を叩き出し、2位と50点もの大差を付けて見事栄冠を手にしました。ちなみに2位と3位は200点もの開きがあるので、そこから更に50点を積み上げる苦労は推して知るべし。

この頂上決戦を開催するにあたって、「500点を超えればハイスコアと考えていた」と安田さんが告白。実際の結果を見ても、7位までは500点以下なので、その目安はある程度読み通りと言えるでしょう。しかし800点を超える評価点は「想像を超えた」と、予想を大きく上回る結果に驚きが隠せない模様でした。

同じくランキングに挑戦したみゃこさんも、挑んだからこそ分かる800点台の凄さに感嘆するばかり。また坂本さんも、この熱い戦いを目にし、「私も挑戦してみたく思いました。まずは20点を目指します」と、チャレンジ精神を顕わとしました。なおみゃこさんの結果は508点で、6位にランクイン。ハイスコアと呼べる立派な評価点でした。


発売日の発表という大役も終えた坂本さんは、惜しまれながらもここで退場。入れ替わりに登壇したのは、本作でモンスターデザインを手がける竹安佐和記氏でした。巨大なイラストを24時間ライブペイントマラソンという形で制作していた竹安氏は、見る者を圧倒するヤマタノオロチの壁画を完成。ステージ上の大型にも写し出されました。


ヤマタノオロチのみならず、カグヤなどの登場人物も含む巨大イラストを描き上げた竹安氏は、「間に合ってよかった」「ゴマかしの技はいくつも持っているので」と苦笑しつつも、今回のような企画がまた来たら「いつでもやります」と即答。なお竹安氏は「1/4サイズほどのイラストは週一くらいで描いている」とのこと。そういった積み重ねの成果が、今回の企画も含めたクリエイティブさを支える土台になっているのでしょう。

こうした華々しさに満ちたステージイベントが、安田氏による締めくくりの挨拶で幕を下ろします。名残惜しいばかりですが、『GOD WARS』の主軸はやはりゲーム本編。いよいよ本質が見え始めてきた本作の魅力や、これから佳境に向かう開発がどのような体制で進むのか。気になるあれこれを、ステージが終わったばかりの安田氏に伺いました。

《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 純金とダイヤモンドで装飾されたPS4コントローラー登場―恐ろしくてレバガチャできない…【UPDATE】

    純金とダイヤモンドで装飾されたPS4コントローラー登場―恐ろしくてレバガチャできない…【UPDATE】

  2. 『バトルフィールドV』シングルプレイヤーのトレイラーが公開!

    『バトルフィールドV』シングルプレイヤーのトレイラーが公開!

  3. 『CoD:BO4』データサイズは「約55GB」、Day1アップデートは「約50GB」に―機種別プリロード開始時間も

    『CoD:BO4』データサイズは「約55GB」、Day1アップデートは「約50GB」に―機種別プリロード開始時間も

  4. あなたは知ってる?『フォートナイト』「今は亡き思い出のあの要素」を振り返るー保管庫を漁って思いを馳せる【特集】

  5. 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』10月18日発売決定!4KとHDに対応したリマスター版

  6. 特定メッセージでPS4が動作不能になるグリッチ報告―設定変更で未然に防ぐよう注意喚起

  7. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  8. 【CEDEC 2016】カプコンに代々伝わる「あやしい美術解剖図」とは…『ストV』アートスタイルが決まるまで

  9. 『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド』までに“やるべき事”まとめ(ストーリー編)

  10. 大阪にフロムファンが集う!「FROMSOFTWARE GAMES EVENT Autumn 2018 in OSAKA」フォトレポ

アクセスランキングをもっと見る