人生にゲームをプラスするメディア

『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』ゴシックな“失敗型”人形兵が登場! 戦闘や合成に関する新要素も明らかに

日本一ソフトウェアは、PS Vitaソフト『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』に登場する新たな人形兵やゲームシステムなどを公開しました。

ソニー PSV
『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』ゴシックな“失敗型”人形兵が登場! 戦闘や合成に関する新要素も明らかに
  • 『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』ゴシックな“失敗型”人形兵が登場! 戦闘や合成に関する新要素も明らかに
  • 『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』ゴシックな“失敗型”人形兵が登場! 戦闘や合成に関する新要素も明らかに
  • 『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』ゴシックな“失敗型”人形兵が登場! 戦闘や合成に関する新要素も明らかに
  • 『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』ゴシックな“失敗型”人形兵が登場! 戦闘や合成に関する新要素も明らかに
  • 『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』ゴシックな“失敗型”人形兵が登場! 戦闘や合成に関する新要素も明らかに
  • 『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』ゴシックな“失敗型”人形兵が登場! 戦闘や合成に関する新要素も明らかに
  • 『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』ゴシックな“失敗型”人形兵が登場! 戦闘や合成に関する新要素も明らかに
  • 『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』ゴシックな“失敗型”人形兵が登場! 戦闘や合成に関する新要素も明らかに

日本一ソフトウェアは、PS Vitaソフト『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』に登場する新たな人形兵やゲームシステムなどを公開しました。

プレイヤーは魔女“ドロニア”が所有する“1冊の本”となり、人でも動物でもない、魔女が作り出した“人形兵”たちを引き連れ、伝説の地下迷宮へと臨む探索型ダンジョンRPG『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』。最大40人のキャラクターが戦闘に関与する、大規模な集団戦を繰り広げます。

今回は、新たな人形兵をはじめ、人形兵の武器・防具を作り出す「錬金釜」や、マナを消費することで魔女ドロニアに“特別な願い”を叶えてもらう「魔女嘆願」などの情報が到着しました。いずれも、攻略を力強くサポートしてくれる要素なので、どうぞお見逃しなく。

◆ルフランの地下迷宮の“奥底”で待ち受けるもの



魔女ドロニアと弟子のルカ、そしてプレイヤーの分身たる書籍“妖路歴程”に、数多の人形兵達。奇妙な魔女の一行が挑むのは、前人未到・人跡未踏と謳われる伝説の地下迷宮。瘴気に満ち溢れた地下迷宮は、ただの地下迷宮であるはずもなく、その内部は幾つもの“区域”に分かれ、区域ごとに、あたかも“別世界”のような空間が広がっています。


時に“人ならざる住人”と遭遇し、時に“独自の文化”で彩られた奇抜な空間に迷い出ることも・・・・・・ルフランの地下迷宮に眠る秘宝――あるいはその“正体”はいったい何なのか? 摩訶不思議な迷宮の攻略の果て、秘められた物語の“謎”を、是非解き明かしてください。

◆人形兵


■ゴシックコッペリア

魂の定着が悪く、人間よりも魔法生物に近くなってしまった失敗型人形兵。性別はない。恐れを知らず、他の人形兵とは一線を画す怪力を誇る。“鈍槌(どんつい)”と呼ばれる武器を操り、“一撃”に全てをかける攻撃を得意とする。

■デモンリーパー

高度な技術を要する“星嵐鎌(せいらんがま)”を自在に操る能力を持たせようとした結果、幼い女性の素体にしか魂が宿らなかった特異なファセット。防御力が非常に低いため、
実践で活躍させるには高度な運用が必要になる実験型人形兵。

■人形兵と2つの特殊なファセット
地下迷宮を攻略するため、魔女が作り出す数多の“人形兵”。プレイヤーの手足となって戦う人形兵達には、様々な職種――“ファセット”が存在し、各々特殊な技能を有しています。


中でも“ゴシックコッペリア”と“デモンリーパー”と呼ばれるファセットは、魔女が実験的に生み出した“実験型”・“失敗型”とも言えるファセットで、一部性能に欠陥を有するものの、その反面驚異的な性能を秘めています。この2つのファセットはゲーム初期からは使用は出来ず、物語の進行と共に特定の条件をクリアすることで使用ができるようになります。

■人形兵の制作について
●人形兵の制作と素材

人形兵の制作には、素体となる“人形”と、動力の核となる“何者かの魂”が必要になります。制作に使用する“魂”の“質”が高ければ高い程、人形兵は強い力を持って生み出され、以降の成長幅も大きくなります。“魂”は迷宮内で入手する“強い思念の宿った特定のアイテム”を“分解”することによって、手に入れることができます。

●魂移し

人形兵は制作後に“魂移し”を行うことで、別のファセットを持つ新たな人形の身体に“魂”を移すことができます。移し後はレベルが1に戻ってしまいますが、一部のスキルを引き継いで、より強い人形兵として成長していくことができます。ファセットを変更したい時や、キャラクターの更なる強化を行いたい時には、この魂移しがオススメです。

◆人形兵の編成――“カヴン”



プレイヤーは“カヴン”と呼ばれる人形兵の集団を、最大5つ引き連れて迷宮に潜ることができます。1つのカヴンは最大8人の人形兵で編成することができ、戦闘においてはカヴンを1ユニット(5カヴン=5ユニット)として扱い、集団単位で攻撃や防御を実行します。

【カヴンの編成に関わる様々な要素】
■魔女の“結魂書”

カヴンの編成には“結魂書”と呼ばれるアイテムが必要になります。結魂書にはカヴンに所属できる人形兵の数や配置場所、配置の効果・条件などが記されており、どの結魂書を用いるかは編成において非常に重要になってきます。


例えば「銃騎士の結魂書」と呼ばれる結魂書はアタッカーに2人、サポーターに1人の人形兵を配置することができますが、配置条件として「アステルナイト」や「マッドラプター」といった特定のファセットを指定してきます。上手く配置条件をクリアすれば、「攻撃力」「命中力」「回避力」をUPさせる配置効果を得られ、戦闘では非常に優秀な後衛アタッカーとして活躍することができるようになります。

結魂書はこの他にも様々な種類が存在し、物語の進行や迷宮の探索によって、新たな結婚書を入手していくことができます。

■“前衛”と“後衛”、武器の“射程”

5つのカヴンは戦闘時に“前衛”と“後衛”に分かれて戦います。前衛は敵に狙われやすく、後衛は敵から狙われにくいという特性があります。これを利用することで、前衛カヴンを防御主体、後衛カヴンを攻撃・回復主体、といったような戦略を練ることが可能になります。


また、人形兵の持つ武器にはそれぞれ「射程」が設定されています。得意とする射程で戦うことで、その武器の性能が最大限引き出されるので、射程を意識したカヴンの編成や、前衛・後衛の配置も重要になってきます。

■習得ドナム

戦闘中、カヴンは“ドナム”と呼ばれる特殊技を発動することができます。ドナムはカヴン単位で使用でき、範囲攻撃や回復術、行動を補助するなど様々な技が存在します。


ドナムはカヴンの結魂書ごとで習得するものに違いがあり、所属する人形兵(ファセット)によって威力や効果が変動することもあります。カヴンを編成するときは、使用できるドナムや人形兵との相性を考慮することも大切です。

《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 初代PS20タイトルを同梱した「プレイステーション クラシック」12月3日発売!

    初代PS20タイトルを同梱した「プレイステーション クラシック」12月3日発売!

  2. 「プレイステーション クラシック」12月3日発売決定!どのタイトルが入っていてほしい?【読者アンケート】

    「プレイステーション クラシック」12月3日発売決定!どのタイトルが入っていてほしい?【読者アンケート】

  3. 『プレイステーション クラシック』のPS Plus加入者限定抽選先行予約が本日開始!

    『プレイステーション クラシック』のPS Plus加入者限定抽選先行予約が本日開始!

  4. あの“過激姉妹”の原点が蘇る! PS4『お姉チャンバラ ORIGIN』2019年発売

  5. 『デビル メイ クライ 5』日本語ボイス版トレイラー!ダンテのアクションにシビれる【TGS2018】

  6. 国内外の期待作が集結! PlayStationタイトルのTGS映像が一挙公開【TGS2018】

  7. 『レッド・デッド・リデンプション2』のオンラインモード『Red Dead Online』が発表!

  8. 『Dreams Universe』ゲーム情報を公開!『リトルビッグプラネット』の流れを汲んだ自由度の高さが最大の魅力

  9. 『JUDGE EYES:死神の遺言』先行体験版の感想を一挙公開―探偵らしい新要素「調査アクション」が面白い!【読者アンケート】

  10. 『JUDGE EYES:死神の遺言』オープニングムービーが公開!「TGS 2018」への出展情報も

アクセスランキングをもっと見る