人生にゲームをプラスするメディア

【特集】「有名人が登場する異色ゲーム」10選…あのお騒がせ政治家も

有名人が登場・監修するタレントゲームは、1980年代のファミコンブームを皮切りに、2000年頃まで栄えていた一大ジャンルです。今回は、強烈なインパクトを放つタレントゲームの数々を紹介します!

その他 全般
【特集】「有名人が登場する異色ゲーム」10選…あのお騒がせ政治家も
  • 【特集】「有名人が登場する異色ゲーム」10選…あのお騒がせ政治家も
  • 【特集】「有名人が登場する異色ゲーム」10選…あのお騒がせ政治家も
  • 【特集】「有名人が登場する異色ゲーム」10選…あのお騒がせ政治家も
  • 【特集】「有名人が登場する異色ゲーム」10選…あのお騒がせ政治家も
  • 【特集】「有名人が登場する異色ゲーム」10選…あのお騒がせ政治家も
  • 【特集】「有名人が登場する異色ゲーム」10選…あのお騒がせ政治家も
  • 【特集】「有名人が登場する異色ゲーム」10選…あのお騒がせ政治家も
  • 【特集】「有名人が登場する異色ゲーム」10選…あのお騒がせ政治家も
皆さんは、有名人が登場するテレビゲームをプレイした事がありますか?お笑い芸人やアイドル、スポーツ選手などの有名人が登場・監修するタレントゲームは、1980年代のファミコンブームを皮切りに、2000年頃まで栄えていた一大ジャンルです。最近では、滅多に見られなくなりましたが、とある都知事の政治資金を巡る問題によって、彼のファミコンゲームが注目され、黒歴史と化したタレントゲームに、再びスポットライトが当たるようになりました。今回は、そんなタレントゲームの中でも、強烈なインパクトを放つ作品の数々を紹介します!

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

◆ 目次
1P:『舛添要一 朝までファミコン』
2P:『芹沢信雄のバーディトライ』
3P:『大仁田厚 FMW』
4P:『蛭子能収の大穴競艇』
5P:『田代まさしのプリンセスがいっぱい』
6P:『カケフくんのジャンプ天国 スピード地獄』
7P:『鏡の国のレジェンド』
8P:『松村邦洋伝 最強の歴史をぬりかえろ!!』
9P:『聖飢魔II 悪魔の逆襲!』
10P:『ラサール石井のチャイルズクエスト』


■『舛添要一 朝までファミコン』
発売日:1992年4月17日 発売・開発元: ココナッツジャパンエンターテイメント
対応機種:FC ジャンル:アドベンチャー


―今、最も注目されているタレントゲーム
本作は、テレビ朝日系列の政治討論番組「朝まで生テレビ!」で、国際政治学者として活躍していた若き舛添要一氏が登場するアドベンチャーゲームです。そのゲーム内容は、大企業ココナッツ商事の課長である主人公「藤沢和人」が、会社の一大事業を成功させるべく、ライバルの妨害をかわしながら、「ほめる」「さそう」「すすめる」といったビジネストークを展開していくというもの。もっと簡潔に言うと、ゲーム版『課長島耕作』です。

本作最大の特徴は、今、政治資金の私的流用事件で世間を騒がせている東京都知事の舛添要一氏がプレイヤーに向けて「突発的なことが生じた場合 臨機応変に対応できるように心掛ける」などのアドバイスを贈っている点です。それがことごとく「お前が言うな」発言で、思わず突っ込みたくなります。政治家の不祥事で注目されるゲームは、後にも先にも本作だけにしてほしいですね。

《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『モンハン』15年に渡って描かれた珠玉のCGを厳選!「モンスターハンター ヴィジュアルアートワークス」発売─制作秘話やスタッフコメントも掲載

    『モンハン』15年に渡って描かれた珠玉のCGを厳選!「モンスターハンター ヴィジュアルアートワークス」発売─制作秘話やスタッフコメントも掲載

  2. 「今、高知が熱い!」地方×ゲームコラボの成果からゲーム業界高知移住者ぶっちゃけトークをレポート

    「今、高知が熱い!」地方×ゲームコラボの成果からゲーム業界高知移住者ぶっちゃけトークをレポート

  3. 『キングダム ハーツ III』ソラの「モバイルポータル」が手帳型スマホケースになって登場!ゲームと同じく画面が見える窓付き仕様に

  4. NTT東日本「NTTe-Sports」を設立―記者会見の模様を配信

  5. ゲーム1日60分、中学生以下のスマホ利用は午後9時まで―保護者に努力義務課す条例素案がまとまる

  6. 『ぷよクエ』「ぷよクエカフェ2019」東京会場、本日6日にオープン─オリジナルグッズ&ゲーム内クエストの詳細を発表!

アクセスランキングをもっと見る