人生にゲームをプラスするメディア

海外ゲーマーが『いけにえと雪のセツナ』に期待する“JRPGとの再会”とは

今回の「海外ゲーマーの声」では、“とりもどそう、ぼくたちのRPG。(The good old days are coming back)”というキャッチコピーを提げた『いけにえと雪のセツナ』に対するJRPGファン達の声をご紹介します。

ソニー PS4
海外ゲーマーが『いけにえと雪のセツナ』に期待する“JRPGとの再会”とは
  • 海外ゲーマーが『いけにえと雪のセツナ』に期待する“JRPGとの再会”とは
  • 海外ゲーマーが『いけにえと雪のセツナ』に期待する“JRPGとの再会”とは
  • 海外ゲーマーが『いけにえと雪のセツナ』に期待する“JRPGとの再会”とは
  • 海外ゲーマーが『いけにえと雪のセツナ』に期待する“JRPGとの再会”とは
E3 2015年でスクウェア・エニックスから「Project SETSUNA」の第1弾タイトルとして発表された『いけにえと雪のセツナ』。“とりもどそう、ぼくたちのRPG。(The good old days are coming back)”というキャッチコピーを提げるこのプロジェクトは、海外ゲームフォーラムのユーザー達からも注目の的となっているご様子。今回の「海外ゲーマーの声」では、そんな本作に思いを馳せる海外在住のJRPGファン達の声をご紹介します。



海外でもひとつのジャンルとして認められているJRPGの“復活”を志す『いけにえと雪のセツナ』ですが、海外では『I Am Setsuna』として2016年Q2よりリリース予定。昨年夏の発表当初から海外JRPGファンから「思い出に残る古き好きJRPGのご帰還を待ってたんだ、彼らにはぜひ蘇らせて欲しい」「スクウェア・エニックスがJRPGを復活させるなんて思ってもみなかった」と、驚きと期待の声が多数寄せられていました。



中には、「“あの頃のRPGを取り戻す”なんてまるで安倍晋三のスローガンみたい。だけど新規IPとしてJRPGと再び相まみえることが出来るなんて楽しみだ」「コンピュータRPGはたくさん遊んできたけれど、SNES/初代PS時代の日本産RPGを意識した作品には惹かれなかった。とは言え『いけにえと雪のセツナ』には期待できそうだ」といったコメントも。



しかしながら、海外PS Vita版のリリースに関しては2016年3月の時点で「検討中」とされており、「なんとかしてVitaでリリースして欲しい」「PS4よりもVitaで遊びたい」と、ハンドヘルド機での発売を求める声が集まっていました。


また、本作のキャラクターデザインには一部で賛否両論もあり、“短過ぎるスカート”や“おへそが見える衣装”、その上で“雪原”が舞台であることにツッコミを入れる海外ゲーマーも見られていました。「古のドラゴンやら何やらと同じくらい、JRPGではよくある表現」とまで揶揄されてはいたものの、総合的にはJRPG復活には大きな期待が持たれており、SCEAのサードパーティープロダクション部門ディレクターGio Corsi氏のTwitterに「PS Vita移植」に向けた強いリクエストも数多く集められている様子。『クロノ・トリガー』や『ファイナルファンタジー』シリーズは国内のみならず海外での人気も強く、そのJRPGらしいテイストが期待される『I Am Setsuna』に対する海外からの評価は、リリース後も注目すべきトピックとなるかもしれません。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【1月28日】─2件の抽選販売締切が迫る、2月には新たな受付先も

    今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【1月28日】─2件の抽選販売締切が迫る、2月には新たな受付先も

  2. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【1月27日】─29日〆切の抽選受付が2件展開中

    今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【1月27日】─29日〆切の抽選受付が2件展開中

  3. 「甘雨」が欲しくて『原神』を始めたのに、明るく健気な「アンバー」に惚れてしまった男の話

    「甘雨」が欲しくて『原神』を始めたのに、明るく健気な「アンバー」に惚れてしまった男の話

  4. 『バイオハザード ヴィレッジ』イーサンってシリーズで最も可哀想な主人公じゃないか?―レオンやクリスにはない“巻き込まれ感”

  5. 「PS Plus」2021年2月度フリープレイは『ブラッドステインド』などに加えPS5『CONTROL』『Destruction AllStars』も!

  6. 『原神』その原石、今使って本当に大丈夫? 「甘雨」や「魈」「神里綾華」など、今後の実装に期待の高まる7キャラを紹介【特集】

  7. 『魔界戦記ディスガイア6』体験版なのに「レベル9999」!?“史上最凶のやり込み”を快適に堪能するための、キャラ育成6つのポイント

  8. 【UPDATE】【特集】メトロイドヴァニアってどんなゲーム?虫やロボットが活躍する最新作から、押さえておきたい往年の名作までおすすめ5選

  9. 『原神』魈のキャラエピから見える“夜叉たち”の悲劇―世界任務「夜叉の願い」が理解できて面白い!

  10. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

アクセスランキングをもっと見る