人生にゲームをプラスするメディア

【KHUX攻略】『キングダムハーツ アンチェインド キー』でメダルをアビリティやスキルで強くする(第4回)

シリーズ初のスマホアプリ『キングダムハーツアンチェインド キー』。攻略連載4回目となる今回は、アビリティやスキルの強化方法などメダルをさらに強くする方法を紹介します。

モバイル・スマートフォン iPhone
アビリティ
  • アビリティ
  • 「DECK INFO」でアビリティを確認
  • バトル中はメダルの長押しでも確認できます
  • 同じ絵柄のメダルを合成してアビリティを強化
  • アビリティを強化した状態
  • ○の数だけ強化可能
  • スキル付きメダル
  • 素材枠の左端にスキル持ちのメダルをセット
シリーズ初のスマホアプリ『キングダムハーツアンチェインド キー』。攻略連載4回目となる今回は、アビリティやスキルの強化方法などメダルをさらに強くする方法を紹介します。

メダルはバトル中、敵との戦いを有利にするアビリティを発動することができます。デッキやメダルの育成次第では、バトルで敵を早く倒すことができ、好成績でクリアーすることも! そこで、メダルのアビリティ強化、スキルの入手方法、パラメータ強化などを解説していきます。

◆アビリティ


メダルには、「敵を連続で攻撃」「HPを回復」などのようなバトルで使える「アビリティ」が付いています。アビリティは、メダルをタップすることで確認できます。

アビリティ

クエスト中は、画面左下の「DECK INFO」をタップすることで各メダルのアビリティ見ることができます。バトル中は、メダルの長押しでアビリティを確認することも可能です。

「DECK INFO」でアビリティを確認

バトル中はメダルの長押しでも確認できます

★3以上のメダルは、アビリティを強化して強くしていくことができます。強化方法は、同じ絵柄のメダルを素材にして合成するだけ。経験値取得の他に、アビリティ効果がアップして攻撃倍率が上がります。ポイントは、メダルのレアリティも揃えること。同じ種類のメダルでも、レアリティが違うとアビリティ効果をアップさせることができません。

同じ絵柄のメダルを合成してアビリティを強化

アビリティを強化したメダルは、アビリティ名の下にある○が●になります。アビリティは○の数だけ強化可能で、レアリティが高いメダルほどアビリティを強化できる回数が多くなります。

アビリティを強化した状態

○の数だけ強化可能

アビリティは進化させた後もレベルを引き継ぐため、レアリティが低いうちに強化することがポイントです。★6に進化させてからアビリティを強化しようとすると、アビリティ強化に使うメダルも★6まで進化させなければいけません。

アビリティレベルは、素材のメダル分もプラスされます。素材にするメダルのアビリティを強化しておくことで、進化させるメダルの枚数を減らすことができます。

◆スキル


メダルの中には、攻撃力アップやLUX獲得量アップなどの「スキル」が付いているものがあります。スキルを持つメダルをセットして戦うと、バトル中に一定確率でスキルが発動! スキルは、ガチャで入手できるメダルに付いていることがあります。

スキル付きメダル

スキルは、上書きで引き継ぎすることもできます。上書きは、合成時に素材枠の左端にスキル持ちのメダルをセットして合成するだけです。「スキル上書きボタン」がONになっていないと、上書きされないので注意しましょう。

素材枠の左端にスキル持ちのメダルをセット

ただし、上書きには確率があります。上書きが成功する確率は、素材にするメダルの「スキルレベル」によって異なり、スキルレベルが高いほど成功しやすくなります。成功率は、「スキル上書きボタン」の右に表示されています。

スキルレベルは、スキルを持つメダルをセットして敵を一定数倒すごとにアップします。スキルレベルが上がると、スキルの発動確率が上がりますよっ。

◆パラメータとコスト


メダルのパラメータは、「チップ」と「デール」メダルを合成に使うことで上げることができます。チップは攻撃力、デールは防御力をアップします。

デール

キーブレードのコストは、アバターボードを開放することで上限を上げることができます。しかし、★6メダルはコストが高く、アバターボードの開放だけではコストが足りない! なんてことも。そんなときに役立つものは、「シド」メダルです。「シド」は、合成に使うことで★6メダルのコストを下げることができます。

シド

チップ、デール、シドは、土曜・日曜の曜日クエストで入手することができますよっ。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


『キングダムハーツ アンチェインド キー』は、好評配信中で基本プレイ無料のアイテム課金制です。



(C) Disney Developed by SQUARE ENIX

■筆者 さかまきうさろーる
ファミコンのA/Bボタンが四角だった頃からのゲーム好き。現在はAndroidとアニメにご執心。のんびりライターとして活動しながら、ゲームをプレイ中。アニメを追いかけつつ、ときどきすれ違いを求めて、3DS片手に福岡を徘徊しています。
Twitter:@sakaroll
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ウマ娘』育成は“スピード”ばかりでなく“賢さ”トレーニングを積め!さすれば「メガネっ子」が現れん

    『ウマ娘』育成は“スピード”ばかりでなく“賢さ”トレーニングを積め!さすれば「メガネっ子」が現れん

  2. 『ウマ娘』フリーダムMC・ゴルシの奮闘記録もとい情報番組「ぱかチューブッ!」がチャンネル登録者数10万人突破―その名場面を振り返る

    『ウマ娘』フリーダムMC・ゴルシの奮闘記録もとい情報番組「ぱかチューブッ!」がチャンネル登録者数10万人突破―その名場面を振り返る

  3. 人気格ゲーと乙女ゲーが融合した『THE KING OF FIGHTERS for GIRLS』急遽、3月末でのサービス終了を発表

    人気格ゲーと乙女ゲーが融合した『THE KING OF FIGHTERS for GIRLS』急遽、3月末でのサービス終了を発表

  4. 『ウマ娘』なぜ人は「ハルウララ」に惹かれるのか―ゲームでようやく果たされる114戦目の「うららん一等賞」

  5. 『ウマ娘』田中将大選手が「サイレンススズカ」「ダイワスカーレット」を育成報告―その難しさに「今の限界っす…」

  6. カントーツアーの炎上を、このゲームが大好きだからこそ真剣に考えるー“イベントに参加したから手に入る”が大事だったのではないか【ポケモンGO 秋田局】

  7. 『ブルアカ』公式のリプ欄を埋め尽くす“顔芸少女”の正体とは?「アル社長」の隠れた努力といじらしさが、おっさんゲーマーの胸を打つのだ

  8. 次世代リアルカードバトル 『魔法図書館キュラレ』プレイレポ!骨太なストーリーと軽快なゲームテンポが魅力

  9. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  10. 『ウマ娘 プリティーダービー』サービス開始5日で100万DL突破!全ユーザーに「SSR確定メイクデビューチケット」プレゼント

アクセスランキングをもっと見る