人生にゲームをプラスするメディア

Wii Uバーチャルコンソール1月6日配信タイトル ― 『マリオカート64』『スーパーマリオ64DS』『ファイナルファンタジーI・II アドバンス』

任天堂は、2016年1月6日よりWii Uバーチャルコンソールで配信するタイトルラインナップを公開しました。

任天堂 Wii U
マリオカート64
  • マリオカート64
  • スーパーマリオ64DS
  • ファイナルファンタジーI・II アドバンス
任天堂は、2016年1月6日よりWii Uバーチャルコンソールで配信するタイトルラインナップを公開しました。

1月6日よりニンテンドーeショップにて配信開始となるWii Uバーチャルコンソールタイトルは、ニンテンドウ64ソフト『マリオカート64』、ニンテンドーDSソフト『スーパーマリオ64DS』ゲームボーイアドバンスソフト『ファイナルファンタジーI・II アドバンス』の3作品です。


◆マリオカート64



・配信予定日:2016年1月6日
・価格:1,028円(税込)
・オリジナル版ハード:ニンテンドウ64
・オリジナル版発売日:1996年12月14日
・発売元:任天堂
・ジャンル:アクションレース

『マリオカート64』は、1996年に任天堂よりニンテンドウ64ソフトとして発売されたアクションレースゲームで、『マリオカート』シリーズの第2作です。シリーズで初めてポリゴンによるグラフィック表現を導入し、現在まで続くシリーズに大きな影響を与えたタイトルです。一部人気コースは、最新作のWii Uソフト『マリオカート8』にもアレンジ収録されています。

“マリオ”をはじめ、特徴の異なる「軽量級」「中量級」「重量級」に分類された8キャラクターが登場。ゲームモードは、コースを勝ち抜き優勝を目指す「マリオGP」、2~4人で対戦プレイを楽しむ「VS」、最速を目指す「タイムアタック」に加え、2~4人で互いの風船を割り合う「バトル」を収録しています。通常コース16種類、バトル専用コース4種類、計20種類のコースを攻略しましょう。

(C)1996 Nintendo


◆スーパーマリオ64DS



・配信予定日:2016年1月6日
・価格:950円(税込)
・オリジナル版ハード:ニンテンドーDS
・オリジナル版発売日:2004年12月2日
・発売元:任天堂
・ジャンル:3Dアクション+タッチペンミニゲーム

『スーパーマリオ64DS』は、2004年に任天堂よりニンテンドーDSソフトとして発売された「3Dアクション+タッチペンミニゲーム」で、ニンテンドウ64ソフト『スーパーマリオ64』のリメイク・アレンジ作品です。ニンテンドーDSのローンチタイトルのひとつでもあります。“クッパ”によって「絵の世界」に連れ去られた“ピーチ姫”を助けるため、“マリオ”たちが冒険します。

本作では、オリジナル版の“マリオ”に加えて“ルイージ”“ヨッシー”“ワリオ”がプレイヤーキャラクターとして登場。ゲーム開始時のプレイヤーキャラクターは“ヨッシー”のみとなっており、オリジナル版を踏襲しつつも新しい物語が展開します。また、ストーリー本編を進めることで最大32種類の本作オリジナルのミニゲームが楽しめます。

(C)2004 Nintendo


◆ファイナルファンタジーI・II アドバンス



・配信予定日:2015年12月22日
・価格:702円(税込)
・オリジナル版ハード:ゲームボーイアドバンス
・オリジナル版発売日:2004年7月29日
・発売元:スクウェア・エニックス
・ジャンル:RPG

『ファイナルファンタジーI・II アドバンス』は、2004年にスクウェア・エニックスよりゲームボーイアドバンスソフトとして発売されたRPGで、『ファイナルファンタジー』および『ファイナルファンタジーII』のリメイク作品を収録したパッケージソフトです。『FF』シリーズの原点である『I』と、重厚なストーリーが展開する『II』をこの1本でプレイできます。

両タイトルともに、グラフィックやサウンドの刷新はもちろん、新規追加要素も収録。『I』では歴代『FF』シリーズのボスキャラクターたちが多数登場する追加ダンジョン「Soul of Chaos」が、『II』では登場キャラクターたちによる外伝的ストーリー「Soul of Re-birth」が楽しめます。

(C)1987,1988,2004 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『モンハンライズ:サンブレイク』体験版の初見「メル・ゼナ」討伐率は、僅か14.6%!“看板モンスター”の貫禄がハンパない結果に

    『モンハンライズ:サンブレイク』体験版の初見「メル・ゼナ」討伐率は、僅か14.6%!“看板モンスター”の貫禄がハンパない結果に

  2. 『モンハンライズ:サンブレイク』期待したい「シャガルマガラ」の登場!ゴア・マガラ参戦で高まる可能性

    『モンハンライズ:サンブレイク』期待したい「シャガルマガラ」の登場!ゴア・マガラ参戦で高まる可能性

  3. 『モンハンライズ』“斬裂ライト”こと「王牙弩【野雷】」を使いこなす!3分討伐も夢じゃない瞬間火力には、せっかちハンターもニッコリ【UPDATE】

    『モンハンライズ』“斬裂ライト”こと「王牙弩【野雷】」を使いこなす!3分討伐も夢じゃない瞬間火力には、せっかちハンターもニッコリ【UPDATE】

  4. 【読者アンケート】『モンスターハンターライズ:サンブレイク』でメインにしたい武器は?

  5. 『スプラトゥーン2』あなたにピッタリな性格別おすすめブキ紹介!サポート&防衛編

  6. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  7. 『ポケモンSV』“第3の伝説ポケモン”を巡る予想が白熱!?まさかの再登板説も…

  8. 『モンハンライズ』これでカムラの里マスター!?勲章「歩き疲れない下駄」入手への道&カムラの里人物名鑑

  9. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  10. 『FE無双 風花雪月』は無双ACTとSLGの“いいとこ取り”-「FE」要素の落とし込みも素晴らしく、新たな物語への期待も膨らむ

アクセスランキングをもっと見る