人生にゲームをプラスするメディア

『人喰いの大鷲トリコ』開発は順調も「情報公開には制限」― SCE吉田氏語る

海外メディアGameSpotによるSCEワールドワイドスタジオプレジデント吉田修平氏インタビューから、東京ゲームショウとParis Game Weekで新情報が披露されなかった『人喰いの大鷲トリコ』にまつわるコメントが伝えられています。

ソニー PS4
『人喰いの大鷲トリコ』開発は順調も「情報公開には制限」―SCE吉田氏語る
  • 『人喰いの大鷲トリコ』開発は順調も「情報公開には制限」―SCE吉田氏語る
  • 『人喰いの大鷲トリコ』開発は順調も「情報公開には制限」―SCE吉田氏語る
海外メディアGameSpotによるSCEワールドワイドスタジオプレジデント吉田修平氏インタビューから、東京ゲームショウとParis Game Weekで新情報が披露されなかった『人喰いの大鷲トリコ』にまつわるコメントが伝えられています。吉田氏曰く、同作品の開発は「順調に進行している」とのことです。

2015年6月の「PlayStation E3 EXPERIENCE」以来、大きな新情報が伝えられていない『人喰いの大鷲トリコ』ですが、E3で実機ゲームプレイ映像を披露した際にはリリースを待ち望むユーザーから凄まじい反響を得ていました。しかしながら、このデモはあくまでも「作品が存在していること」を証明するためのものだった様子。吉田氏は「発売まで何も見せたくない、という訳ではない」とコメントしながらも、シナリオに迫るようなディテールを明かす意向はなく、新情報の公開にある程度の制限を設けていると告白しています。

2015年度の東京ゲームショウでは実物大の“トリコ”と触れ合う特設スペースを披露していた本作。E3 2009での発表から早6年が経過していますが、その詳細はもうしばらくお預けとなりそうです。

『人喰いの大鷲トリコ』開発は順調も「情報公開には制限」―SCE吉田氏語る

《subimago》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『大神』本日4月20日で15周年─「アマテラス」と「イッスン」の名コンビが“筆しらべ”でナカツクニを救う! 水墨画のような美麗デザインも見惚れるばかり

    『大神』本日4月20日で15周年─「アマテラス」と「イッスン」の名コンビが“筆しらべ”でナカツクニを救う! 水墨画のような美麗デザインも見惚れるばかり

  2. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【4月20日】─「ドン・キホーテ」が新たな抽選受付を開始

    今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【4月20日】─「ドン・キホーテ」が新たな抽選受付を開始

  3. 『Apex Legends』新レジェンド「ヴァルキリー」は『タイタンフォール2』の強敵ボスの娘!その父「バイパー」の活躍をご紹介

    『Apex Legends』新レジェンド「ヴァルキリー」は『タイタンフォール2』の強敵ボスの娘!その父「バイパー」の活躍をご紹介

  4. HDリマスター『聖剣伝説 レジェンド オブ マナ』自分だけの世界地図を作り出していく「ランドメイクシステム」や奥深い戦闘システムの詳細が明らかに

  5. 『グラブル ヴァーサス』射撃が得意な「ユーステス」参戦!既存8キャラのバランス調整や不具合修正も実施

  6. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【4月19日】─新たな抽選販売が2件スタート、「ソフマップ渋谷マルイ店」ほか2店舗も受付を展開

  7. PS3/PS Vita向けのPlayStation Storeサービスの継続が決定―「判断を誤っていた」

  8. 『NieR Replicant ver.1.22474487139...』原作の海外版『NIER』演出を完全再現!もう1つの「アトラクトムービー」公開

  9. 『原神』日本がモチーフとされる新エリア「稲妻」のコンセプトアート初公開!『崩壊3rd』の「八重桜」に似たキャラも…

  10. 『Horizon Zero Dawn』『Paper Beast』など10作品が期間限定無料配信!SIEの「Play At Home」イニシアチブ第3弾が3月26日より開始

アクセスランキングをもっと見る