人生にゲームをプラスするメディア

ポケモンを“リアル”で捕まえろ!『Pokemon GO』詳細情報が解禁

株式会社ポケモン、Niantic, Inc.、任天堂はAndroid/iOS『Pokemon GO』の詳細情報を発表しました。

モバイル・スマートフォン Android
ポケモンを“リアル”で捕まえろ!『Pokemon GO』詳細情報が解禁
  • ポケモンを“リアル”で捕まえろ!『Pokemon GO』詳細情報が解禁
  • ポケモンを“リアル”で捕まえろ!『Pokemon GO』詳細情報が解禁
  • ポケモンを“リアル”で捕まえろ!『Pokemon GO』詳細情報が解禁
株式会社ポケモン、Niantic, Inc.、任天堂はAndroid/iOS『Pokemon GO』の詳細情報を発表しました。

『Pokemon GO』は、位置情報を活用して遊ぶ『ポケットモンスター』シリーズの最新タイトルです。現実世界で「ポケモン」の捕獲・交換・バトルを体験することができ、家の外に出てポケモンを探したり、他のプレイヤーとの出会いを通じて楽しむこともできるようになっています。


『ポケットモンスター』シリーズは、もともとポケモンの交換・バトルでプレイヤー同士の繋がりを楽しみ、ゲーム内で閉じないことを大事にしてきたゲームです。そのため、『Pokemon GO』はそのポケモンの世界をさらに広げ、リアルとバーチャルを行き来しながら楽しむことのできるゲームになるとのこと。

【関連記事】
『Pokemon Go』と連携して楽しめる新デバイス「Pokemon Go Plus」を間近でチェック
ポケモン新事業戦略発表会まとめ

■デバイス「Pokemon GO Plus」


「Pokemon GO Plus」は、スマートフォンの画面を見続けなくても『Pokemon GO』を遊ぶことのできるデバイスです。ブルートゥースを用いてスマートフォンと連携し、近くにポケモンがいるなどのゲーム情報をランプと振動で知らせます。また、ボタンを押すことで、ポケモンを捕まえるなどの基本操作を行うことも可能です。

なお「Pokemon GO Plus」には、クリップ型のものとベルト型のものが登場する予定となっています。

■初公開映像



■プロジェクトの体制

この新プロジェクトの開発を手がけるのは、Googleの社内スタートアップから始まったNiantic, Inc.(ナイアンティック)となります。また、ポケモンの世界観をしっかりと表現するために、ゲームフリークの増田順一氏も参画。そして、デバイス「Pokemon GO Plus」の開発・製造協力として、任天堂が参画しています。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『Pokemon GO』は2016年サービス開始予定で、基本プレイ無料(アイテム課金あり)です。

(C)2015 Pokemon. (C)1995-2015 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
(C)2015 Niantic, Inc.
《すしし》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 「ゲーミングスマホ」でモバイルゲームを快適にプレイ!ソニーやASUSのおすすめモデル5選

    「ゲーミングスマホ」でモバイルゲームを快適にプレイ!ソニーやASUSのおすすめモデル5選

  2. 『ウマ娘』ついに“トレーナ本人”がレースへ出走!強化人間による「ササバリィンクル・シリーズ」の存在が明らかに

    『ウマ娘』ついに“トレーナ本人”がレースへ出走!強化人間による「ササバリィンクル・シリーズ」の存在が明らかに

  3. 『ウマ娘』チヨノオー育成の「マルゼン」「シービー」が化け物すぎる!負けイベ濃厚な“とんでもステータス”とは

    『ウマ娘』チヨノオー育成の「マルゼン」「シービー」が化け物すぎる!負けイベ濃厚な“とんでもステータス”とは

  4. 『ウマ娘』ニュースランキング―「サクラ幕臣オー」って…?NHKによる“攻めた”パロディ”は一見の価値あり!

  5. 「エリキテル」ゲットで終わるのはもったいない!「はつでんしょイベント」の重要ポイントまとめ【ポケモンGO 秋田局】

  6. 『ウマ娘』ニュースランキング―“あんし~ん”な謎レースや「サクラチヨノオー」実装、元競馬関係者が感動した話まで話題満載

  7. 懐かしの記憶が蘇る! 「FF7」ほかスマホでプレイできる初代プレステ作品3選

  8. 『FGO』こんなところに隠れバルバトスが!事件簿コラボマップの小ネタ、あなたは知ってる?

  9. 『ウマ娘』新ガチャは「樫本理子」と「駿川たづな」入手のチャンス!十分使える“2凸性能”の魅力

  10. “攻めのNHK”、『ウマ娘』を大胆パロディ!幕末風になった「騎馬娘」や「サクラ幕臣オー」

アクセスランキングをもっと見る