人生にゲームをプラスするメディア

名作『信長の野望・天翔記』がPS Vita/PCで蘇る!システムそのままグラフィック刷新、PS Vita版はタッチ操作対応

ソニー PSV

戦略基本画面
  • 戦略基本画面
  • HD化でインターフェイスを最適化
  • 戦略教育画面
  • プレイヤーの好みで武将を育成
  • 野戦基本画面
  • 籠城戦基本画面
  • 名作『信長の野望・天翔記』がPS Vita/PCで蘇る!システムそのままグラフィック刷新、PS Vita版はタッチ操作対応
  • 新旧 ガラシャ
コーエーテクモゲームスは、PS Vita/Windows PCソフト『信長の野望・天翔記 with パワーアップキット HD Version』を発売すると発表しました。

『信長の野望・天翔記 with パワーアップキット HD Version』は、歴史シミュレーションゲーム『信長の野望』シリーズでも人気の高い『信長の野望・天翔記 with パワーアップキット』のHDバージョンです。HD画面に対応し、高画質なグラフィックを実現。情報画面やコマンドの配置などのインターフェイスもワイドモニタに最適化されています。



◆色褪せない『天翔記』の魅力!


■「軍団」単位の戦略

配下の武将を「軍団長」に任命し、領地(城)と人材(武将)を分け与えることで「軍団」が編成できます。軍団に分け与えた領地は、その軍団が委任統治。領地が拡大した時の分割統治や、あるいは“織田信長”を頂点に“柴田勝家”“羽柴秀吉”“明智光秀”をそれぞれ地方の軍団長として各地で功を競う様子の再現など、さまざまな楽しみ方を可能にします。

■戦術と戦略を駆使する「合戦システム」
合戦は、周囲の複数の城や勢力がすべて巻き込みながら、日本全国214の城を巡って起こります。合戦に巻き込まれた勢力は、「攻撃側」もしくは「守備側」につく、あるいは「中立の立場」を取るかを表明する必要があり、これによって、複数の勢力がそれぞれの思惑をもって対峙する戦術・戦略両面の駆け引きが楽しめます。

■武将を育成「教育システム」
「武将の成長」をテーマとした『天翔記』では、プレイヤーが配下の武将に対して“教育”を行ったり、内政や合戦で経験を積ませたりすることで、その武将の能力を伸ばすことができます。どの武将のどの能力値を育てていくかはプレイヤー次第なので、お気に入りの武将をじっくり育てて、自分好みの勢力を築いていくことができます。

■登場武将は1300人
鉄砲が伝来する以前の時代を描く「1534年 信長の誕生」から、秀吉死後の時代を舞台にした「1599年 関ヶ原前夜」まで6本のシナリオを搭載。登場武将は1300人にのぼります。

■菅野よう子さんが手掛ける音楽
BGMを手掛けているのは、現在も多方面で活躍中の作曲家・菅野よう子さん。ポーランドの著名なオーケストラ、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団の演奏で鳴り響き、戦国乱世を彩ります。

■パワーアップキットで各種エディタが充実
「パワーアップキット」の内容がそのまま収録されているので、新武将作成や武将編集といった各種データ編集機能が搭載されています。プレイスタイルに応じたゲーム世界を構築しましょう。


◆『HD Version』のここが新しい!


■最新武将グラフィックを採用
1300人にのぼる登場武将の顔グラフィックが『天翔記』以降の顔グラフィックに刷新されています。全ての武将に固有の顔グラフィックが当てられいるので、武将たちへの思い入れが強くなること間違いなしです。

■マップグラフィックを一新
日本全土マップや戦闘時のマップは、HD化によってより鮮明に美しく生まれ変わっています。

■ユーザーインターフェイスを最適化
PS Vitaや現行のPCにあわせてユーザーインターフェイスを最適化。特に視認性が大幅に向上したことで、ストレスのない快適なプレイを実現しています。また、PS Vita 版はタッチ機能やトロフィー機能にも対応。手ごたえのあるさまざまな課題を乗り越え、トロフィーをコンプリートする達成感を新たに味わいましょう。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

プレイヤーが思い描く戦国時代を自由に遊び尽くせる本作。経験者の方も未プレイの方も、美しく生まれ変わったグラフィックで『天翔記』をじっくりプレイしてみてはいかがでしょうか。

『信長の野望・天翔記 with パワーアップキット HD Version』は、2015年11月12日発売予定。価格は、パッケージ版が5,800円(税抜)、ダウンロード版が5,143円(税抜)です。

(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』ベヒーモス戦への意気込みを大募集─マルチ推奨なんて気にせずソロチャレンジ?【読者アンケート】

    『モンハン:ワールド』ベヒーモス戦への意気込みを大募集─マルチ推奨なんて気にせずソロチャレンジ?【読者アンケート】

  2. 『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

    『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

  3. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

    『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  4. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  5. 通常版PS4でもヌルヌル動くオープンワールドサバイバル『Conan Exiles』ゲームプレイ映像が公開!

  6. 『モンハン:ワールド』追加モンスター“ベヒーモス”配信予定日が明らかに―“竜騎士”イメージの操虫棍&防具も登場

  7. PS2ホラー『サイレントヒル2』で新たな裏技見つかる…17年越しに発掘されたのは「ミニマップ&どこでもセーブ機能」

  8. 『バイオハザード2』フルリメイク『バイオハザード RE:2』17分プレイ映像!【E3 2018】

  9. 『モンハン:ワールド』アステラ祭【納涼の宴】開催!受付嬢たちが水着姿でお出迎え

  10. 【総力特集】『ローカルプレイ対応PS4ゲーム』20選―設定方法も解説!

アクセスランキングをもっと見る