人生にゲームをプラスするメディア

『スーパーロボット大戦BX』原作楽曲で楽しめる、新たなPVが登場

バンダイナムコエンターテインメントは、ニンテンドー3DSソフト『スーパーロボット大戦BX』の第2弾PVを公開しました。

任天堂 3DS
『スーパーロボット大戦BX』原作楽曲で楽しめる、新たなPVが登場
  • 『スーパーロボット大戦BX』原作楽曲で楽しめる、新たなPVが登場
  • 『スーパーロボット大戦BX』原作楽曲で楽しめる、新たなPVが登場
バンダイナムコエンターテインメントは、ニンテンドー3DSソフト『スーパーロボット大戦BX』の第2弾PVを公開しました。

多彩な作品のクロスオーバーを実現させ、ダイナミックな演出が盛り上げる大規模バトルが展開していく、キャンペーン型シミュレーションRPG『スーパーロボット大戦』シリーズの最新作『スーパーロボット大戦BX』。3DSにリリースされる本作を、全16タイトルにのぼる参戦作品が彩ります。

「巨神ゴーグ」「機甲界ガリアン」「SDガンダム外伝」「機動戦士ガンダムAGE」「マクロス30~銀河を繋ぐ歌声~」の5作品が初参戦を果たす本作ですが、このたびPV第2弾となる原作楽曲ver.が公開されました。原作ファンも注目しているだけに、原作楽曲が華を添える戦闘シーンの数々に気持ちも高ぶるばかり。もちろん『スパロボ』ファンにも見逃せない内容となっているので、よければこちらからご覧ください。


YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=q1jKRNv0II8

『スーパーロボット大戦BX』は2015年8月20日発売予定。価格は、パッケージ版・ダウンロード版ともに6,480円(税抜)です。

(C)サンライズ
(C)ジーベック/ナデシコ製作委員会
(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・MBS
(C)2009 永井豪/ダイナミック企画・くろがね屋
(C)2010 永井豪/ダイナミック企画・マジンカイザー製作委員会
(C)2009,2011 ビックウエスト/劇場版マクロスF製作委員会
(C)2013 ビックウエスト
※画面は開発中のものです。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  2. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

    スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  3. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  4. 『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

  5. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. 『海腹川背 Fresh!』マップは一つながりの巨大フィールドに! 遊びやすい進化と変わらぬ魅力のワイヤーアクションをいち早く体験【TGS2018】

  8. 『ぷよぷよeスポーツ』新たな切り口でファン拡大を目指す国民的パズルアクションの真意とは【TGS2018】

  9. 現代のプレイヤーにも目を向けた細やかな配慮を楽しんでほしい─スイッチで再始動した『SEGA AGES』仕掛け人に聞く【TGS 2018】

  10. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

アクセスランキングをもっと見る