人生にゲームをプラスするメディア

【日々気まぐレポ】第106回 敵か味方か!?『SRW Z』シリーズから「シュロウガ」がD-SPECに登場

その他 玩具

D-SPEC シュロウガ
  • D-SPEC シュロウガ
  • ディスキャリバーも付属
  • スタンドの魔法陣にも注目
  • 黒鳥形態
  • デフォルメ体型とは思えないまとまりっぷり
  • 首のみ差し替えパーツあり
インサイドを御覧の皆様、こんにちは。ライターひびきによる週間連載「日々気まぐレポ」、第106回目でございます。

今週は、メガハウスから発売されております「ヴァリアブルアクション D-SPEC シュロウガ」をご紹介します。こちらは、PS2ソフト『スーパーロボット大戦Z』から連なる「Z」シリーズの『スパロボ』に登場するオリジナルロボット「シュロウガ」のアクションフィギュアです。

「Z」シリーズ最新作にして完結編であるPS3ソフト『第3次スーパーロボット大戦 天獄篇』ではさらなる進化を遂げた姿で登場したシュロウガですが、今回は初代『スパロボZ』に登場した姿での商品化となっています。

「D-SPEC」ということで今回のシュロウガももちろんデフォルメスタイルでの立体化。イメージとしては、ゲーム作中のSD体型をそのまま立体化したものに見えますが、腕や脚の長さなどは、アクションフィギュアとしても破綻しないように調整されている事が伺えます。また、本機といえば、何と言ってもその禍々しい姿が特徴。各部パーツの刺々しさはデフォルメスタイルのD-SPECでも健在で非常にシャープな造形となっています。

付属品としては武器に魔王剣ディスキャリバー、その握り手と表情付きの平手首がセットになっています。特に平手は、シュロウガとそのパイロットであるアサキムの謎めいた雰囲気に忠実で、実に凶悪な表情付けとなっており演出に一役買ってくれます。

また、驚くべきことにシュロウガ最大の特徴とも言える黒鳥形態への変形機構も、今回は簡易ながら再現されています。差し替えパーツは機首のみというシンプルさで、黒鳥形態のイメージを見事に再現。変形機構にやや無理がある点はご愛嬌。しかしながら、デフォルメスタイルからの変形とは思えないほど実に纏まりの良いフォルムは流石といったところでしょうか。

付属のスタンドには魔法陣が描かれているなど細部にまで徹底したこだわりを見ることのできる今回のD-SPEC。『スパロボ』シリーズからは「エクスバイン」、「グルンガスト零式」に続いての商品化ですが、シュロウガはあくまで『OG』シリーズではなく『スパロボZ』からの出典となります。

『OG』作品以外のスパロボオリジナルロボットの立体化も期待できるだけに、今後のラインナップにも注目したいところです。

「ヴァリアブルアクション D-SPEC シュロウガ」は発売中。価格は7,000円(税抜)です。

(C)SRWOG PROJECT


■筆者紹介:ひびき
関西在住のゲームやアニメが大好きな駆け出しひきこもり系ライター。そのシーズンに放送されているアニメはすべて視聴する暇人。ゲームのプレイは基本的にまったりじっくり足が遅い方。2012年からINSIDEにてライター活動を開始。お仕事はTwitterにて随時受付中。

Twitter:@hibiki_magurepo
《ひびき》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

    20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  2. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

    サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  3. 【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

  4. 【特集】ゲームタイトルを関西弁にしてみたら面白かった8選

  5. 【昨日のまとめ】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明監修の「人造人間21号」真の姿とは、「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編、バンダイナムコが動画配信サービスを立ち上げ…など(1/22)

  6. 「EVO Japan」にてe-Sportsを語るトークイベント「ゲームセンター文化のゆくえ」を1月27日に開催

  7. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  8. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  9. バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

アクセスランキングをもっと見る