人生にゲームをプラスするメディア

『シュタインズ・ゲート』の懐かしすぎるネットスラング10選

2018年には『シュタインズ・ゲート』のフルリメイク作品『シュタインズ・ゲート エリート』が発売されます。しかし、オリジナル版を改めてプレイすると懐かしすぎるネットスラングがたくさん。今回はそれらをご紹介します。

その他 全般
『シュタインズ・ゲート』の懐かしすぎるネットスラング10選
  • 『シュタインズ・ゲート』の懐かしすぎるネットスラング10選
  • 『シュタインズ・ゲート』の懐かしすぎるネットスラング10選
  • 『シュタインズ・ゲート』の懐かしすぎるネットスラング10選
  • 『シュタインズ・ゲート』の懐かしすぎるネットスラング10選
  • 『シュタインズ・ゲート』の懐かしすぎるネットスラング10選
  • 『シュタインズ・ゲート』の懐かしすぎるネットスラング10選
  • 『シュタインズ・ゲート』の懐かしすぎるネットスラング10選
  • 『シュタインズ・ゲート』の懐かしすぎるネットスラング10選

2018年には『シュタインズ・ゲート』のフルリメイク作品『シュタインズ・ゲート エリート』が発売されます。あの名作がフルアニメADVになって帰ってくるとは、いやはやそんなに時間が経ってしまったのでしょうか。

ところで『シュタインズ・ゲート』といえば、当時のネットスラング(インターネット上の俗語・隠語など)をたくさん盛り込んだという部分が特徴のひとつとなっています。しかしインターネット上の流行り廃りはとにかく速い。2009年10月に発売されたオリジナル版を改めて見てみると、本当に懐かしすぎる言葉が出てくるのです……。

◆「スーパーハカー」



主人公の岡部倫太郎は、友人であり相棒のダルのことを「スーパーハカー」と呼びます。これはいわゆる促音が省略されているだけのネットスラングなのですが、2018年現在だとなかなか見ない言い回しですよね。

ダルからするとこれはバカにされているように感じるらしく、「ハカーではなくハッカーだ」と劇中で何度も訂正されます。実を言うと「スーパーハカー」という言葉には、“実在しない凄腕ハッカー”という揶揄するような意味合いが込められているのですが、そういえばそんなこともあったなと懐かしいばかりです。

◆「常考(常識的に考えて)」



「常考」は当時流行っていた「常識的に考えて」というネットスラングの短縮形。アスキーアートの「やらない夫」の口癖としても有名でしたが、今は2ちゃんねる(劇中では@ちゃんねる)用語というより「JK」などと略されて使われるケースのほうが多いようですね。

もともとワード自体が一般的に使うこともありうるものですので、ネットスラングとして生き残るのは難しかったかも。もはや「常考」という言葉にはレトロ感すら覚えます。

次のページ:刃先が欠けた煽り文句と、今では使いにくいスラング
《すしし》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 古のゲーム情報がまた消えてしまう…ベクターのソフトウェア作者向けホームページサービスが2024年12月20日に終了

    古のゲーム情報がまた消えてしまう…ベクターのソフトウェア作者向けホームページサービスが2024年12月20日に終了

  2. サンライズロボットを網羅する特設サイト「サンライズロボット研究所」開設!最新技術を用いた「聖戦士ダンバイン」新映像も公開

    サンライズロボットを網羅する特設サイト「サンライズロボット研究所」開設!最新技術を用いた「聖戦士ダンバイン」新映像も公開

  3. もし、ローデリカが円卓の面々と話していたら…?NPCたちの「もしも」を“ほのぼのコメディ”で描く「ELDEN RING 遠き狭間の物語」連載開始

  4. 【今日のゲーム用語】「AAAタイトル」とは ─ ゲーム業界の活性化には欠かせない重要な存在

  5. 「死んでいた方がよかったゲーム」-復活したのが間違いだった?

  6. 「FFXIV 光のお父さん」原作者・マイディーさんの父親こと「インディ」さんが死去

  7. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

アクセスランキングをもっと見る