人生にゲームをプラスするメディア

『FFXIV』で展開された親孝行「光のお父さん計画」ついに完遂

ソニー PS4

『FFXIV』で展開された親孝行「光のお父さん計画」ついに完遂
  • 『FFXIV』で展開された親孝行「光のお父さん計画」ついに完遂
  • 『FFXIV』で展開された親孝行「光のお父さん計画」ついに完遂
オンラインゲーマーである「マイディー」さんが、自身のブログ「一撃確殺SS日記」にて親孝行として試みた「光のお父さん計画」を綴っていましたが、このたび無事目標を達成したとの発表を寄せました。

【関連記事】
広大な『FF14』の片隅で、親孝行計画が進行中 ─ 齢60の光の戦士、正体を隠した息子に導かれる

この計画は、「マイディー」さんが自分の正体を隠し、齢60となる自分の父と『FFXIV』の中でフレンドとなって「大迷宮邂逅編5層のツインタニアを倒すころ、実は息子である事を打ち明ける」というもの。「マイディー」さんのお父さんは、もともとゲーム好きでPS4も持っていたため、「一緒に遊べればひとつの親孝行になるかな」と思い立って始めた計画でした。

ですが思いついた当初はそこまで本気ではなく、「こんなこともおもしろいかもね」といった軽い感じで言っただけでしたが、Twitterやコメントなどから興味を寄せる反響が多かったため、そういった声の後押しもあって幕を開けることに。この時に決めたゴールが、「大迷宮邂逅編5層のツインタニアを倒す」であり、それまで自分の立場を隠したまま『FFXIV』世界の導き手としてお父さんを支援し続けました。

齢60にして光の戦士となったお父さんの活躍ぶりを描く日々は、現在第26話 「光のお父さんはスライムを運搬した。」まで発表されており、「大迷宮バハムート」の第一層に挑む姿を記しています。

待ち受けるボスを前に、倒し方を予習したはずのお父さんは、しかし無言を貫き何も語りません。その理由を後日訊ねたところ、「そんな長い文章…よー打たん…」との衝撃の真実が明かされます。「ぼくのパパは、この有様だ…!!」という「マイディー」さんの呟きが、この後待ち受ける激戦と相まって笑いを誘います。

このような微笑ましいやりとりが彩ってくれる親孝行計画ですが、実プレイ上にて2015年6月17日23時30分に、大迷宮邂逅編5層のツインタニアを撃破したとの報告がブログに寄せられました。また「初めて、ゲーム内で“お父さん”と呼ぶ事ができました」と、正体を明かしたことも告白。10ヶ月に及んだ壮大な計画が、無事実を結んだ模様です。

詳しくは今後綴っていくとのことなので、詳細が知りたい方は「一撃確殺SS日記」の更新を楽しみにお待ちください。

■一撃確殺SS日記
URL:http://sumimarudan.blog7.fc2.com/

(C)2010-2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『新次元ゲイム ネプテューヌVIIR』の発売予定日が決定、ティザーサイトが公開に―予約特典情報なども

    『新次元ゲイム ネプテューヌVIIR』の発売予定日が決定、ティザーサイトが公開に―予約特典情報なども

  2. 『FFXII ザ ゾディアック エイジ』購入特典が発表、PS4テーマやオリジナル版BGMに変更できるコードなど

    『FFXII ザ ゾディアック エイジ』購入特典が発表、PS4テーマやオリジナル版BGMに変更できるコードなど

  3. PS4/PS3『GUILTY GEAR Xrd REV 2』発売開始―6月1日にはSteam版の配信も

    PS4/PS3『GUILTY GEAR Xrd REV 2』発売開始―6月1日にはSteam版の配信も

  4. 【特集】『FFXIV』で行われた親孝行「光のお父さん計画」達成記念!親子2人を突撃インタビュー

  5. 【レポート】『ニーア オートマタ』第2期コラボカフェで『ニーア』の世界観とオリジナル料理を堪能!

  6. 【PS4 DL販売ランキング】『The Incredible Adventures of Van Helsing』初登場首位、『FFXIV オンライン』2位へ浮上(5/24)

  7. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  8. 【総力特集】最新作発売間近!『バイオハザード』シリーズ20年の軌跡を振り返る

  9. ホラーADV『DYING: Reborn』がPS4/PS VR/PS Vita向けに国内発売決定!

  10. 【特集】『GUILTY GEAR』石渡太輔氏x「楽園追放」水島精二監督対談―3DCGだからできたことと、CGでは再現できない「魂の部分」とは

アクセスランキングをもっと見る