人生にゲームをプラスするメディア

『ネットハイ』村川梨衣や玄田哲章などが演じる新キャラが明らかに

マーベラスは、PS Vitaソフト『ネットハイ』に登場する新キャラクターを発表しました。

ソニー PSV
『ネットハイ』村川梨衣や玄田哲章などが演じる新キャラが明らかに
  • 『ネットハイ』村川梨衣や玄田哲章などが演じる新キャラが明らかに
  • 『ネットハイ』村川梨衣や玄田哲章などが演じる新キャラが明らかに
  • 『ネットハイ』村川梨衣や玄田哲章などが演じる新キャラが明らかに
  • 『ネットハイ』村川梨衣や玄田哲章などが演じる新キャラが明らかに
  • 『ネットハイ』村川梨衣や玄田哲章などが演じる新キャラが明らかに
  • 『ネットハイ』村川梨衣や玄田哲章などが演じる新キャラが明らかに
  • 『ネットハイ』村川梨衣や玄田哲章などが演じる新キャラが明らかに
  • 『ネットハイ』村川梨衣や玄田哲章などが演じる新キャラが明らかに
マーベラスは、PS Vitaソフト『ネットハイ』に登場する新キャラクターを発表しました。

一部のリア充たちが富もフォロワーも独占する“超充実格差社会”を舞台に、ランキングの上位者であるリア充たちに挑む非リア充こと「俺氏」の躍進を描くADV『ネットハイ』。巧みな嘘で塗り固めている「偽リア充」に立ち向かい、インターネット特有の様々な機能を利用して暴き爆発炎上させるという、ユニークな討論バトル楽しめます。


発表された直後から熱い注目を集めている本作ですが、このたび続報となる新キャラクターが公開されました。主人公・俺氏の前に立ちはだかる“迷惑なリア充”を予めチェックしておき、いずれ迎える戦いの日に備えておきましょう。

◆迷惑なリア充どもをチェック!


■リアルプリンセス「hime(CV:村川梨衣)」&無個性執事「セバスチャン(CV:酒巻光宏)」


●hime
日本に留学中の異国の王女。「リアルプリンセス」でありながら動画配信サービス「GnuTube(ヌーチューブ)」で、日本のB級文化を紹介するカリスマ「ヌーチューバー」でもある。カタコトの日本語、ちょっとズレたセンス、自撮りは基本上目使いと男心をくすぐる技の数々は、天然かはたまた策略か。


●セバスチャン
himeに仕える老執事。これといった特徴もない。絵もない。そんな雑な扱いにも関わらず、幅広い知識と深い知恵でhimeをサポートする優秀な人物。


■完全無欠の歌姫「昏71(CV:諏訪彩花)」&「大洋P(CV:玄田哲章)」


●昏71(クレナイ)
音声合成ソフト「歌ロイド」の人気キャラクター。最初期のモデルながら、そのビジュアルと一度聞けば忘れられない美声で人気。「歌ロイド」なので男性問題もなければ、ツイイッターで暴言を吐いて炎上したり画像が流出したりもしない。まさに「完全無欠の歌姫」。ただし画面の向こうから出てこない。ロリコン男子たちは彼女に会いたくて会いたくて震えるらしい。


●大洋P(オーシャンP)
「歌ロイド」の楽曲をニヨ動で配信するウタロP。意味はよくわからないが、なんだか思春期のハートに響く歌詞、とにかくアゲアゲなメロディで瞬く間に人気を得た。昨今ではそのファッションセンスにも熱い視線が注がれている。


◆ゲームシステム 主な特徴



本作はおもに、調査パートと爆発炎上バトルで進行。調査パートでは、敵となる迷惑リア充のゴシップ(うわさ話やタレコミ。いわゆる証拠品)を収集し、爆発炎上バトル“リア充”の嘘を暴いて真実を特定し、勝利を目指します。

■爆発炎上バトル
1.リア充のアピールに噛み付け“リアルライフ・ディスカッション”

国民の指示を集めて応援コメントを獲得し、自らのテンションを上げてから行動する。

2.様々な手段を駆使して“リア充”のフォロワーを奪え
・演説:民意先導スピーチ

論破用のセリフを選び、国民の“イィネ!”の投票で勝てば敵のフォロワーを奪い取れる。

・読心:本音シースルー

“メガネ”で相手の心の声を読み、事実に結びつく情報を見つけ出す。なお“メガネ”には、バトル中に使用可能な数々のチートスキルが搭載されている。

・糾弾:捏造リベレーション

事前に収集したゴシップを提示し、ウソを暴露してフォロワーを奪う。

3.特定した真実を突き付けろ!タイム・オブ・エクスプローション

バトルで暴露してきたリア充のウソを一から順番に指摘していき、国民にリア充の「真実の姿」をアピールする。暴かれたキーワードをフリックしてシンプルなアナグラムを枠に当てはめて、「真実の姿」を国民に見せつければ、リア充のフォロワーは激減。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『ネットハイ』は、2015年秋発売予定。価格は未定です。

(C) 2015 Marvelous Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

    「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

  2. PS4『グランブルーファンタジー Re: LINK』最新PV、開発中プレイ動画が公開!お馴染みモンスターや新星晶獣の姿も

    PS4『グランブルーファンタジー Re: LINK』最新PV、開発中プレイ動画が公開!お馴染みモンスターや新星晶獣の姿も

  3. 対戦格闘ACT『グランブルーファンタジー ヴァーサス』PS4向けに発表!開発はアークシステムワークス

    対戦格闘ACT『グランブルーファンタジー ヴァーサス』PS4向けに発表!開発はアークシステムワークス

  4. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  5. 『バイオハザード RE:2』恐怖の一端が垣間見える短編動画第4弾を公開!この空気に耐えられるか…

  6. 「プレステクラシック」にも収録される『サガ フロンティア』の6つのすばらしさを語ろう

  7. 【12/15更新】『グランブルーファンタジー Re: LINK』発売日や対応機種は?現時点の情報まとめ

  8. 『モンハン:ワールド』超大型DLC「アイスボーン」や『ウィッチャー3』コラボ、新歴戦王など―新情報をまとめてお届け

  9. 『モンハン:ワールド』×『ウィッチャー3』コラボ決定、ゲラルトさんが新大陸に!開催は2019年初頭を予定

  10. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

アクセスランキングをもっと見る