人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2015】『フォールアウト4』のディレクターが語る開発秘話や気になる「仲間」

現在開催中のE3会場ベセスダ・ソフトワークスブースにて、『Fallout 4』ゲームディレクターであるトッド・ハワード氏のトークイベントが開催されました。

ソニー PS4
【E3 2015】『フォールアウト4』のディレクターが語る開発秘話や気になる「仲間」
  • 【E3 2015】『フォールアウト4』のディレクターが語る開発秘話や気になる「仲間」
  • 【E3 2015】『フォールアウト4』のディレクターが語る開発秘話や気になる「仲間」
  • 【E3 2015】『フォールアウト4』のディレクターが語る開発秘話や気になる「仲間」
  • 【E3 2015】『フォールアウト4』のディレクターが語る開発秘話や気になる「仲間」
現在開催中のE3会場ベセスダ・ソフトワークスブースにて、『フォールアウト4』のゲームディレクターであるトッド・ハワード氏のトークイベントが開催されました。



このトークイベントでは、6月14日に行われたベセスダ・ソフトウェアのカンファレンスでは語りきれなかった『フォールアウト4』のゲーム要素の説明や、サプライズ発表だったモバイル向けゲーム『フォールアウト シェルター』(Fallout Shelter)リリースの経緯などが語られました。

ハワード氏は、『フォールアウト4』の発表が終わってどんな気持ちかと質問されると、疲れはあるが好評で嬉しいと述べました。また、今月頭に発表されるまで、『フォールアウト4』を開発している事実を家族や友人も含めて誰にも話すことができなかったため、話せることが嬉しいと笑顔を見せました。「家族も秘密を守れるかどうか信用できないですからね」とジョークを飛ばすと、会場からは笑い声が上がりました。



カンファレンスでのサプライズ発表となったモバイル向けアプリ『フォールアウト シェルター』について、司会者がどのように収益を得るモデルなのかと質問したところ、そもそもお金儲けのために作られたものではなく、ファンに喜んでもらうためのものであると説明しました。また、このシェルターゲームは現在ゲームアプリランキング1位で、『フォールアウト』本編をプレイしたことがない人にも好評のようだが、アプリから本編への誘導は狙っているのか?と問われ、ファン層が広がり、本編にも興味を持ってもらえることは嬉しいと答えました。

ゲームのシステムに関して、『フォールアウト』を始めとするベセスダのゲームは自由度をとても大事にしていることを強調。世界に落ちている「Crap(使えないもの)」を使ってアイテムを作れるシステムをとりあげ、各Crapはいくつかの構成要素(コンポーネント)からできており、コンポーネントを組み合わせることで無数のアイテムを作れると話しました。さらに、今作では天候の変化もゲームにおいて重要なポイントになっており、爆弾が落ちてできた「Glowing Sea」という場所では放射能の嵐が発生すると明かされていました。

ストーリーへの質問では、自由度を優先したために『スカイリム』はストーリーが犠牲になってしまったとしており、『フォールアウト4』では自由度とストーリーのバランスをうまく調整していると述べています。



今世代機とPCのみでのリリースになった理由については、どのハードもグラフィックは優れているが、重要だったのはメモリであったと説明。没入感を大切にするために、オープンワールドの広大な世界を素早くロードできる環境を重要視したのだそうです。

最後の質問は、仲間となる犬について。前作の主人公の大切な仲間となる「ドッグミート」はゲーム中で死亡してしまうことがあったが今作ではどうなのか、との質問に対して、『フォールアウト4』で仲間になる犬は敵の攻撃によって戦闘不能にはなるが死ぬことはないとハワード氏が明らかにし、会場では大きな歓声と拍手が巻き起こりました。また、犬だけでなく、Mr. Handyなどいろんなキャラクターもお供になるとのことです。

カンファレンスでは語りきれなかった『フォールアウト4』に関する情報が語られたE3会場でのトークイベント。今年末の発売に向けて大きく期待が高まりそうです。
《Daisuke Sato》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

    『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

  2. 『原神』稲妻には“自力で”行けるのか?ガイアやボートを駆使し、大海原を進んでみた

    『原神』稲妻には“自力で”行けるのか?ガイアやボートを駆使し、大海原を進んでみた

  3. 「七つの大罪」はもう古い!?『原神』新キャラたちの元ネタとなった“オタクの新教養”

    「七つの大罪」はもう古い!?『原神』新キャラたちの元ネタとなった“オタクの新教養”

  4. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  5. 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

  6. PS5のシェアスクリーン機能について考えてみた―同じゲームをしながら共通の話題で盛り上がるにはいいかも!

  7. 『ELDEN RING』メリナの語尾に「メリ」を付けるだけのMOD登場―開口一番「はじめましてメリ」

  8. 『ELDEN RING』覗けるのは「フィアのパンツ」だけじゃない―さらに「下乳」と「お尻」も見てみた

  9. 『バイオハザード RE:2』あるある10選!誰もがアイテムのやりくりに悩みタイラントで遊ぶ!?

  10. 『原神』新登場「ニィロウ」の詳細公開!チーム編成が重要なキャラ、全員が“草・水元素のみ”で真価を発揮

アクセスランキングをもっと見る