人生にゲームをプラスするメディア

『ラブプラス』などを手がけた内田明理、プロレスゲームを得意とする「ユークス」に入社

『ラブプラス』シリーズのプロデューサーとして知られる内田明理氏が、数多くのプロレスゲームを手かげる「ユークス」に入社したことが明らかになりました。

ゲームビジネス 人材
 
  •  
  •  
『ラブプラス』シリーズのプロデューサーとして知られる内田明理氏が、数多くのプロレスゲームを手かげる「ユークス」に入社したことが明らかになりました。

【関連記事】
コナミ、『ラブプラス』『ときめきメモリアル』シリーズを今後も制作すると発表
『ラブプラス』シリーズの中核、内田明理とミノ☆タローがコナミを退職

内田明理氏は、コナミ在籍時に『とんがりボウシ』シリーズや『ときめきメモリアル Girl's Side』シリーズなどに関わっており、特にプロデューサーおよびシナリオを担当した『ラブプラス』シリーズで多くのユーザーから厚い支持を受けています。

そして今年の3月15日に、内田氏はコナミを退職してフリーランスに転身しました。その理由として「これからの自分に何ができるのかを悩んだ末の決断」との姿勢を表明。以来、フリーとなった内田氏がどのような活動を行うのか今日までファンは見守ってきましたが、このたびユークスへ入社することが判明しました。

ユークスは、テレビゲーム史上初となる3Dプロレスゲームを開発した実績を持ち、格闘ゲームを得意としています。またプロレス以外にも、ハリウッド映画「リアルスティール」や「パシフィック・リム」などを題材にしダウンロードゲームでも成功を収めました。

なおユークスは、内田氏の動向を気にかけている“ファンの皆様へのご報告”として、6月10日に入社記者会見を行うと発表。加えて、「内田プロデューサーの豊富な経験と幅広い見識を当社のオリジナルタイトルにて反映していくことで、新しい分野での業績拡大のみならずゲーム業界の活性化を図ってまいります」とのコメントも寄せています。

内田氏がユークスという場を得て、どのようなタイトルを手がけていくのか。その全てが明らかとなるのはまだ先の話となりますが、まずは6月10日の記者会見に大きな注目が集まります。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. CRI・ミドルウェア、ミドルウェアの採用ゲームが2000タイトルを突破

    CRI・ミドルウェア、ミドルウェアの採用ゲームが2000タイトルを突破

  2. 「パワプロ」生みの親、大阪電通大教授・長江勝也さん死去

    「パワプロ」生みの親、大阪電通大教授・長江勝也さん死去

  3. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

    ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  4. カプコン、大型新作タイトルを計画中―『マブカプ』新作は200万本計画

  5. 日本一ソフトウェアの子会社が、『大戦略』シリーズ等を手掛けるシステムソフト・アルファーのコンピューター/ゲームソフト事業承継を発表

  6. 月刊任天堂がパワーアップ

  7. 月刊任天堂2月号には『スターフォックス』体験版収録

  8. 『ガシャポンウォーズ』を体験、月刊任天堂11月号

  9. 月刊任天堂2004年5月号の内容―カービィ、ピクミン2ほか

アクセスランキングをもっと見る