人生にゲームをプラスするメディア

【プレイレポ】スロットバトルでねこしかいない世界を救うにゃ!『ぐるぐるダンジョン のぶニャが』でねこまみれなRPGを体験

どこまで行ってもねこねこねこ! 歴史上の武将がすべてねこ! ねこしかいない3Dダンジョンをぐるぐるぐるぐる駆け巡り、ねこ武将の世界を救うダンジョン探索RPG『ぐるぐるダンジョン のぶニャが』のプレイレポートをお届けします。キャラクターの可愛さは天下一品ですよっ。

モバイル・スマートフォン iPhone
武将はねこっぽいダジャレ名
  • 武将はねこっぽいダジャレ名
  • ねこ武将詳細
  • ストーリーモード
  • ドキドキ感溢れるダンジョン
  • バトルはシンボルエンカウント方式
  • 見やすいマップ
  • ダンジョン内でバトル!
  • スロットの絵柄がかわいい
どこまで行ってもねこねこねこ! 歴史上の武将がすべてねこ! ねこしかいない3Dダンジョンをぐるぐるぐるぐる駆け巡り、ねこ武将の世界を救うダンジョン探索RPG『ぐるぐるダンジョン のぶニャが』のプレイレポートをお届けします。キャラクターの可愛さは天下一品ですよっ。

『ぐるぐるダンジョン のぶニャが』は、プレイヤーもねこなら、登場キャラクターもねこの猫まみれなPRG。現代からねこ戦国の時代に迷い込んだ主人公がねこの軍師となり、ねこ武将の世界を救う旅に出るというストーリーは、ねこ好き、歴史好きにとってたまらん展開です。スロットバトルとダンジョンもねこまみれで可愛くて、ドキドキの展開。ねこ好きも歴史好きも、そしてダンジョン好きもハッピーなれるハズ。

◆武将の名前がねこすぎる


3Dダンジョンを探索して、スロットバトルでねこ武将たちと戦う本作。ねこ戦国の世界で出会うのは、「織田のぶニャが」をはじめとしたねこ武将たちです。このねこ武将たちの名前が、かなりイカしてます。



とよとミー秀吉の若かりし頃「木下とうキティろう」や「明智みスフィで」など、すべてねこっぽいダジャレ名。納得なダジャレあり、苦しいダジャレありで、名前を見ているだけでも楽しいです。



ねこ武将詳細を見れば、元の名前と解説を見ることができるので、歴史は苦手という人も大丈夫。日本史の時間の記憶が危うい私も、ねこ武将詳細でねこ風の名前と本名(?)を見比べてにやにやできました。しかも、危うい記憶をまともな記憶に正すこともできました。ありがたや~。



ストーリーモードの「のぶニャが公記」は、織田信長にまつわる歴史をベースにしたタイムトラベルもの。「織田のぶニャが」の未来を変えるために、主人公はのぶニャがと一緒に時を駆け巡ることになります。日本史があやふやな私は、ストーリーモードをプレイすることで日本史をおさらいできました。「そういえば、こんなこと習ったなー。大河ドラマでみたなー、ふむふむ」と曖昧な記憶を確かなものに! なんだか少し、お利口さんになった気分になれました。

しかも、主人公キャラクターもかなり曖昧な記憶でねこ戦国の時代を生きているので、脳みそがポンコツなもの同士、妙な一体感を得られるという効果も! うおー、なんか嬉しくない。嬉しくないけど、かわいいねこたちのシリアスストーリーが展開するストーリーモードは、未来がどう変わるのかワクワクできます。

◆ダンジョンがねこすぎる





本作のタイトルにもなっている「ダンジョン」は、お宝と罠、そして敵となるねこ武将が待ち受けるドキドキ感溢れるダンジョンになっています。ええ、ダンジョンもねこまみれです。ストーリーモードやイベントなどで、ねこだらけのダンジョンをぐーるぐる回ることになりますよっ。ダンジョンは、敵大将を探して倒せばクリアとなります。



ダンジョン内には、大将以外にも敵が出現します。しかし、敵が見えているシンボルエンカウント方式なので、大将以外の敵とは戦わずにクリアすることも可能です。強敵が近づいてきた場合は、地響きがしたりと、ドキドキ感を盛り上げる演出も。敵の強さは見て判断できるため、強敵とぶつかった場合には逃げるのもアリ。敵もねこの姿で可愛いのですが、可愛くても強いものは強いんです。侮ってはいけないのですよっ。

ダンジョン内は、スワイプとタップで自由自在に動き回ることができます。進行方向の決定はスワイプ、タップで移動。スワイプでぐるりと周りを確認できるのは、とっても便利です。3Dダンジョンとスマホの親和性はなかなかのもの。操作感は良好です。スワイプでぐるぐるしていると、現在地がわからなくなりそうですが、そんなときにはマップが大活躍。画面左上のマップをタップすれば、現在地や罠情報などが確認できるマップが表示されます。



リアル方向音痴で、大抵のゲームのダンジョン内で迷っている私ですが、ダンジョン構造がそこまで複雑ではないことと、マップが見やすいおかげで、3Dダンジョンでも安心。迷ってどこにいるかわからない! なんてことがほとんどありません。罠にかかって死にかけたり、とんでもない場所に飛ばされて困ることはありますが……。罠のおかげで、ダンジョン探索はドキドキが割り増しされておりますよっ。

さらに、ダンジョン内は移動数が決められています。画面上部にでかでかと表示されている数字。コレがダンジョン内で移動できる数です。この数字がゼロになると、体力を削りながら移動することに……。まさに、命を賭けての移動! 私は無駄に動き回った結果、移動数がゼロになり、いつもボロボロの状態で敵大将と戦ってます。ドキドキ感割り増しどころの騒ぎじゃないです。タイトルは「ぐるぐるダンジョン」ですが、ぐるぐるしすぎると死んじゃうので注意するべし! です。

◆スロットがねこすぎる





ダンジョン内で敵にぶつかると、ターン制のバトルが始まります。自ターン時にねこ型軍配をタッチすると、ねこだらけのスロットスタート。攻撃内容は、止めた絵柄で変化します。



リールの絵柄は、部隊に編成しているねこ武将と五輪玉と呼ばれる玉の2種類。横3本と斜め2本の有効ラインで、ねこ武将の絵柄を止めると、そのねこ武将が攻撃します。有効ラインで同じねこ武将を2つ揃えると、特技発動! そして、3つ揃えるとコンボ発動! 連鎖で攻撃力をアップさせることができます。

スロットは目押し可能! 狙って、特技やコンボを発生させることができますよっ。うーん、熱い! 熱いです。運にまかせて攻撃するのではなく、特定の武将の特技を発動させたり、コンボでドッカンドッカン攻撃できたりするので、自分の腕でピンチを切り抜けることができます。

目押しのポイントは、絵柄の左にある数字です。絵柄左の数字は、画面下部のねこ武将たちに割り振られている数字と連動しています。1で止めれば1の武将、2で止めれば2の武将が攻撃に参加します。絵柄を見て止めようとするよりも、絵柄の左にある数字を見ながらタップをした方が狙った絵柄で止めやすいハズです。

◆すべてがねこすぎる


ストーリー、ダンジョン、バトルとねこだらけの本作ですが、他の部分もねこだらけです。個人的に気に入っているのは、拠点画面。部隊に編成しているねこ武将たちが表示されているのですが、このねこ武将を撫でられるんです!



スワイプでなでなですると、にゃーにゃー鳴きます。しかも、コメント付き。武将によって、撫でられたときのコメントが違うので、すべての武将を撫でたくなります。



GPSで、リアル世界と連動しているところも見逃せません。位置情報を使って、ご当地ねこ武将をゲットできちゃうんです。実際に全国47都道府県へ行けば、その土地のねこ武将を確実にゲットできてしまうわけで、全国をぐるぐる回りたくなること間違いナシ!

……って、全国回りたくても、回れるかーい! と言いたくなりますよね。と言うか、言いましたよ、私はっ。そんな私のために、便利な機能がありました。お互いにフレンド設定している相互フォロー状態のフレンドがいれば、全国をぐるぐるしなくて良いんです。フレンドの地域のねこ武将をゲットできるおみくじを引くことができます。コレは良い機能! 全国を回った気分で、ねこ武将をゲットできます。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


とにかくねこ三昧な本作。ねこ好きな私は、癒やされまくりました。コワモテ武将もねこになれば可愛いもの。楽しくプレイできましたよっ。

『ぐるぐるダンジョン のぶニャが』は、好評配信中で基本プレイ無料のアイテム課金制です。



(C) ASKISS., CO,LTD. All Rights Reserved.
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ぷよクエ』x『名探偵コナン』コラボイベントが20日から開催─「クルーク ver.名探偵」が新登場!

    『ぷよクエ』x『名探偵コナン』コラボイベントが20日から開催─「クルーク ver.名探偵」が新登場!

  2. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

    誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  3. 山奥の秘境ポケストからはレアタスクが出るらしい…ならば登ろうじゃないか【ポケモンGO 秋田局】

    山奥の秘境ポケストからはレアタスクが出るらしい…ならば登ろうじゃないか【ポケモンGO 秋田局】

  4. 『ポケモンGO』ダンバル大量発生!次回コミュニティ・デイの開催が10月21日に決定

  5. 『ポケモンGO』10月コミュニティ・デイで出現する「ダンバル」の特別わざは「コメットパンチ」に決定!

  6. 『陰陽師』や『荒野行動』を手掛けたNetEase開発、BBGame運営の新作『大航海ユートピア』を先行体験―綿密に作られた帆船が大海原を往く!

  7. 『ポケモンGO』アップデートで図鑑がシンオウ地方に対応!バージョン履歴にも気になる表記が

  8. 【特集】『スマホ/タブレット向け硬派海外RPG』10選

  9. 『FGO』第2部OPから考察する新たなサーヴァントたち、君の名は……【特集】

  10. 【読者アンケート】「『FGO』で今足りないものは? ゲームプレイ編」結果発表─欲しいのは“戦力”よりも“嫁”、1位は誰もが納得!?

アクセスランキングをもっと見る