人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2015】オープンソースなVRヘッドセットを!「OSVR」を体験した・・・ユービーアイソフトも支持を表明

ゲームビジネス 開発

「OSVR Hacker Dev Kit」を正面から見たところ
  • 「OSVR Hacker Dev Kit」を正面から見たところ
  • 上部から。Oculus Riftに似たフォーム
  • 背部から見たところ
  • Razerブースの様子
  • ブースではパートナー企業による複数のゲームで体験できた
  • オープンソースなバーチャルリアリティシステム
「Oculus Rift」(Oculus VR)、「Project Morpheus」(SCE)、「SteamVR」(Valve)、など様々なVRヘッドセットが登場し、GDCはさながらVR戦国時代のよう。そんな中、全員に開かれたオープンソースなバーチャルリアリティを、と掲げているのがPC周辺機器メーカーのRazerが主導する「OSVR」(Open Source Virtual Reality)です。

「OSVR」の規格に準拠したハードウェアは「Oculus Rift」そっくりのフォルムの「OSVR Hacker Dev Kit」が現在用意されていて、5.5インチ・1080×1920ドットのフルHDのディスプレイを搭載。視野角は左右90度ずつで合わせて100度。加速度センサー、ジャイロスコープ、コンパスを搭載しています。

GDC 2015のRazerブースでは「OSVR Hacker Dev Kit」を様々なゲーム環境で体験することができました。ただ、3Dアクションゲームを体験したものの、他のVRヘッドセットとの間で特段の優位性は感じられませんでした。しかし、ハードウェアを得意とするRazerが主導していることや、オープンソースで多数の企業が参加していることは差別化になってきそうです。

GDCに合わせて13社が新たに参加企業となったことが明らかにされています。世界的なパブリッシャーであるユービーアイソフトや、スマートグラスを開発するVuzixの名前もあります。

ユービーアイソフトの新規事業開発ディレクターのGael Seydoux氏は「OSVRのフレームワークはバーチャルリアリティゲーム業界の壁を打ち破る突破口となり得る存在です。ユービーアイソフトはこれまで最先端の技術をゲームに取り入れてきたので、この機会にRazerやSensicsといったパートナーたちと一緒に新しいものを開発していくのを楽しみにしています」とコメントしています。

また、Unityに加えてUnreal Engine 4とのインテグレーションも発表され、開発環境も整ってきました。

「OSVR Hacker Dev Kit」は2015年6月から199ドルで提供予定です。(日本発売は未定)
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始

    家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始

  2. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  3. 【JRPGの行方】第1回 1997年の「アニメ化」と「観る物語」

    【JRPGの行方】第1回 1997年の「アニメ化」と「観る物語」

  4. VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

  5. 2007年のオタク市場規模は1866億円―メディアクリエイトが白書

アクセスランキングをもっと見る