人生にゲームをプラスするメディア

カード型amiiboを販売する任天堂の狙いとは…更なる新たな形も試行錯誤中

任天堂は、第3四半期決算説明会の質疑応答にて、カード型amiiboのリリースを決定した経緯を明かしました。

任天堂 その他
任天堂ロゴ
  • 任天堂ロゴ
任天堂は、第3四半期決算説明会の質疑応答にて、カード型amiiboのリリースを決定した経緯を明かしました。

ゲームの遊び方の幅を拡げてくれるamiiboは、徐々にラインナップや対応ソフトを増やしており、全世界累計出荷数は570万体を突破。着実にその知名度と人気を獲得しつつあります。

このamiiboの今後の展開や普及率の地域的な差などの説明を求める質問が第3四半期決算説明会にてあがり、これに対して同社社長の岩田聡氏が答えた質疑応答が公開されました。

岩田氏の説明によれば、フィギュアとビデオゲームの組み合わせは、『スカイランダーズ』や『ディズニーインフィニティ』などが既に実施しており、海外では「Toys to Life」と呼ばれるカテゴリーとして既に確立し大きな市場を形成しています。しかし、これらのタイトルは国内でもリリースされたものの、日本向けのサイズや価格ではなく、一定数の認知を得ることは叶いませんでした。

既にカテゴリーとして定着している海外と比べると、日本における「Toys to Life」の認識はまだ拡がっているとは言えないため、地域差が生まれたと説明。「様々なゲームと対応する」という幅広さの特徴を持ったamiiboですが、国内に関しての認知には一定の時間がかかるとの考えを示しました。

なお、日本向けのサイズや価格ではない点についても触れており、海外を視野に入れた際に適切なボリュームであると判断して現在の形態となっていますが、「日本では、フィギュアというのはもう少し小型で、1個当たりの単価が安いものが一般的には主流とされている」との見解を述べ、amiiboの魅力を伝えて遊びの幅を更に拡げるため、そして納期やコストを下げる試みの一つとして、カード型のamiiboを販売するといった背景も明かします。

また、「どんな形状のものがamiiboになり得るだろうか」という試行錯誤は現在も行われているとのこと。もしかしたら今後、また新たな形のamiiboが登場するのかもしれません。国内での認知向上と共に、更なる動向に期待しましょう。

(C)Nintendo
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 本日1月21日で『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズ生誕20周年!桜井政博氏より感謝のコメントも公開

    本日1月21日で『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズ生誕20周年!桜井政博氏より感謝のコメントも公開

  2. 『妖怪ウォッチ4』「ケータ」のプレイをメインにしたPV第2弾が公開!ナビ的要素「ナビワン」の紹介も

    『妖怪ウォッチ4』「ケータ」のプレイをメインにしたPV第2弾が公開!ナビ的要素「ナビワン」の紹介も

  3. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

    まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  4. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  5. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  8. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  9. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  10. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

アクセスランキングをもっと見る