人生にゲームをプラスするメディア

amiiboの出荷数が570万体に…今後は“定番化”と“売り切り型”の2パターン

NFCを活用し、対応しているWii Uソフトの遊びを更に拡げてくれるフィギュア「amiibo」。発売されてまだ日が浅いものの、世界規模で大きな反響とセールを記録しており、任天堂の新たな展開として今もなお注目を集めています。

任天堂 Wii U
amiiboの出荷数が570万体に…今後は“定番化”と“売り切り型”の2パターン
  • amiiboの出荷数が570万体に…今後は“定番化”と“売り切り型”の2パターン
NFCを活用し、対応しているWii Uソフトの遊びを更に拡げてくれるフィギュア「amiibo」。発売されてまだ日が浅いものの、世界規模で大きな反響とセールを記録しており、任天堂の新たな展開として今もなお注目を集めています。

このたび公開された第3四半期決算説明会の社長説明にて、amiiboの現状や今後の展開に関して新たな発表が行われました。まず売れ行きに関してですが、昨年年末の時点で、全世界合計の出荷数が約570万体に到達。特に、アメリカ・カナダ・オーストラリアの市場で好調を博しており、一部のフィギュアについては品切れが発生し、オークションによる高値取り引きも行われています。

新たなラインナップも定期的に発表されており、続々とニューフェイスが登場するamiiboですが、今後は「定番化するものと順次入れ替えていく売り切り型のものを予定している」と明かしており、キャラクターによっては再生産されない可能性が高まりました。

以前、人気の高いキャラクター以外は初期出荷後の再入荷はないかもしれない、といったコメントを任天堂が発表していましたが、今回の説明はその展開をより押し出した形になったと言えます。

この夏には、ニンテンドー3DS向けのNFCリーダーライターをリリースし、更なる需要の拡大を狙うamiibo。「いつでもある」という安心感を定番キャラクターに担わせつつ、売り切り型のラインアップを入れ替えていくことで新たな刺激を常に提供していく、といった双方の効果による活性化を狙っているものと思われます。この判断がどのような効果をもたらすのか、動向に注視しておきましょう。

(C)Nintendo
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』「トリック vs トリート」フェスは“トリート派”が勝利!

    『スプラトゥーン2』「トリック vs トリート」フェスは“トリート派”が勝利!

  2. 『ソウルキャリバー6』のクリエイションがアツい! 『Fate』ギルやエミヤを再現したユーザーが話題に

    『ソウルキャリバー6』のクリエイションがアツい! 『Fate』ギルやエミヤを再現したユーザーが話題に

  3. スイッチ新作『スーパードラゴンボールヒーローズ ワールドミッション』2019年発売決定!収録カードは約1,160枚

    スイッチ新作『スーパードラゴンボールヒーローズ ワールドミッション』2019年発売決定!収録カードは約1,160枚

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  5. 『スプラトゥーン2』Ver.4.1.0の注目ブキ10選!塗り性能変化でナワバリに嵐が巻き起こる!?

  6. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  7. 『ドラゴンクエストビルダーズ2』オッカムル島での採掘に関する情報が公開―あらくれを導いて鉱石をガッポリ入手!

  8. PS4/スイッチ『スターデューバレー コレクターズ・エディション』が2019年1月31日に発売!

  9. 『ドラゴンクエストビルダーズ2』12月20日に発売決定! 有料DLCの展開も明らかに

  10. 「Nintendo Switch Online」に加入した? それとも見送った?─任天堂の有料サービスに対する読者の声を大募集【アンケート】

アクセスランキングをもっと見る