人生にゲームをプラスするメディア

ゲーム翻訳イベント「LocJAM」が開催決定、プロ・アマ問わずに参加できるインターネット上のイベント

国際ゲーム開発者協会(IGDA)は、インターネット上で行うゲーム翻訳イベント「LocJAM」の開催を発表しました。

ゲームビジネス 開発
国際ゲーム開発者協会(IGDA)は、インターネット上で行うゲーム翻訳イベント「LocJAM」の開催を発表しました。

2月22日から3月1日まで開催される予定で、参加者はオープンソースで作成された英語版のフリーゲームを1週間で自国語に翻訳していきます。対象言語はフランス語・ドイツ語・イタリア語・日本語・欧州スペイン語・ロシア語・ブラジル向けポルトガル語・南米向けスペイン語の8カ国語で、それぞれプロ部門とアマチュア部門があるとのこと。

ゲーム翻訳者は、原文のテイストを損なわないように、限られたスペースでの翻訳が求められます。翻訳する題材は直前まで伏せられていますが、前回は『Papers,please』の作者ルーカス・ポープが開発した『The Republia Times』が選ばれました。

応募作品は各国のゲーム翻訳ベンダーによって評価され、5月に優秀作品を発表。副賞にはゲーム翻訳ベンダーの会社を見学できる権利が与えられます。



また、2月15日から東京都内でLocalization SIG主催の特別ワークショップが開催されます。「ゲーム翻訳に挑戦してみたいけど、やり方がよくわからない」、「ゲーム翻訳の世界を知りたい」人に向けたイベントなので、ゲーム翻訳に興味のある方は気軽に参加してみてはいかがでしょうか。詳細は以下の通り。

日時:2月15日(日) 14時-16時
会場:高円寺コワーキングスペース こけむさズ
会場住所:〒166-0002 3丁目1ー9 青田ビル 201
参加費用:500円


記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『Beat Saber』オンラインマルチプレイモードに『風ノ旅ビト』のようなゆるい繋がりを感じた

    『Beat Saber』オンラインマルチプレイモードに『風ノ旅ビト』のようなゆるい繋がりを感じた

  2. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

    YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  3. エンタテイメント業界の重鎮が語る多様化の時代に求められるコンテンツ像とは? (3)

    エンタテイメント業界の重鎮が語る多様化の時代に求められるコンテンツ像とは? (3)

  4. 『スーパーマリオギャラクシー』が英国映画テレビ芸術アカデミーのベストゲームを受賞

  5. 今年の「キャンプ・ハイラル」には6000人が参加

  6. サウジアラビアの“ミスク財団”とスクエニ・グループが覚書締結

  7. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  8. コンプガチャはなぜ駄目か? ソーシャルゲーム今後の争点

  9. THXが「ゲームモード」を追加

  10. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

アクセスランキングをもっと見る