人生にゲームをプラスするメディア

『SAO ―ロスト・ソング―』約5分の新PV公開!「藍井エイル」と「春奈るな」の主題歌も聴ける

バンダイナムコゲームスは、PS3/PS Vitaソフト『ソードアート・オンライン ―ロスト・ソング―』の最新PVを公開し、主題歌情報を発表しました。

ソニー PS3
『SAO ―ロスト・ソング―』約5分の新PV公開!「藍井エイル」と「春奈るな」の主題歌も聴ける
  • 『SAO ―ロスト・ソング―』約5分の新PV公開!「藍井エイル」と「春奈るな」の主題歌も聴ける
  • 『SAO ―ロスト・ソング―』約5分の新PV公開!「藍井エイル」と「春奈るな」の主題歌も聴ける
  • 『SAO ―ロスト・ソング―』約5分の新PV公開!「藍井エイル」と「春奈るな」の主題歌も聴ける
  • 『SAO ―ロスト・ソング―』約5分の新PV公開!「藍井エイル」と「春奈るな」の主題歌も聴ける
  • 『SAO ―ロスト・ソング―』約5分の新PV公開!「藍井エイル」と「春奈るな」の主題歌も聴ける
  • 『SAO ―ロスト・ソング―』約5分の新PV公開!「藍井エイル」と「春奈るな」の主題歌も聴ける
  • 『SAO ―ロスト・ソング―』約5分の新PV公開!「藍井エイル」と「春奈るな」の主題歌も聴ける
  • 『SAO ―ロスト・ソング―』約5分の新PV公開!「藍井エイル」と「春奈るな」の主題歌も聴ける
バンダイナムコゲームスは、PS3/PS Vitaソフト『ソードアート・オンライン ―ロスト・ソング―』の最新PVを公開し、主題歌情報を発表しました。


大人気ライトノベルのゲーム化第3弾作品であり、PS3への初進出も果たす『ソードアート・オンライン ―ロスト・ソング―』。本作の舞台となる《アルヴヘイム・オンライン》は、ゲームでは今回が初登場となります。新たな舞台で、どのようなゲームオリジナルストーリーが展開されるのか。シリーズファンを中心に、大きな注目が集まっています。


そんな本作を彩る主題歌ですが、オープニングテーマを「藍井エイル」さんが、そしてエンディングテーマは「春奈るな」さんが担当します。海外ライブイベントにも数多く出演し実績を重ねる藍井さんと、類稀な歌声と表現力が魅力的な春奈さん。この2人が紡ぐ歌声に興味を抱く方も多いことと思いますが、今回の発表に合わせて主題歌も試聴できる最新PVがお披露目されています。


このPVでは、世界観や戦闘シーン、オンライン要素といった本作が持つ魅力の数々も紹介されているので、その目と耳でしっかりとチェックし、発売日となる3月26日に向けて予習を済ませておきましょう。


YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=mpdCsk40BQ0


『ソードアート・オンライン ―ロスト・ソング―』は、2015年3月26日発売予定。価格は、PS3版が7,120円(税抜)、PS Vita版の通常版が6,170円(税抜)、初回限定生産版が9,980円(税抜)です。

(C) 2014 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAOII Project
(C) BANDAI NAMCO Games Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》
臥待 弦(ふしまち ゆずる)

楽する為に努力する雑食系ライター 臥待 弦(ふしまち ゆずる)

世間のブームとズレた時間差でファミコンにハマり、主だった家庭用ゲーム機を遊び続けてきたフリーライター。ゲームブックやTRPGなどの沼にもどっぷり浸かった。ゲームのシナリオや漫画原作などの文字書き仕事を経て、今はゲーム記事の執筆に邁進中。「隠れた名作を、隠れていない名作に」が、ゲームライターとしての目標。隙あらば、あまり知られていない作品にスポットを当てたがる。仕事は幅広く募集中。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

    『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

  2. 『原神』魈を引くなら“ガチャスポット”にも気を配ってみない? 確率が上がるかもしれない良縁スポット5選!

    『原神』魈を引くなら“ガチャスポット”にも気を配ってみない? 確率が上がるかもしれない良縁スポット5選!

  3. ダンブルドアの登場にも期待!?『ホグワーツ・レガシー』に期待する3つのコト

    ダンブルドアの登場にも期待!?『ホグワーツ・レガシー』に期待する3つのコト

  4. 『原神』「★5 胡桃(フータオ)」登場の新ガチャ「彼岸満開」3月2日19時より開催!―★4ピックアップは「香菱」「重雲」「行秋」

  5. 『原神』稲妻には“自力で”行けるのか?ガイアやボートを駆使し、大海原を進んでみた

  6. 『ELDEN RING』覗けるのは「フィアのパンツ」だけじゃない―さらに「下乳」と「お尻」も見てみた

  7. PS5の“クリエイトボタン”では何ができる?よりスムーズになった機能を体験

  8. PS5のシェアスクリーン機能について考えてみた―同じゲームをしながら共通の話題で盛り上がるにはいいかも!

  9. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  10. 『モンハンライズ』にもおすすめ!スイッチ・PS4・PS5でDiscordを使用してボイスチャットする方法、必要な機材まとめ

アクセスランキングをもっと見る