人生にゲームをプラスするメディア

激レアなNES版『ランニングスタジアム』がeBayに出品、23,300ドル(約278万円)の入札も

1987年に北米で発売されたNESソフト『Stadium Events(ランニングスタジアム)』の未開封品が、オークションサイトeBayに出品され、現時点で23,300ドル(日本円で約278万円)という高値がついています。

任天堂 その他
1987年に北米で発売されたNESソフト『Stadium Events(ランニングスタジアム)』の未開封品が、オークションサイトeBayに出品され、現時点で23,300ドル(日本円で約278万円)という高値がついています。

この『Stadium Events』というタイトル、未開封状態でeBayに出品されるのは今回で2度目。2010年に出品されたものは、41,300ドル(当時の為替相場で約367万円)という超高値で落札されています。



『Stadium Events』が、なぜこんなに高値がつくのか、2010年に出品された際の記事では、下のように説明しています。


バンダイの「Family Fun Fitnessマット(ファミリートレーナー)」対応のゲームとして1987年のホリデーシーズンに発売された『Stadium Events』ですが、翌年1988年に任天堂が北米での「FFFマット」販売権を獲得、「FFFマット」は「Power Pad」として新たに再リリースされました。それに伴い『Stadium Events』も回収され、『World Class Track Meet』へと名称が変更されました。

上記の理由により『Stadium Events』の生産数は僅か2000本。その内ユーザーに販売されたのは200本程度と推測されています 。


なるほど、高値がつくわけです。出品者によると、本品はビデオゲームコレクターのための組織「Video Game Authority」による検査を受け、最高品質を表すゴールドレベルの等級を得ているとのこと。また、入手の経緯について、任天堂で働くために90年代初頭から持っていたと語っています。

2010年に超高額で落札された未開封状態の『Stadium Events』だけに、今回はいくらで落札されるのか、1月16日午後12時のオークション終了に注目が集まりそうです。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「噂の『新型ニンテンドースイッチ』に期待する新要素は?」結果発表―価格低下や性能強化、サイズ変更など様々な変化が望まれる!【読者アンケート】

    「噂の『新型ニンテンドースイッチ』に期待する新要素は?」結果発表―価格低下や性能強化、サイズ変更など様々な変化が望まれる!【読者アンケート】

  2. 『ドラゴンクエストビルダーズ2』かつてゴールドラッシュにわいた「オッカムル島」が公開!地下には謎の古代神殿がそびえる…

    『ドラゴンクエストビルダーズ2』かつてゴールドラッシュにわいた「オッカムル島」が公開!地下には謎の古代神殿がそびえる…

  3. 『スマブラSP』戦闘中にステータスを変える「シュルク」―今回は好きなモードに即変更が可能!

    『スマブラSP』戦闘中にステータスを変える「シュルク」―今回は好きなモードに即変更が可能!

  4. “本気のオタク”であれ――『ファミスタ』プロデューサーが語るゲーム業界を目指す人の心構えとは

  5. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  6. 『DARK SOULS REMASTERED』スイッチ版の紹介映像―死にゲーに挑むコツとは?

  7. ニンテンドースイッチの新型が2019年後半に発売か―事情を知る複数の関係者が明らかに

  8. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  9. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  10. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

アクセスランキングをもっと見る