人生にゲームをプラスするメディア

『魔界戦記ディスガイア5』最強最悪の魔帝登場! “ぺたんこ”が強くなる新システムや“九尾族”などの新クラスも

日本一ソフトウェアは、PS4ソフト『魔界戦記ディスガイア5』の最新情報を公開しました。

ソニー PS4
最強最悪の魔帝・ヴォイドダーク
  • 最強最悪の魔帝・ヴォイドダーク
  • 死人使いの魔王・マジョリタ
  • 魔将軍・ブラッディス
  • 新システム「部隊システム」
  • 『魔界戦記ディスガイア5』最強最悪の魔帝登場! “ぺたんこ”が強くなる新システムや“九尾族”などの新クラスも
  • 『魔界戦記ディスガイア5』最強最悪の魔帝登場! “ぺたんこ”が強くなる新システムや“九尾族”などの新クラスも
  • 部隊効果
  • 『魔界戦記ディスガイア5』最強最悪の魔帝登場! “ぺたんこ”が強くなる新システムや“九尾族”などの新クラスも
日本一ソフトウェアは、PS4ソフト『魔界戦記ディスガイア5』の最新情報を公開しました。

様々な力を持った悪魔達が巣くう魔界を舞台に描かれる史上最強のシミュレーションRPG『ディスガイア』シリーズの最新作となる『魔界戦記ディスガイア5』。同社初のPS4ソフトとなる本タイトルが、満を持して来年の3月に登場します。

復讐と叛逆の魔界戦記を綴る本タイトルでは、主人公「キリア」を始め数多くのキャラクターたちが、それぞれの過去や事情に端を発する復讐へ挑みます。その矛先が向かう最大最悪の敵である「魔帝ヴォイドダーク」のビジュアルや詳細が、このたび明らかとなりました。

また、最強最悪の魔帝として君臨するヴォイドダークに付き従う「配下」達の詳細や、本タイトルに搭載される新たなシステムとなる「部隊システム」なども判明しているので、物語とゲーム性の両面に関する重要な情報の数々をじっくりご覧ください。

◆登場キャラクター


■ヴォイドダーク(CV:山本匠馬さん)
「クククク……無力で無能な魔王どもよ。キリアを葬るついでだ。まとめてかかって来るがいい」

最強最悪の魔帝として全魔界にその名を轟かせたロスト軍の最高指揮者。その苛烈な野心はとどまるところを知らず、強大な魔力を背景に、次々と魔界を支配下に収めている。性格は冷酷かつ残忍で、配下さえ自分の手駒としか考えていない。

■マジョリタ(CV:潘めぐみさん)
「死んだあとも安心するがいい。この死人使いの魔王マジョリタがリサイクルしてやろう」

ヴォイドダークに忠誠を誓う魔将軍の一人。使えないやつは味方だろうと容赦なく殺し、死人として甦らせて使役する。悪魔の理想郷を創ることを夢見ており、そのためにヴォイドダークによる独裁支配が必要という愚かな妄執に囚われている。

■ブラッディス(CV:岩崎征実さん)
「我が名はブラッディス。ヴォイドダーク様から頂戴した誉れ高き名だ」

ヴォイドダークの右腕としてロストの陣頭指揮を執る魔将軍の一人。その実力はヴォイドダークに継ぐナンバー2と噂されている。命令に忠実で黙々と職務を遂行する。強い相手と戦うことに密かな喜びを見出している。

◆システム紹介


■新システム:部隊を編成し、強固な軍勢を作り上げろ! 「部隊システム」
『魔界戦記ディスガイア5』で新たに搭載される「部隊」編成システム。キリア達は強大な敵勢・ロスト軍に対抗するため、反乱軍に様々な役割や目的を持った部隊を編成し、強固な軍勢を結成していく。各部隊にはそれぞれ戦闘や育成に役立つ部隊効果が存在し、所属するユニットはその恩恵を受けることができる。

・部隊を編成する
「足軽隊」や「新人教育部隊」など、様々に存在する部隊に自軍ユニットを任意で配置できる。「足軽隊」ならば所属人数に応じてステータスが上昇、「新人教育部隊」はリーダーが戦闘で獲得した経験値の一部を取得、「ぺたんこ部隊」なら所属しているぺたんこの能力が上昇するなど、様々な部隊効果が発動。部隊の種類は、物語の進行や特定の条件をクリアすることで増えていく。

・部隊を強化する
各部隊は「部隊レベル」を上昇させることで、所属可能なユニット数を増やしたり、部隊効果を強化することができる。「部隊レベル」は各部隊に存在する「後援部隊」に、敵軍の捕虜などを投入して規模を拡張していくことで上昇していく。

・捕虜の獲得方法
部隊強化に必要な捕虜ユニットは、ゲーム中様々な場面で獲得することができる。敵軍との戦闘に勝利すると、一部の敵ユニットが捕虜として投降してくることがある。また「捕獲部隊」に所属したユニットは「捕獲技」が使用可能になり、戦闘中に敵ユニットを無理やり捕獲することができる。

捕虜となったユニットはそのままでも利用することができるが、拠点の「説得屋」を利用することで、より協力的にさせることができる。協力的になった捕虜を後援部隊に送ると、通常より後援部隊が拡張しやすくなる。

■新システム:軍勢VS軍勢、部隊を率いて総攻撃!「部隊技」
編成した部隊は、戦闘中「部隊技」と呼ばれる技を使用することで、敵勢に一斉総攻撃を仕掛けることができる。通常の攻撃と異なり、部隊のリーダーユニットが部隊ユニット全員を率いて敵勢へと激突。攻撃対象となった敵部隊全てのユニットにダメージを与えることができる。

部隊技は各部隊のリーダーユニットが使用可能。発動すると、部隊員と後援部隊が戦隊を組んで敵の部隊と激突する。部隊規模や所属ユニットの能力が高いほど、威力も上昇。

■魔チェンジ
魔物型のユニットは戦闘中、ユニットの能力が反映された強力な「魔チェンジ武器」へと変身できる。魔チェンジ武器は人型のユニットが装備することができ、装備したユニットは専用技を使用可能に。加えて魔物型のユニットが持っていた魔ビリティーや一部のステータスも引き継がれるので、一時的に超強力な複合ユニットを生み出すことができる。

■ダブル魔チェンジ
本タイトルではさらに、魔チェンジに魔チェンジを重ねる「ダブル魔チェンジ」が可能に。
ダブル魔チェンジを行うと、装備中の魔チェンジ武器が巨大武器へとパワーアップ。また、ダブル魔チェンジするユニットの組み合わせによっては、武器の見た目や形状が変化し新たな魔チェンジ武器が誕生する。

■魔チェンジ技
魔チェンジ武器の数だけ存在し、様々な効果を持つ魔チェンジ技。魔チェンジや魔チェンジ技を利用することで戦略は大きく広がり、強敵も突破しやすくなる。

■ダブル魔チェンジと魔チェンジ技
ダブル魔チェンジ状態では、魔チェンジ技も強化される。より強力になった魔チェンジ技を敵に叩き込め。

■武器耐性
本タイトルでは、ユニットの耐性に新たに「武器耐性」が追加。これまでのシリーズに存在した各種魔法属性と合わせて計12耐性となり、戦闘はより戦術的に。敵の耐性や装備に応じて、出撃ユニットや技、武器の使用を変えていく必要がある。もちろん味方ユニットにも耐性の強弱が存在するので、相手の武器や技の属性を見極めることも重要。

■メイン武器とサブ武器
本タイトルには、ユニットが装備できる武器に「メイン」と「サブ」の装備システムが導入。メインとサブに異なる武器を装備させておけば、戦闘中簡単な切り替えが可能に。敵の属性・武器耐性に応じて切り替えることで、二つの武器を効果的に運用することができる。

◆職業&種族紹介


スカウト屋(キャラクターメイク)で仲間にできる、新たな職業&種族を公開。

■NEW CLASS:パイレーツ
広大な宇宙を駆け巡る海賊。遠距離からの狙撃を得意とする。
・主な得意武器:銃
・固有魔ビリティー:「加速射撃」
(対象ユニットとの距離×15%ダメージがアップ)

■NEW CLASS:九尾族
九つの尾を持つ妖孤。運気で自身の能力を強化する。
・魔チェンジ武器:杖
・固有魔ビリティー:運気好転
(ボーナスゲージの本数×5%能力がアップ)

■NEW CLASS:幻魔族
数千年の眠りより目覚めし古の魔物。呪によって敵全体の能力を下げる事ができる。
・魔チェンジ武器:槍
・固有魔ビリティー:「イビルアイ」
(マップ上の敵ユニットの能力-5%)

■NEW CLASS:小鬼族
悪戯好きの小悪魔。自分より弱いものには上から目線。
・魔チェンジ武器:銃
・固有魔ビリティー:「弱い者イジメ」
(自分以下のレベルのユニットへのダメージ+30%)

■NEW CLASS:兇熊族
食欲旺盛な森の巨大獣。
受けた痛みを怒りに変える。
・魔チェンジ武器:拳
・固有魔ビリティー:「怒りチャージ」
(攻撃を受けた回数×5%攻撃力がアップ)

■侍
魔を祓う剣の巫女。正々堂々とした戦いを得意とする。
・得意武器:剣
・固有魔ビリティー:「武士道」
(攻撃対象が単体の時、ダメージ+50%)

■忍者
影に生きる冷徹なる暗殺者。卓絶した体術により、高い回避能力を誇る。
・得意武器:拳、剣、杖
・固有魔ビリティー:「蜃気楼」
(隣接するユニットからの攻撃を50%の確率で回避する)

■重騎士
鉄壁の守りを誇る鋼の騎士。高い防御力で仲間を守ることができる。
・得意武器:槍
・固有魔ビリティー:「英雄の盾」
(防御時、味方ユニットが致死ダメージを受けそうな場合、それをかばう)

■ガンナー
素早い動きで敵を始末する銃使い。仲間とのコンビネーション攻撃が得意。
・得意武器:銃
・固有魔ビリティー:「アシスト」
(攻撃登録すると、次以降の攻撃が命中率100%になる)

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


『魔界戦記ディスガイア5』は、2015年3月26日発売予定。価格は、通常版が7,776円(税込)、限定版が11,016円(税込)、ダウンロード版が6,171円(税込)です。

(C)2015 Nippon Ichi Software, Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS4/スイッチで最新作『スーパーロボット大戦T』発売決定!「楽園追放」「カウボーイビバップ」「レイアース」「わが青春のアルカディア」が新規参戦【UPDATE】

    PS4/スイッチで最新作『スーパーロボット大戦T』発売決定!「楽園追放」「カウボーイビバップ」「レイアース」「わが青春のアルカディア」が新規参戦【UPDATE】

  2. 『レッド・デッド・リデンプション2』を善人プレイで遊んでみた! 人助けに挑むアウトローは、哀れな子羊を救えるのか?【プレイ日記】

    『レッド・デッド・リデンプション2』を善人プレイで遊んでみた! 人助けに挑むアウトローは、哀れな子羊を救えるのか?【プレイ日記】

  3. 『レッド・デッド・リデンプション2』で善人は生き残れるのか!? 無法者が歩む無謀なチャレンジの第一歩【プレイ日記】

    『レッド・デッド・リデンプション2』で善人は生き残れるのか!? 無法者が歩む無謀なチャレンジの第一歩【プレイ日記】

  4. 『GOD EATER 3』「アクション体験版 改」が11月29日に配信開始―製品発売後の追加無料アップデートも実施決定!

  5. およそ20年ぶりに最新ハードで蘇る『シェンムー I&II』―“伝説のゲーム”と呼ばれる所以とは

  6. 『JUMP FORCE』「ONE PIECE」「ドラゴンボール」など人気キャラがニューヨークで激闘を繰り広げる大迫力のTV CMを公開!

  7. 『バトルフィールドV』「タイド・オブ・ウォー」のコンテンツ追加日を海外向けに発表!「最後の虎」は海外で12月4日から

  8. 『DEAD OR ALIVE 6』新キャラクター「NiCO」初公開&「こころ」「ラ・マリポーサ」の参戦が決定!

  9. PS4版『PUBG』12月7日より国内発売決定!2019年1月にはパッケージ版もリリース

  10. スパロボメカACT『HARDCORE MECHA』シングルモード体験レポ―期待通り、“お約束”たっぷりの仕上がりに!【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る