人生にゲームをプラスするメディア

ユーザー数6000万人の脳トレ『Lumosity』日本上陸!任天堂とは異なるアプローチでブーム再来なるか?

全世界に6000万人のユーザーを持つ脳トレプログラム『Lumosity』がついに日本上陸。Web版やモバイル版が順次日本語に対応開始となりました。そんな『Lumosity』が支持される理由や、日本進出を決めた経緯を紹介します。

モバイル・スマートフォン iPhone
ユーザー数6000万人の脳トレ『Lumosity』日本上陸!任天堂とは異なるアプローチでブーム再来なるか?
  • ユーザー数6000万人の脳トレ『Lumosity』日本上陸!任天堂とは異なるアプローチでブーム再来なるか?
  • ユーザー数6000万人の脳トレ『Lumosity』日本上陸!任天堂とは異なるアプローチでブーム再来なるか?
  • ユーザー数6000万人の脳トレ『Lumosity』日本上陸!任天堂とは異なるアプローチでブーム再来なるか?
12月17日、アメリカの企業Lumosity(ルモシティ)は記者発表会を行い、Webやスマートフォン、タブレットで楽しめる脳トレプログラム『Lumosity』を日本でも提供開始すると発表しました。

2007年にプログラムを提供開始して以来、今日では利用者数が全世界で6000万人を超えるという『Lumosity』。その圧倒的な支持を誇る秘訣は、徹底した科学的なアプローチにあるようです。

◆『Lumosity』は脳のためのジムである



Lumosity設立者の1人であり、神経科学者でもあるマイケル・スキャロン氏の下、ハーバード大学、コロンビア大学、スタンフォード大学など、世界中の名門大学で行われている脳科学データなども参考にしながら日々改善やフィードバックがされているという『Lumosity』。今回の日本進出が英語圏以外への初の本格的な進出になりますが、その決め手は「日本のユーザーはゲームへの関わり方が深い」からなのだそうです。

夏頃から行われていた『Lumosity』βテストでは、日本のユーザーは『Lumosity』に高い親和性を示し、長く、深く遊んでくれるユーザーの割合が他国よりも多いとマイケル氏。日本への展開を決めた理由はそこに商機を見出したというのもあるのでしょうが、同社は『Lumosity』を「脳にとっての(スポーツ)ジム」であると強調します。毎日とまではいかずとも、定期的に続けなければなかなかよい効果は得られないというわけですね。

『Lumosity』はゲームの流れも実際のスポーツジムのようになっており、プレイを始めると、まずは記憶力や注意力など自分のどのような能力を磨きたいかの質問に答えていきます。そうした要望に応じてプログラムが組まれ、さまざまなミニゲームをプレイすることで能力の向上を目指します。

◆任天堂とは異なるアプローチで、日本で脳トレブームの再来なるか



左から日本カントリー・マネージャー田澤悠氏、CEO兼共同設立者クナール・サーカー氏、最高科学責任者兼共同設立者マイケル・スキャンロン氏

脳トレといえば任天堂がDSで巻き起こした一大ブームはもちろん、今年の5月にもスマートフォン用の対戦型脳トレゲーム『Brain Wars』が大ヒットを収めましたが、『Lumosity』はこれらのタイトルが有するエンターテイメント性だけでなく「遊ぶことでどのようなメリットが得られるか」に深くフォーカスして差別化をはかる構え。そうした、最新の科学的研究に基づいたアプローチが功を奏して「Google play Best Apps of 2014」をはじめとするいくつもの賞を受賞し、iOS版/Android版のダウンロード数は3000万を突破したとのことです。

『Lumosity』は、現在Web版とAndroid版が好評配信中で、iPhone/iPad版については近日中にリリース予定。料金は基本メンバーシップが無料、プレミアムアカウントは月額1500円or年間8200円(ともに税込み)の選択性となっています。2015年からは日本市場の開拓に向けてTVCMの放送や2歳以上の子供を対象としたiPad用新アプリの配信を予定しているとのことで、並々ならぬ意欲がうかがえます。

科学的知見や最新の研究に基づくメリットの提示、ゲーム機を使わず遊べるお手軽さ、Webサービス/スマートフォンアプリならではの積極的なデータの反映や改善……こうして挙げてみると、目指すいただきは同じなれど、かつて任天堂が通った道とは異なるアプローチをしていることが分かる『Lumosity』。日本ではどのように受け入れられていくのかに注目です。

(C) 2014 Lumos Labs, Inc.
《蚩尤》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. NHKプラス「第26回NHKマイルカップ」中継配信が『ウマ娘』のロゴをパロディーゆるっとした再現度がトレーナーの間で話題に

    NHKプラス「第26回NHKマイルカップ」中継配信が『ウマ娘』のロゴをパロディーゆるっとした再現度がトレーナーの間で話題に

  2. スマホを手に持つ時代は終わった!完全ハンズフリーを実現する「スマホ用アームバンドホルダー」発売

    スマホを手に持つ時代は終わった!完全ハンズフリーを実現する「スマホ用アームバンドホルダー」発売

  3. 『ウマ娘』実競馬にも広がる復活アイテム「目覚まし時計」の使用―負けたら「ハッ!夢か…」で現実逃避

    『ウマ娘』実競馬にも広がる復活アイテム「目覚まし時計」の使用―負けたら「ハッ!夢か…」で現実逃避

  4. 『ウマ娘』育成ウマ娘「ハルウララ」にバランス調整―固有スキルのLvアップ条件が緩和!

  5. 『ウマ娘』賢さ注力はNG!“チームレースで勝てる”サクラバクシンオーの育成論【もなよのウマ娘情報局】

  6. 「セイウンスカイ」と「ニシノフラワー」の馬主・西山茂行氏が『ウマ娘』二次創作に指摘…一時は全面禁止になるも、改めて「全年齢対象ならどうぞ、R指定はダメ」

  7. 『東方ダンマクカグラ』が「森近霖之助(CV:杉田智和)」を“ヒロイン”と紹介し謝罪―声優も相まって「間違ってない」「むしろヒロインにしよう」と

  8. 皐月賞2021開幕に「中山の直線」がTwitterトレンド入り―全国の『ウマ娘』トレーナーの耳に刻まれていた「中山の直線は短いぞ」

  9. はいむらきよたか氏が『ウマ娘』ゴルシ、スカーレット、マックイーンのイラストを投稿!「とある魔術の禁書目録」で知られる著名イラストレーター

  10. 『ウマ娘』全身全霊をくれよ→「あげません!」の風物詩、お役御免か―SSRサポートカード「ウイニングチケット」の台頭により

アクセスランキングをもっと見る