人生にゲームをプラスするメディア

『ゼノブレイドクロス』脚本は竹田裕一郎が続投、キャラデザには田中久仁彦など、制作スタッフが明らかに

Wii Uソフト『ゼノブレイドクロス』の公式Twitterアカウントにて、制作スタッフなどを発表しました。

任天堂 Wii U
『ゼノブレイドクロス』脚本は竹田裕一郎が続投、キャラデザには田中久仁彦など、制作スタッフが明らかに
  • 『ゼノブレイドクロス』脚本は竹田裕一郎が続投、キャラデザには田中久仁彦など、制作スタッフが明らかに
Wii Uソフト『ゼノブレイドクロス』の公式Twitterアカウントにて、制作スタッフなどを発表しました。

Wiiを代表する名作RPGひとつ『ゼノブレイド』をリリースしたモノリスソフトの最新作となる『ゼノブレイドクロス』。発表当時から多くのユーザーが注視してきた本作は鋭意制作が進行していますが、その開発に携わる面々が高橋哲哉氏から紹介されました。

高橋氏は、『ゼノブレイド』はもちろんのこと、『ゼノギアス』や『ゼノサーガ』シリーズなどにも深く関わっており、『ゼノブレイドクロス』では総監督として本作の開発に従事。それだけに『ゼノブレイド』を含めたそれぞれのファンから、信頼に基づく期待を集めています。

まず紹介されたのは、RPGには欠かせない物語を描く、メインシナリオライターの竹田裕一郎氏。竹田氏は『ゼノブレイド』でも脚本を担当しており、安定の続投と言えます。なお高橋氏によれば「前作の王道ファンタジーとはまた一味違う重厚なSFのストーリーを描いていただきました」とのことです。また『ゼノブレイド』よりも文字量が多いため、兵頭一歩氏も脚本に参加しています。

サウンドを担当するのは、映画やドラマ、アニメなど幅広く活躍する澤野弘之氏。キャラクターデザインは、『ゼノギアス』などでもお馴染みの田中久仁彦氏が手がけます。また、本作に登場する特徴的な文化を形成している様々な異星人の文化などを種族ごとに描き分けるため、田中氏以外の方もデザインに参加しています。

たっぷりのボリュームを、実績豊かな開発陣で積み上げていく『ゼノブレイドクロス』。本作の詳細も気になるばかりですが、近々デザイナー陣の発表も行われるので、こちらを楽しみにしながら続報を待ちましょう。

Wii Uソフト『ゼノブレイドクロス』は、2015年春発売予定。価格は未定です。

(C)2014 Nintendo / MONOLITHSOFT
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『モンハンライズ』最近話題の「KO抜刀大剣」を解説!シリーズ初期を思わせる懐かしい戦法が、現代ハンターには新鮮に映るかも

    『モンハンライズ』最近話題の「KO抜刀大剣」を解説!シリーズ初期を思わせる懐かしい戦法が、現代ハンターには新鮮に映るかも

  2. 『モンハンライズ』ネコ双剣「レイジネイルー」の半端ない火力はもう体験した?唯一無二の“確定会心”、見た目はネタ武器だけど実力は本物

    『モンハンライズ』ネコ双剣「レイジネイルー」の半端ない火力はもう体験した?唯一無二の“確定会心”、見た目はネタ武器だけど実力は本物

  3. 『モンハンライズ』「卵槌ガーグァ」はネタ武器にあらず!作中最大攻撃力と3種類の特攻が魅力、3本作れば死角無し

    『モンハンライズ』「卵槌ガーグァ」はネタ武器にあらず!作中最大攻撃力と3種類の特攻が魅力、3本作れば死角無し

  4. 『モンハンライズ』Ver3.0は“徹甲ヘビィ”が熱い!強力に生まれ変わった「ヘビィボウガン」の魅力を語る

  5. 『モンハンライズ』「ハイニンジャソード」は脅威の会心100%!片手剣初心者から上級者までオススメ、戦い方とスキル運用について解説

  6. 『モンハンライズ』“斬裂ライト”こと「王牙弩【野雷】」を使いこなす!3分討伐も夢じゃない瞬間火力には、せっかちハンターもニッコリ

  7. 川に棲む虹色の…イワシ!?『あつまれ どうぶつの森』で釣れる「レインボーフィッシュ」ってどんな魚?【平坂寛の『あつ森』博物誌】

  8. 『モンハンライズ』良く聞く「ドシュー」って何?とっても使いやすいライトボウガン、その強みと必須スキルを解説

  9. E3で発表された『メトロイド ドレッド』は2005年に開発中止になっていた幻の作品!いま復活するスゴさを語らせてくれ

  10. 『モンハンライズ』Ver3.0の新武器「ファントムミラージュ」が強い!安定感ではライバル「一虎刀【餓刃】」も超える

アクセスランキングをもっと見る