人生にゲームをプラスするメディア

【アンケート】「あなたの『ファイアーエムブレム』あるあるは?」結果発表─厳しい戦局を乗り越えるための“とある手段”が1位に!

ファミコン時代にデビューし、時代に合わせ様々なプラットフォームで活躍し続けてきた『ファイアーエムブレム』シリーズ。戦略と育成を融合させたシステムや、一度倒れた仲間は戻らないシビアな切り口などで好評を博しました。

任天堂 その他
【アンケート】「あなたの『ファイアーエムブレム』あるあるは?」結果発表─厳しい戦局を乗り越えるための“とある手段”が1位に!
  • 【アンケート】「あなたの『ファイアーエムブレム』あるあるは?」結果発表─厳しい戦局を乗り越えるための“とある手段”が1位に!
  • 【アンケート】「あなたの『ファイアーエムブレム』あるあるは?」結果発表─厳しい戦局を乗り越えるための“とある手段”が1位に!
  • 【アンケート】「あなたの『ファイアーエムブレム』あるあるは?」結果発表─厳しい戦局を乗り越えるための“とある手段”が1位に!
  • 【アンケート】「あなたの『ファイアーエムブレム』あるあるは?」結果発表─厳しい戦局を乗り越えるための“とある手段”が1位に!
  • 【アンケート】「あなたの『ファイアーエムブレム』あるあるは?」結果発表─厳しい戦局を乗り越えるための“とある手段”が1位に!
  • 【アンケート】「あなたの『ファイアーエムブレム』あるあるは?」結果発表─厳しい戦局を乗り越えるための“とある手段”が1位に!
  • 【アンケート】「あなたの『ファイアーエムブレム』あるあるは?」結果発表─厳しい戦局を乗り越えるための“とある手段”が1位に!
  • 【アンケート】「あなたの『ファイアーエムブレム』あるあるは?」結果発表─厳しい戦局を乗り越えるための“とある手段”が1位に!

ファミコン時代にデビューし、時代に合わせ様々なプラットフォームで活躍し続けてきた『ファイアーエムブレム』シリーズ。戦略と育成を融合させたシステムや、一度倒れた仲間は戻らないシビアな切り口などで好評を博しました。

シリーズ作品を重ねていく中で、倒れた仲間が復活する「カジュアルモード」を実装するなど、時代に合わせた変化も取り入れてきましたが、根幹の魅力は受け継がれてきました。そして、本シリーズならではの“あるある”もまた、時代を超えて活躍しています。


そこでインサイドでは、そんな「『ファイアーエムブレム』あるある10選」を掲示し、特に共感する“あるある”を選ぶアンケートを実施しました。シリーズファンならば、“あるある10選”の多くを体験していることと思いますが、その中でも特に賛同を得たのはどれなのか。気になる結果発表をご覧ください。

【関連記事】
・【特集・アンケート】「『ファイアーエムブレム』あるある」10選―“鋼よりも鉄”“0%と100%しか信じない”“タイトルの表記間違いが気になる”
URL:https://www.inside-games.jp/article/2017/11/04/110682.html

◆まずは6位から10位までをチェック!



今回のアンケートでは、「MAPクリア直前まできてリセット」が最も少なく、40票(2.9%)で10位という結果でした。MAPクリアが近づくほど、強い敵が立ちはだかることが多く、返り討ちの危険が増していきます。ですが、その脅威に屈することなく乗り越えた方々が多かったのかもしれません。筆者は、初代で相当カミュにやられました……。

9位は、58票(4.2%)の「より良い成長を求めてリセット」。強いユニット作りを極めようと思うと避けて通れない道ですが、非常に手間がかかるため忍耐力が問われるのも確か。また、出た結果を受け入れてプレイするのも本シリーズの醍醐味のひとつなので、そのため票が集まらない結果となったのかもしれません。


続いて、「思わぬ増援出現による悲劇」が74票(5.4%)を集めて8位に。シナリオの展開で増援の出現を読める場合もありますが、どのターンにどこから来るのかは把握しにくいケースも多く、油断していると致命的な展開になることもしばしば。この時にリセットするか、仲間の犠牲を踏み越えて先に進むか、実に悩ましいところです。

98票(7.1%)で7位となったのは、「好きなユニットの成長がヘタれる」でした。重要なステータスが上がりやすい、いわゆる「強キャラ」もいるゲームですが、ステータスの上昇自体はあくまで確率の話。「強キャラ」であっても、平均値以下の成長率になることも少なくありません。お気に入りのユニットの成長が伸びるかヘタれるか、全て運次第ですが、覚悟していても落ち込む気持ちは止められません。


6位に食い込んだのは、119票 (8.6%)を獲得した「『ファイヤーエンブレム』じゃないから! タイトルの誤表記が見過ごせない」です。普通のゲーム好きだけでなく、シリーズファンも時折『ファイアー』を『ファイヤー』と、『エムブレム』を『エンブレム』と間違えて表記してしまうことがあるほど。だからこそ、余計に気になってしまう部分と言えるでしょう。

1位に選ばれた“あるある”は果たして…!? 次ページでは1位~5位を発表
《臥待 弦》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ゆっくり茶番劇」騒動まとめ─無関係の第三者が商標登録、出願代理事務所は本件に関して謝罪

    「ゆっくり茶番劇」騒動まとめ─無関係の第三者が商標登録、出願代理事務所は本件に関して謝罪

  2. 『Apex』UUUM主催「えぺまつり外伝S」試合結果まとめ! ドラフトチームの頂点に輝いたのは……

    『Apex』UUUM主催「えぺまつり外伝S」試合結果まとめ! ドラフトチームの頂点に輝いたのは……

  3. 『Pokémon HOME』5月18日に“Ver.2.0.0アプデ”実施!いよいよ『ダイパリメイク』『ポケモンレジェンズ アルセウス』と連携へ

    『Pokémon HOME』5月18日に“Ver.2.0.0アプデ”実施!いよいよ『ダイパリメイク』『ポケモンレジェンズ アルセウス』と連携へ

  4. 『パワプロ2022』発売記念!パワプロシリーズの“インパクト大”な彼女キャラ

  5. 『モンハンライズ:サンブレイク』片手剣、スラッシュアックス、ヘビィボウガンの新アクション公開!

  6. 『Pokémon HOME』ヒスイポケモンは送れる?わざはどうなる?『ダイパリメイク』『ポケモンレジェンズ アルセウス』連携対応のQ&A

  7. 『スプラトゥーン3』新サブウェポン「ラインマーカー」公開!遠くまで一直線に攻撃、触れた相手をマーキング

  8. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  9. 任天堂の“プリンセス”10選 ─ 実はディズニーにも負けてないほど多い!?

  10. 『パワプロ2022』イチロー選手が“異世界転生”級の強さ!「栄冠ナイン」新入部員の時点で特殊能力17個、★453とぶっちぎり

アクセスランキングをもっと見る