人生にゲームをプラスするメディア

Wii Uバーチャルコンソール11月5日配信タイトル ― 『デビルワールド』の1本、宿敵「デビル」は客演も多い

任天堂は、11月5日よりWii Uバーチャルコンソールで配信するラインナップを公開しました。

任天堂 Wii U
デビルワールド
  • デビルワールド
  • 「デビル」の指差し画面スクロールに気をつけろ!
任天堂は、11月5日よりWii Uバーチャルコンソールで配信するラインナップを公開しました。

11月5日よりニンテンドーeショップにて配信開始となるWii Uバーチャルコンソールタイトルは、ファミコンソフト『デビルワールド』の1作品です。

『デビルワールド』といえば、プレイヤーキャラ「タマゴン」よりも、画面上部に常に君臨する敵「デビル」をイメージする人も多いです。『スマブラ』シリーズのアシストフィギュアとしても登場しますが、その際の効果「画面スクロール」は、『デビルワールド』の特徴的なアクション要素でもあります。


◆デビルワールド


配信予定日:2014年11月5日
価格:514円(税込)

オリジナル版ハード:ファミコン
オリジナル版発売日:1984年10月5日
発売元:任天堂
ジャンル:アクション

『デビルワールド』は、1984年に任天堂よりファミコンソフトとして発売されたアクションゲームです。プレイヤーは「タマゴン」を操作し、トップビュー形式の迷路のようなステージ「デビルワールド」のクリアを目指します。2人協力プレイも可能です。

画面上部に君臨する「デビルワールド」の主「デビル」の指示した方向に画面がスクロールすることが特徴です。敵に当たったり、スクロールで壁に挟まれたりするとミスとなってしまいます。「第1ステージ」「第2ステージ」「ボーナスステージ」で1ラウンドという構成になっており、各ステージでクリア条件が異なります。いくつラウンドをクリアできるか、限界に挑戦してみてください。

(C)1984 Nintendo
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

    スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  2. 『海腹川背 Fresh!』マップは一つながりの巨大フィールドに! 遊びやすい進化と変わらぬ魅力のワイヤーアクションをいち早く体験【TGS2018】

    『海腹川背 Fresh!』マップは一つながりの巨大フィールドに! 遊びやすい進化と変わらぬ魅力のワイヤーアクションをいち早く体験【TGS2018】

  3. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  4. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  5. 『ドラゴンクエストビルダーズ2』12月20日に発売決定! 有料DLCの展開も明らかに

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. 『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

  8. 11本目はファン待望の『バーチャレーシング』に決定! MC8bit氏のセガ愛も熱かったセガゲームス『SEGA AGES』ステージ【TGS2018】

  9. 『ぷよぷよeスポーツ』新たな切り口でファン拡大を目指す国民的パズルアクションの真意とは【TGS2018】

  10. 【特集】『星のカービィ』シリーズ、絶対に忘れられないシーン10選

アクセスランキングをもっと見る