人生にゲームをプラスするメディア

脳トレは脳の老化を防ぐ?米政府が脳トレゲームを研究開発中

アメリカ政府は現在、米国内各地の研究機関で年間13億ドルの予算を費やし、脳トレ的なビデオゲームの開発を行なっていることがニューヨーク・タイムズ紙で報じられています。

ゲームビジネス 開発
ニンテンドーDSで一世を風靡した『脳を鍛える大人のDSトレーニング』シリーズ。このゲームがきっかけとなって脳トレゲームが爆発的に増加しましたが、アメリカ政府は現在、米国内各地の研究機関で年間13億ドルの予算を費やし、脳トレ的なビデオゲームの開発を行なっていることがニューヨーク・タイムズ紙で報じられています。

研究では、脳トレ系ゲームを熱心にプレイする子供達には様々な認知能力の向上が見られたそうです。また、脳トレゲームは機能が低下しつつある高齢者の脳を刺激し、活性化させるのではないかという研究も多く行われており、その可能性を示す結果が出されているとしています。

アメリカ政府は脳トレ分野の産業としての活性化も大きく期待しており、政府の承認を得た暁には、脳トレゲームが医師から処方箋として出される未来もあるかもしれない、と語られています。

日本が産み出した脳トレゲームが、アメリカから世界の医療界に羽ばたく日はそう遠くないのかもしれません。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【週間売上ランキング】 『マリオギャラクシー』は初週25万本(10月29日〜11月4日)

    【週間売上ランキング】 『マリオギャラクシー』は初週25万本(10月29日〜11月4日)

  2. 「The Game Awards 2014」の各部門ノミネート作品が発表 ― GOTYには『ベヨネッタ2』や『ダークソウルII』の名も

    「The Game Awards 2014」の各部門ノミネート作品が発表 ― GOTYには『ベヨネッタ2』や『ダークソウルII』の名も

  3. 【CEDEC 2012】桜井政博氏が問い掛ける「あなたはなぜゲームを作るのか」

    【CEDEC 2012】桜井政博氏が問い掛ける「あなたはなぜゲームを作るのか」

  4. 任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

  5. 室蘭市長選に任天堂勤務の川畑氏が出馬へ

  6. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  7. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

  8. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  9. 「モバゲータウン」のDeNAが東証一部に鞍替え

  10. 今週発売の新作ゲーム『マリオテニス エース』『New ガンダムブレイカー』『The Lost Child』『Minecraft』『Musynx』他

アクセスランキングをもっと見る