人生にゲームをプラスするメディア

CRI・ミドルウェア、東証マザーズに上場

ゲームビジネス 市場

東京証券取引所は、CRI・ミドルウェアの上場を承認したと発表しました。市場は東証マザーズで、11月27日付の上場となります。

直前期に当たる平成25年9月期の業績は、売上高9億8814万円、経常利益8329万円。従業員数は59名となっています。

CRI・ミドルウェアは1983年にCSK総合研究所として設立。音声、映像関連の研究を行ううち、当時CSKグループであったセガとの関係が深まり、ゲーム開発向けのミドルウェアを手掛けるようになりました。2001年のセガのゲーム機からの撤退を期に、他社向けのミドルウェアも手掛けるようになりその関係から、CSK総合研究所から独立し現在の社名となりました。

設立の経緯から現在も筆頭株主はセガで24.29%を保有。以下はCSKグループのCSK-VCサステナビリティファンドが8.1%を保有する以外は従業員持株会や従業員が大半の株式を保有しています。なお、売上高に占めるセガの割合は16.5%、サミーが18.1%だとのこと。

CRI・ミドルウェアは統合型サウンドミドルウェア「CRI ADX2」、ムービーミドルウェア「CRI Sofdec2」、ファイル圧縮ミドルウェア「ファイルマジックPRO」などを提供。国内の家庭用ゲーム機向けにはデファクトスタンダードになっているほか、海外展開も進め、『Destiny』(アクティビジョン・ブリザード)などの大型採用もあります。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

    ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  2. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

    VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  3. 2018年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. セガサミー、カジノ経営に本格参入・・・韓国Paradise Groupと合弁で建設目指す

  5. 【CEDEC 2010】イストピカ福島氏が語る「家庭用ゲーム開発者のソーシャルへの転身」

  6. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  7. 「女性実況プレイヤーも増えそう」倉持由香さんらゲーム実況の未来を語る

  8. 【Autodesk×Unity】セガが語るUnityで作るiPhoneゲーム、そしてコンテンツ工学

  9. 【CEDEC 2010】学習ゲームは効果があるのか? ベネッセとゲームニクスの取り組み

  10. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

アクセスランキングをもっと見る