人生にゲームをプラスするメディア

LINEとグリー、共同出資子会社を設立しグローバル向けタイトルを開発

LINEは本日開催したプレスカンファレンスで、グリーと共同出資の子会社を設立し、グローバル向けネイティブタイトルの開発に乗り出すことを明らかにしました。

ゲームビジネス 市場
LINEとグリー、共同出資子会社を設立しグローバル向けタイトルを開発
  • LINEとグリー、共同出資子会社を設立しグローバル向けタイトルを開発
  • LINEとグリー、共同出資子会社を設立しグローバル向けタイトルを開発
LINEは本日開催したプレスカンファレンスで、グリーと共同出資の子会社を設立し、グローバル向けネイティブタイトルの開発に乗り出すことを明らかにしました。

新会社はEpic Voyage株式会社(エピック・ボヤージュ)で、代表にはグリー執行役員の荒木英士氏が就任。取締役にはLINE上級執行役員の舛田淳氏とグリーでJapan Game事業本部の福田智史氏が就任。グリーが主導であることを伺わせます。

Epic VoyageではLINEが多数のユーザーを有するアジアを始めとするグローバル市場に向けたゲームタイトルを開発する予定。会社は10月31日に設立予定です。

LINEの舛田氏は「LINE GAMEは、2012年11月より本格展開を開始して以来、自社および外部コンテンツプロバイダーと連携して開発したゲームコンテンツを、LINEのプラットフォームを通してユーザーに提供しており、ゲームプラットフォームとしての存在感を高めてまいりました。昨今では、国内のみならず良質なコンテンツを世界に提供すべく、グローバルにおける展開にも一層注力しております。グリーは、国内最大のネイティブアプリ開発会社であり、その開発力やこれまで培われた実績は、まさに今、LINE GAMEが必要としているものであり、ともに新会社を設立できることを大変うれしく思います。LINEのプラットフォーム力を活かしながら、全世界のユーザーにより良いコンテンツを提供していきたいと思います。」とコメント。

グリーの青柳直樹氏は「今回のLINE社との事業提携を大変喜ばしく思います。グリーでは、日本、北米、韓国のスタジオでグローバルにモバイルゲームを開発していますが、新会社では、これまで培ってきた開発力を生かし、新たなゲームを生み出していくことを楽しみにしています。LINE社が持つグローバルなネットワークを通じて、より多くのお客さまに新しいゲーム体験と驚きをお届けしたいと思います。」と述べています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  2. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 【週間売上ランキング】 トップはドラゴンボールZメテオ(10/1-7)

    【週間売上ランキング】 トップはドラゴンボールZメテオ(10/1-7)

  4. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  5. 【DEVELOPER'S TALK】世界観も開発体制も一新!『ソウルキャリバーV』世界一の武器格闘ゲームであり続けるための挑戦

  6. 日本の同人ゲームが、海外ダウンロード販売サイトに進出!

  7. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  8. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

  9. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  10. 【レポート】VR鉄道SLG『トレインマイスター』をマスコンレバーでプレイ…E235系が走るJR山手線沿線を再現

アクセスランキングをもっと見る