人生にゲームをプラスするメディア

『テトリス』がSF映画化決定!「テトリスという作品にストーリーを持たせ、より想像力溢れるものにする」

ゲームビジネス その他

1984年に登場後、ゲームボーイなどで広く普及し、今や誰もが知る落ち物パズルゲームの元祖とも言える『Tetris(テトリス)』ですが、映画化されることが決定しました。

海外メディア「Wall Street Journal」が報じた内容によると、映画「Mortal Kombat」などの実写化を手がけたLarry Kasanoff氏がCEOを勤める「Threshold Entertainment」が映画化を担当するとのこと。同社は他にもLEGOシリーズのアニメなども手がけています。

全くもってプロットなどが想像できない『Tetris』の映画ですが、Kasanoff氏曰く内容はSF作品になるとのこと。こう聞くと更にイメージが掴めなくなる読者もいるかもしれませんが、同氏は「テトリスという作品にストーリーを持たせ、より想像力溢れるものにする」と意気込んでいます。

具体的な公開時期や監督、役者などのスタッフ陣は発表されていない映画版「Tetris」。旧ソビエトで生まれ30歳を迎えたこの作品が、21世紀に巨大スクリーンで改めて世界中を魅了するかどうかはわかりませんが、今後のゲーム史において語り継がれることになる作品となることは間違いありません。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【GDC 2009】サンフランシスコのゲームショップ巡り

    【GDC 2009】サンフランシスコのゲームショップ巡り

  2. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  3. 『シェンムー』聖地巡礼ガイドマップを制作した横須賀市にインタビュー! 担当者ふたりの情熱がファン垂涎のアイテムを作り上げた【特集】

    『シェンムー』聖地巡礼ガイドマップを制作した横須賀市にインタビュー! 担当者ふたりの情熱がファン垂涎のアイテムを作り上げた【特集】

  4. 日本観光を恋愛ADV的ノリで楽しめる『Go! Go! Nippon! ~My First Trip to Japan~』がSteamで配信、開発者がセールス好調を報告

  5. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  6. 【CEDEC 2009】文化の差はどう乗り越える!? 「日本から海外へ!-今日から役立つローカライズ技法-」

  7. 【GDC 2015】2人で作って10億円を稼いだ『クロッシーロード』のサクセスストーリー

  8. 海外アナリスト、2022年までのゲーム業界収益予測を公開―PCゲームのアプリ内課金などが牽引力か

  9. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  10. 【TGS2017】PS4一億台の普及に向けて、さまざまな努力を続けていくーSIE吉田修平氏インタビュー

アクセスランキングをもっと見る