人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2014】探索や3Dバトルなどいつもとは違ったアクションが楽しめる『ソニックトゥーン 太古の秘宝』プレイレポート

任天堂 Wii U

【TGS 2014】探索や3Dバトルなどいつもとは違ったアクションが楽しめる『ソニックトゥーン 太古の秘宝』プレイレポート
  • 【TGS 2014】探索や3Dバトルなどいつもとは違ったアクションが楽しめる『ソニックトゥーン 太古の秘宝』プレイレポート
  • 【TGS 2014】探索や3Dバトルなどいつもとは違ったアクションが楽しめる『ソニックトゥーン 太古の秘宝』プレイレポート
  • 【TGS 2014】探索や3Dバトルなどいつもとは違ったアクションが楽しめる『ソニックトゥーン 太古の秘宝』プレイレポート
  • 【TGS 2014】探索や3Dバトルなどいつもとは違ったアクションが楽しめる『ソニックトゥーン 太古の秘宝』プレイレポート
  • 【TGS 2014】探索や3Dバトルなどいつもとは違ったアクションが楽しめる『ソニックトゥーン 太古の秘宝』プレイレポート
  • 【TGS 2014】探索や3Dバトルなどいつもとは違ったアクションが楽しめる『ソニックトゥーン 太古の秘宝』プレイレポート
  • 【TGS 2014】探索や3Dバトルなどいつもとは違ったアクションが楽しめる『ソニックトゥーン 太古の秘宝』プレイレポート
  • 【TGS 2014】探索や3Dバトルなどいつもとは違ったアクションが楽しめる『ソニックトゥーン 太古の秘宝』プレイレポート
東京ゲームショウ 2014のセガブースに出展されていた、同社の人気シリーズ『ソニック』の最新作となる『ソニックトゥーン』。今回は謎解き要素もふんだんに盛り込まれたWiiU版『ソニックトゥーン 太古の秘宝』のプレイレポートを紹介します。

『ソニック』シリーズといえば、2D/3Dを問わず高速で走り、時には敵を倒しながらコインを集めてゴールを目指すゲームを想像する人が多いかと思います。しかし本作は、それに加えて仲間との協力プレイや、「探索」も楽しめるようになっています。TGSの試遊スペースで体験できたのは、とある海底遺跡の中に入ったソニックたちが、仕掛けを解いたり、敵を倒しながら奥へと進んでいくステージ。アクションはYボタンで通常の攻撃、Bボタンでジャンプ、Xボタンにはキャラクター固有スキルが設定されており、例えばソニックならお馴染みの回転アタックが使用できます。また、ジャンプして敵の頭上に行ってからXボタンを押すと、回転アタックの状態で敵を踏みつけるなど、ソニックらしいアクションも随所に見えました。

実際に遊んでみると、試遊バージョンということで難易度も抑えられており、敵を次々に倒す爽快感がありました。エミーをはじめとしたキャラクターもソニックとともに戦い、その掛け合いも注目してもらいたい点のひとつです。そして、十字ボタンで操作するキャラクターを瞬時に切り替えられれることも大きな特徴になっています。キャラクターによって固有スキルや操作感覚が変わってくるので、お気に入りのキャラクターを探すのも楽しいかと思います。なお、Wii U GamePadにはモニターと同じ画面が表示される仕様になっています。

また、全キャラクター共通の新アクションである「エナービーム」も見逃せません。これはあらゆるものに吸着し、物を引っ張ったり、ビームの伸び縮みを利用して大ジャンプができるという優れもの。戦闘では、エナービームを利用した遠く離れた敵を近くへ引き寄せることができます。敵に対しては自動で照準を合わせてくれるので操作も快適で、筆者も敵の大群と乱戦になったときは、頻繁に利用しました。そして今回の試遊では、謎解きにもこのエナービームが大活躍。オブジェクトをエナービームで引っ張ると鍵が開くなどの仕掛けがあり、製品版でも使用する機会は多そうです。

ちなみにこの仕掛を作動させると、巨大な機会がソニックたちに襲いかかり、ソニックは逃げることになります。ここからは、奥行きのあるステージをソニックが高速で逃げていくという、普段のアクションを楽しむことができました。

2つ目のステージは、ソニックの宿敵であるDr.エッグマンとの対決に注目した内容になっていました。エッグマンは巨大なロボットに乗っており、通常の攻撃ではダメージを与えられません。しかも敵が継続的に出現するうえ、エッグマンもミサイルを撃ってくるなど非常に厄介な相手。ここでも活躍するのはエナービームで、飛んできたミサイルを捕まえると、エッグマン目がけて投げ返すことができます。そして、ある程度ダメージを与えるとロボットの動きが止まるので、仲間とともにエナービームでコクピットからエッグマンを引きずり出し、さらなるダメージを与えていくのです。

ソロプレイながら仲間との協力を強く感じることができ、さらに操作も簡単と、これまでの『ソニック』シリーズとは似ているようで新しい、遊び応えのあるアクションゲームに仕上がっていた印象です。個人的には、試遊の段階では体験できなかった、難解な謎解きにも期待したいところ。また、ステージを駆け抜ける従来のアクションも散りばめられているので、シリーズファンの方も安心して楽しめるでしょう。
《ユマ》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

    【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  2. 『スプラトゥーン2』第5回となるユニクロフェスの結果発表、インナーVSアウターはグレーインクの勝利!

    『スプラトゥーン2』第5回となるユニクロフェスの結果発表、インナーVSアウターはグレーインクの勝利!

  3. スイッチ版『The Sexy Brutale』12月21日より配信開始―無限に続く殺人を食い止めろ!

    スイッチ版『The Sexy Brutale』12月21日より配信開始―無限に続く殺人を食い止めろ!

  4. 『スプラトゥーン2』「完全限定エンペラーギア」PVが公開!―「コロコロコミック」1月号付属のコンテンツ

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』Ver.2.0.0の注目ブキ8選!ブキが変わってなくても環境が変わる!?

  6. Amazon、スイッチ最新作の2本セットセールを開催中!―『Xenoblade2』『ベヨネッタ2』『マリオ オデッセイ』等

  7. スイッチ版『ベヨネッタ2』2人協力プレイがローカルワイヤレス通信に対応

  8. 「ガチアサリ」は12月13日から!『スプラトゥーン2』更新データVer.2.1.0の内容が明らかに

  9. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  10. 『戦場のヴァルキュリア4』不屈の闘志で立ち上がる「ブレイブ」や新兵科「擲弾兵」などをお披露目! 新要素を見逃すな

アクセスランキングをもっと見る