人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2014】『GUILTY GEAR Xrd』「シン」「エルフェルト」プレイレポート

ソニー PS4

アークシステムワークスブースではPS4/PS3『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-(ギルティギア イグザード サイン)』がプレイアブル出展されおり、家庭用での新キャラクター、シン=キスクとエルフェルトでのプレイが楽しめるようになっています。ここでは、その新キャラ2人のプレイレポートをお届けします。

◆シン=キスク――胃袋と相談しつつ猛ラッシュ!


製品版での使用条件:下記の条件のどちらかを満たす
・ゲーム内通貨「W$(ワールドドル)」を一定額使用して条件を開放
・ソフト発売後に配信されるアンロックDLCを購入して開放(税込み250円/配信日未定)



旗を手にしての、リーチの長い通常技がシンの持ち味のひとつです。ですが、彼の最大の特徴は「必殺技を必殺技でキャンセルできる」こと。ガトリングコンビネーションからの必殺技がガードされても、さらに必殺技につなげることで相手の反撃を受けづらくしたり、ヒットしていた際には更なるダメージアップが見込めるしといいことづくめ。

そんなシンの弱点は、画面下のテンションゲージの上に表示される彼独自のゲージで示される「満腹度」。シンは通常技や必殺技を出すたびにかなりの勢いでこのゲージを消費していき、0になってしまうと攻撃を出すたびに「お腹をおさえて空腹にあえぐ」という余分なモーションが発生するようになっています。



こうなったらもう、相手にされるがまま。どんなに有利に進めていた勝負でも、すぐにひっくり返されかねません。その事態を回避するために有効なのが彼の必殺技の1つである「育ち盛りだからな。」を使うこと。これは彼が一瞬で食事を済ませる技で、満腹ゲージを回復させる効果があるのです。ガトリングコンビネーションから足払いにつないで相手からダウンを奪ったときや、飛び道具をガードさせているときなどに積極的に使い空腹をしのいでいきましょう。

満腹度のゲージ管理さえしっかりできるなら、長いリーチを誇る必殺技のキャンセルで相手を押さえ込むラッシュができそうです。出がそれなりに速く、中段攻撃であるブルバッシュなどが使い勝手がよさそうでした。

◆エルフェルト――二挺の銃で遠・近距離戦の両方をこなす!


製品版での使用条件:下記の条件のどちらかを満たす
・早期購入特典としてソフトに封入されているダウンロードコードを使用する
・有料DLCとしてキャラを購入(税込800円/配信日未定)



血液型は「不思議型」で体重は「夢kg」――プロフィールを見るだけでクラクラしてしまいそうなほどに夢の世界に生きているエルフェルト。そんな彼女のスタイルを決定づけるのは、「Missコンフィール」と「Missトラヴァイエ」という二挺の銃です。

「Missコンフィールを構える」で構える同名の銃は、長い銃身を持つスナイパーライフル。この技を使用するとその場でしゃがんで銃を構えて動けなくなってしまいますが、その代わりにレバー操作で照準を自在に動かせるのが特徴です。一定時間この状態を維持すると照準が大きくなって射撃がガード不能となるので、いかに構えを維持するかが考えどころ。銃の形状通り遠距離で活躍する技といえそうです。



そして「Missトラヴァイエ」は、対照的に相手の至近距離で威力を発揮するショットガン。「Missトラヴァイエを構える」でこの銃を手にしたエルフェルトは通常技の一部が変化し、ジャンプができなくなります。一定時間この状態を維持すると威力が上昇しますので、Kボタンで素早く相手の裏に回ったり、Dボタンで体勢を崩したりなどして翻弄すれば、相手にかけられるプレッシャーはどんどん上がっていきます。Missトラヴァイエでの射撃はショットガンということもあり、相手との距離が離れれば離れるほど減衰するようですから「まとわりついて離れない」くらいの気持ちがよさそうです。

Missコンフィールは徹底した長距離仕様で、Missトラヴァイエは徹底した近距離仕様。それを使い分けるのか、どちらかに特化するのか。個々のスタイルは分かりやすいのですが、どのタイミングで構えに移行するかを考えると、やはりテクニカルなキャラクターといえそうです。また、どちらのスタイルで攻めるにせよ、手榴弾を投げる「ベリーパイン」はけん制として有効な一手となりそうでした。


かたや必殺技を必殺技でキャンセルしてのラッシュキャラ、かたや遠近両用キャラ。どちらもひと筋縄では行かない、独自のスタイルを持っています。どちらが自分に合いそうか、もしくは、彼らにどうやって対抗するべきか……アークシステムワークスブースでそれを見極めることができます。

PS4/PS3『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』は12月4日発売予定。価格は、パッケージ版が6,980円(税抜)、ダウンロード版が5,502円(税抜)、そしてPS4版のみ用意される限定版は、9,980円(税抜)です。

(C) ARC SYSTEM WORKS
《蚩尤》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 【TGS2017】それは人なのかアンドロイドなのか―徹底した世界観で『Detroit』に迷い込む

    【TGS2017】それは人なのかアンドロイドなのか―徹底した世界観で『Detroit』に迷い込む

  2. 『鉄拳7』欧米アーティストと開発スタッフが書き下ろしたキャラパネル全25種類が無料配布決定

    『鉄拳7』欧米アーティストと開発スタッフが書き下ろしたキャラパネル全25種類が無料配布決定

  3. 【TGS2017】美少女たちを迎え撃て! 360度あらゆる方向からの“告白”に立ち向かう『ぎゃる☆がん2』を回転しつつプレイ

    【TGS2017】美少女たちを迎え撃て! 360度あらゆる方向からの“告白”に立ち向かう『ぎゃる☆がん2』を回転しつつプレイ

  4. 【TGS2017】個性的な新モンスターが続々登場した『モンスターハンター:ワールド』ステージイベントレポ

  5. 【TGS2017】『サマーレッスン』新城ちさとちゃんとご対面-今度の生徒は小生意気な問題児!?

  6. PS4『アリカ 謎の格闘ゲーム(仮称)』が国内初出展―日本語コマンド表も

  7. 【TGS2017】『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』PS VR版プレイレポ―この爽快感、はいだらー!と叫ばずにはいられない

  8. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  9. 『モンスターハンター:ワールド』モデルのPS4 Proが数量限定で12月7日より発売決定

  10. 『仁王』DLC第3弾「元和偃武」最新スクリーンショットが到着!新たな物語や「無間獄」、新守護霊の姿も

アクセスランキングをもっと見る