人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2014】キャラはフルドット絵、背景はフル3D!PS3版『ダウンタウン熱血行進曲』開発者インタビュー

『熱血硬派くにおくん』と言えば、30代40代にとっては懐かしくてたまらないタイトル。そのくにおくんシリーズの最新作『ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会~オールスタースペシャル~』が、なんとPS3に登場です。

ソニー PS3
【TGS 2014】キャラはフルドット絵、背景はフル3D!PS3版『ダウンタウン熱血行進曲』開発者インタビュー
  • 【TGS 2014】キャラはフルドット絵、背景はフル3D!PS3版『ダウンタウン熱血行進曲』開発者インタビュー
  • 【TGS 2014】キャラはフルドット絵、背景はフル3D!PS3版『ダウンタウン熱血行進曲』開発者インタビュー
  • 【TGS 2014】キャラはフルドット絵、背景はフル3D!PS3版『ダウンタウン熱血行進曲』開発者インタビュー
『熱血硬派くにおくん』と言えば、30代40代にとっては懐かしくてたまらないタイトル。そのくにおくんシリーズの最新作『ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会~オールスタースペシャル~』が、なんとPS3に登場です。

まだ公式サイトにもおおまかな情報しか載っていない本作ですが、TGS2014のアークシステムワークスブース内ではプレイする事が可能。当時のテイストはそのままに、少し違った姿を見せるくにおくん達が画面の中で踊っています。もう正直キャラもうろ覚えな状態でしたが、プレイを始めると蘇ってくるあの記憶。そうだ、これはガチャゲーなんだ!(本当は違います)

参加しているチームは、熱血高校や花園高校、冷峰学園など多数。プレイキャラは各校6名ほど。まだまだ参加チームも増えそうなので、「あのキャラがいない!」という方も期待して待ってください。

◆うははは! なにこれ楽しい!


プレイ感覚は、ほとんど当時のままです。超楽しいですよ、これは。ただ、使えるコマンドが多いので、さらに幅の広い遊び方ができるのではないかと思いました。

キャラクターは本当に当時のままの2Dドット絵を採用。本当に当時のそのままです。そのキャラたちが、3Dで作られた背景の中で暴れ踊りまくるとあって、オールドファンは必見。一度は見ておかねばならないでしょう。

私は懐かしさのあまり、くにおくんを使った上でリキにやられてしまいました。ヘボプレイヤーだからではありません。陽気にドカンをキめて、洋ラン背負ってリーゼントです。結果ボコられました。その上、最終的には下に落とされて負けるという体たらく。年はとりたくないものですね……。

アークスさんのブースは奥にありますので、地図を頼りにして向かいましょう。

◆コワモテ開発者インタビュー


くにおくんの開発者お二人、アークシステムワークスディレクターの古谷亮輔氏と、エープラス開発室長山口律氏にお話をうかがいました。

――本日はよろしくお願い致します。

古谷、山口:お願いします。

――いまこの時代に、くにおくんを選ばれた理由はなんでしょう?

古谷:ちょうどPS3でオンライン対戦をやりたいなというところで、くにおくんを選びました。元々隣り合っての対戦が楽しいゲームですが、現代はなかなかそういった機会もないのでオンラインを求めたんです。

――やはりターゲットは30代以上ですか?

山口:それプラス、若い世代にもなんとかまわしていきたいと考えています。
古谷:若い人たちもこのゲームを見て、「おもしろそうだな」と考えてくれる事を期待しています。

――今後の展開などはありますか?

古谷:くにおシリーズは今後もどんどん進めて行きたいと思います。あとは、スマホへも手を伸ばしていくつもりでいます。

――これは期待大ですね!

古谷:新旧の世代に幅広く遊んでもらいたいんですよ。

山口:元々くにおくんが好きで、「作らせてください」とお願いに行ったんです。そこから『リキ伝説』を作ったり、『乱闘協奏曲』を作らせてもらったりしました。好きだからこそ、です。
古谷:あのドット絵だからこそくにおくんですよね。あれじゃなかったら他のものになってしまう。昔のテイストを大切にしたかったんです。

――それでは、最後にファンの方々へのメッセージをお願いします。

古谷:今作は、とにかくみんなで遊ぶのが楽しいゲーム。オンライン対戦が付いているゲームなので、みんなで遊んでどんどん盛り上がって欲しいなと思います。

それで、仲良くなって、楽しくなって、喧嘩して。大いに楽しんでください!

――本日はありがとうございました!



◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

「コワモテ」なんて書きましたが作ってもらっただけで、本当は優しそうなお二人からのコメントをいただきました。

やはり「好きだから」こそ、作品につながっていっているのですね。二人の「くにおくん」に対する情熱を、ひしひしと感じるインタビューでした。そんな二人が作っている今作『ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会~オールスタースペシャル~』が面白く無いわけがありません。今冬発売に向けてさらなるブラッシュアップを行なっているそうなので、コタツを用意して首を長くして待とうではありませんか。
《平工 泰久》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【12月2日】─「ノジマオンライン」が新たな抽選販売を予定

    今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【12月2日】─「ノジマオンライン」が新たな抽選販売を予定

  2. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【12月3日】─受付先に乏しく厳しい状況が続く

    今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【12月3日】─受付先に乏しく厳しい状況が続く

  3. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【12月1日】─「COMG!」の抽選販売受付が今晩スタート

    今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【12月1日】─「COMG!」の抽選販売受付が今晩スタート

  4. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【12月4日】─直近の状況は厳しめ、今後の推移に期待

  5. 【実録】PS5からデビューするゲーミングモニターのススメ─決断のポイントは「遊ぶジャンル」と「部屋の環境」!フルHDだって十分魅力的な選択肢

  6. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  7. PS5のシェアスクリーン機能について考えてみた―同じゲームをしながら共通の話題で盛り上がるにはいいかも!

  8. 『仁王2』『シェンムーIII』『人喰いの大鷲トリコ』名作注目作が勢揃い!PS Storeの「歳末感謝セール」に注目

  9. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

  10. 『モンハン:アイスボーン』×映画「モンハン」コラボ開催! ミラ・ジョヴォヴィッチになってオリジナルストーリーを楽しもう

アクセスランキングをもっと見る