人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2014】スクウェア・エニックスのクラウドサービス「DIVE IN」を体験して感じた課題

スクウェア・エニックスが10月より開始するクラウドゲーミングサービスの「DIVE IN」。

ゲームビジネス その他
【TGS 2014】スクウェア・エニックスのクラウドサービス「DIVE IN」を体験して感じた課題
  • 【TGS 2014】スクウェア・エニックスのクラウドサービス「DIVE IN」を体験して感じた課題
  • 【TGS 2014】スクウェア・エニックスのクラウドサービス「DIVE IN」を体験して感じた課題
  • 【TGS 2014】スクウェア・エニックスのクラウドサービス「DIVE IN」を体験して感じた課題
  • 【TGS 2014】スクウェア・エニックスのクラウドサービス「DIVE IN」を体験して感じた課題
  • 【TGS 2014】スクウェア・エニックスのクラウドサービス「DIVE IN」を体験して感じた課題
スクウェア・エニックスが10月より開始するクラウドゲーミングサービスの「DIVE IN」。

東京ゲームショウ2014のスクウェア・エニックスブースでは『ファイナルファンタジーVII インターナショナル』と『ファイナルファンタジーXIII』の2タイトルをタブレット端末を使って体験できるようになっていました。

「DIVE IN」はスマートフォンとタブレットで専用のアプリケーションを利用することで、ゲームを手軽にストリーミングで遊ぶ事の出来るサービス。往年の名作から最新作までラインナップされる予定。技術的には「Gクラスタ」「ひかりTVゲーム」などと同様にGクラスタ・グローバル社の技術を採用しています。

実際に『ファイナルファンタジーVII インターナショナル』をブースで体験してみました。クラウドゲーミングではプレイヤーの入力がサーバーに送られ、その結果が画像として送られてきて表示されるという処理が行われるため、インストールが不要な一方で転送速度によってはラグが生じ、ゲームの進行が難しいという難点があります。その点ではブースでは問題点は感じられませんでした。

一方、操作性については改善の余地がありそうです。スマートフォンもタブレットも物理インターフェイスがないため、画面上に表示されるコントローラーをタッチして操作する形。左側に移動キー、右側にボタンという構成となっていましたが、操作には難ありという印象。入力が難しく(判定がシビア)、その反応も良いとは言えませでした。RPGという操作がシビアではないジャンルですが、このインターフェイスは是非とも改善されることを期待したいです。

「DIVE IN」は10月9日にサービスが開始され、上記の2タイトルのほか、『Season OF Mystery:The Cherry Blossom Murders』が配信されます。その後も『ファイナルファンタジーVIII』『ラストレムナント』『MURDERD』などの配信が予定。価格は利用権を購入する形でタイトルによって異なりますが、3日間150円~。
《土本学》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 米任天堂社長が「新型ニンテンドースイッチ」について米紙インタビューで言及―相次ぐ新型発表の報道をうけ

    米任天堂社長が「新型ニンテンドースイッチ」について米紙インタビューで言及―相次ぐ新型発表の報道をうけ

  2. 令和に新作ファミコンカセットを自作!その知られざるテクニック&80年代カルチャーを「桃井はるこ」「なぞなぞ鈴木」らが語る【インタビュー】

    令和に新作ファミコンカセットを自作!その知られざるテクニック&80年代カルチャーを「桃井はるこ」「なぞなぞ鈴木」らが語る【インタビュー】

  3. マイクロソフトは発売前のXbox Series Xを、ライバル企業・SIEに提供していた―Xbox幹部「これは業界の信頼の証でした」

    マイクロソフトは発売前のXbox Series Xを、ライバル企業・SIEに提供していた―Xbox幹部「これは業界の信頼の証でした」

  4. 『Apex Legends』人気タレントが集う第6回「CRカップ」は7月31日開催!早くもCR.おじじ氏が明言

  5. カプコン、『バイオハザード4』などで写真を無断使用したとして提訴される―損害賠償請求は1,200万ドル以上に

  6. 北米のゲーム事情を統計調査、半数以上のアメリカ人がゲームプレイヤーという結果に

  7. 【CEDEC 2012】桜井政博氏が問い掛ける「あなたはなぜゲームを作るのか」

  8. 「ガンダム」ガンプラとゲームの融合…新企画『ガンダムブレイカー バトローグ プロジェクト』始動

  9. 『クラッシュ・バンディクー』や『ラスアス』のノーティードッグ、公式グッズサイトをオープン

  10. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

アクセスランキングをもっと見る