人生にゲームをプラスするメディア

【スマブラ特集】3年足らずで続編登場! シリーズの土台を固めた『大乱闘スマッシュブラザーズDX』を振り返り

世界中のファンが登場を待ちわびている『スマブラ』シリーズ最新作の『大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS』。シリーズファンほど待ち遠しい時間を数えたことと思いますが、今週の土曜日に念願の発売日が訪れます。

任天堂 GC
【スマブラ特集】3年足らずで続編登場! シリーズの土台を固めた『大乱闘スマッシュブラザーズDX』を振り返り
  • 【スマブラ特集】3年足らずで続編登場! シリーズの土台を固めた『大乱闘スマッシュブラザーズDX』を振り返り
  • 【スマブラ特集】3年足らずで続編登場! シリーズの土台を固めた『大乱闘スマッシュブラザーズDX』を振り返り
  • 【スマブラ特集】3年足らずで続編登場! シリーズの土台を固めた『大乱闘スマッシュブラザーズDX』を振り返り
世界中のファンが登場を待ちわびている『スマブラ』シリーズ最新作の『大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS』。シリーズファンほど待ち遠しい時間を数えたことと思いますが、今週の土曜日に念願の発売日が訪れます。

そんな最新作の登場を記念し、シリーズへの理解を更に深めるため『スマブラ』過去作を振り返るこの企画。今回は、当時待望された続編となった『大乱闘スマッシュブラザーズDX』です。

シリーズ一作目に当たる『ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ』は、『どうぶつの森』と同じくNINTENDO64から始まった人気シリーズ。どちらも一作目から大きな反響を呼び、続編への期待が高まっていました。そして両タイトルとも、続編はゲームキューブにリリースされます。

任天堂初の光ディスク搭載ハードとなったゲームキューブは、N64での苦戦を覆すべく期待されたハードでしたが、PS2が先にリリースされており普及には再び手こずりました。当時PS2は、ゲーム機の性能やリリースされるソフトの魅力のみならず、初代PSとの互換性やDVD再生機能にも注目が集まり、ゲームファンやカジュアルなユーザーを引きつけることに成功。結果としてゲームキューブソフトのリリースは全般的に手こずることとなり、思うように本数が伸びませんでした。

そんな苦境の中、ゲームキューブソフトの中で唯一ミリオンを達成したのが『DX』でした。しかも本作は2001年11月に発売されており、前作リリース日の1999年1月から数え3年に満たない期間で登場しました。前作リリース直後はまだ続編の製作が決定していなかったので、開発は更に短い期間となります。

本作のプレイアブルキャラクターは前作の2倍以上に及んでおり、様々なモードも新たに登場。ボリューム面では増加し、開発期間は厳しいというタイトな状況での制作となりましたが、その完成度はみなさんご承知の通りで、ファンの要望に大きく応える形となりました。

大きく変わったしたポイントのひとつとしては、参戦キャラクターの増加のみならず、その傾向の変化が挙げられます。一作目では、主役、もしくは主役級の活躍や注目を浴びるキャラクターによる大乱戦でしたが、本作では「ピーチ姫」「ゼルダ姫」などのヒロイン勢や、「クッパ」「ガノンドロフ」といった存在感溢れるボスなども参戦。主役級だけでなく、任天堂ハードで活躍した仲間やヒロイン、悪役も入り乱れる、広い意味でのオールスター大乱闘となり、この傾向が今後のシリーズの方向性を決定しました。

またこちらも、以後のシリーズに継承された『スマブラ』らしさのひとつであるフィギュア集め。この多彩なキャラクターを収集して楽しめる要素も、導入されたのは本作からです。なお、この要素を取り入れた理由として、「スマブラに参戦してほしいキャラの要望が寄せられる中、マイキャラで作るのがムリであっても、すこしは要望が満たせるのでは」との想いがあったことも語られています。

もちろん進化したのは、キャラクター関係だけではありません。「吹っ飛ばす」というシリーズ特有の独自性を更に楽しめるよう、ステージを次々とクリアしていく「アドベンチャー」や、与えたダメージによる飛距離を競う「ホームランコンテスト」、全員総出演する「オールスター」など、一人で遊べる要素も多数盛り込まれます。また対戦モードも、最大エントリーが64人にも及ぶ「トーナメント乱戦」をはじめとする多彩な遊び方が提案されており、ひとりでもみんなでも楽しい『スマブラ』が更なる躍進を遂げました。

また戦闘システムでも、横必殺ワザの搭載により必殺ワザが4種類になったなど、シリーズの礎となる変化や追加などが行われたのも見逃せません。鮮烈なデビューを果たした一作目、そしてシリーズの地盤が固めた2作目と言えるでしょう。

そんな本作の魅力を語るにはやはり公式サイトだけでは物足りず、前作にも用意された「スマブラ拳!!」が「速報スマブラ拳!!」と名前を少し変えて登場。キャラクターや各種要素を事細かに解説してくれます。また、「ネスは当初、『MOTHER3』の主人公に変更する予定でした」などの開発秘話なども散りばめられているので、今見てもなかなか興味深いサイトとなっています。

ゲームキューブソフトなので、現行のWii Uでは残念ながら遊べません。しかしWiiならばゲームキューブソフトとの互換性があるので、今でも本作を存分に楽しめます。Wiiと本作をお持ちの方は、最新作が出る前のひとときに『DX』を味わい直してみるのも一興かもしれませんね。

最新作をより楽しむために、古きを温ねて新しきを知る過去作の振り返り。次回は、Wiiに登場した3作目『大乱闘スマッシュブラザーズX』を紹介する予定です。どうぞお楽しみに。

(C)2001 Nintendo/HAL Laboratory, Inc.
Characters(C) Nintendo/HAL Laboratory, Inc./Creatures Inc./GAME FREAK inc./APE inc./INTELLIGENT SYSTEMS
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『モンハンライズ』×『モンハンストーリーズ2』新たな連動要素が発表!体験版プレイで“特別な護石”をプレゼント

    『モンハンライズ』×『モンハンストーリーズ2』新たな連動要素が発表!体験版プレイで“特別な護石”をプレゼント

  2. E3で発表された『メトロイド ドレッド』は2005年に開発中止になっていた幻の作品!いま復活するスゴさを語らせてくれ

    E3で発表された『メトロイド ドレッド』は2005年に開発中止になっていた幻の作品!いま復活するスゴさを語らせてくれ

  3. 「Switch Proが発表されました」―新型スイッチの登場を報じたBloomberg、そのレポーターによるジョークが話題に

    「Switch Proが発表されました」―新型スイッチの登場を報じたBloomberg、そのレポーターによるジョークが話題に

  4. 『モンハンライズ』ネコ双剣「レイジネイルー」の半端ない火力はもう体験した?唯一無二の“確定会心”、見た目はネタ武器だけど実力は本物

  5. 『モンハンライズ』ムービーシーンをぶち壊す“インパクト抜群な頭装備”たちに注目!その顔でシリアスパートは無理でしょ

  6. 『モンハンライズ』Ver3.1を6月24日に配信!8月までのロードマップ詳細が明らかに【E3 2021】

  7. 『モンハンライズ』Ver3.0の新武器「ファントムミラージュ」が強い!安定感ではライバル「一虎刀【餓刃】」も超える

  8. 『スーパーロボット大戦30』対応機種はスイッチ/PS4/PCに!「コードギアス 復活のルルーシュ」はじめ、一部参戦作品も正式発表

  9. 桜井政博氏が“試しに作った”ゲームに「さすがプロ」「天才」の声、続出!射撃と加速が同一になったSTGを『はじめてゲームプログラミング』で制作

  10. 『メトロイド・ドレッド』は開発中止に?

アクセスランキングをもっと見る