人生にゲームをプラスするメディア

【GC 14】まるで宝石箱! 余りにも新規発表が多かったSCEEカンファレンス現地レポ

現地時間12日夜、 ドイツ・ケルンにてgamescom 2014に先駆けて行われたSCEEプレスカンファレンスの模様を現地よりフォトレポート形式でお届け致します。

ソニー PS4
現地時間12日夜、 ドイツ・ケルンにてgamescom 2014に先駆けて行われたSCEEプレスカンファレンスの模様を現地よりフォトレポート形式でお届け致します。

昨年に続きgamescomメイン会場に隣接する多目的ホールStaatenHausにて行われたSCEカンファレンス、今年はさらに多くのメディア関係者が集まり、圧倒される数の新作タイトルが発表されました。その数は観覧していた我々もリアクション取るのに疲れる程の数!盤石な欧州市場を畳み掛けるような新規タイトルの発表攻勢をかけ、まさに『すべてのゲームは、ここに集まる』のキャッチコピーを体現するようなカンファレンスとなりました。


何故GAMERSではなくPLAYERSなのか?その答えは後日掲載予定に吉田修平氏単独インタビューの中にあるかも!?


『THE ORDER 1886』はまさにプレイする映画。実写並みと言う言葉すらも陳腐に聞こえるくらいの臨場感でした。


『Bloodborne』はこのgamescomで世界初のプレイアブル展示。このgamescomで最も注目を集めているタイトルの一つです。


矢張りgamescomで発表しました。行ったぜ1000万台!SCEでも予想を上回る売れ行きだそうです。


2014年中に発売された、または発売予定の期待のタイトル。9月以降にも大作が目白押し!


単なるマインクラフトクローンではすまされない!?掘って作って文明を発展させて侵略者と戦う新規タイトル。


なんと開発者のDean Hall氏が直々に登壇してプレゼン。『DayZ』のPS4完全移植を確約しました。



『Destiny』『Far Cry 4』と大作が続きます。それぞれにPS4独占のコンテンツを用意。


小島監督がサプライズで登壇し会場を騒がせた『MGS V: THE PHANTOM PAIN』。数々のダンボールギャグで会場は笑いの渦に。


Ninja TheoryがPS4独占で発表した『Hellblade』。高いグラフィック性能を持つPS4ならではのゲームになるそう。


発表の際、一際観客のリアクションが大きかった新規タイトルの『RIME』。トゥーンシェイドで叙情的な世界が描かれます。


などなど、このページだけでは紹介しきれない程のタイトルが新たに発表されたメディアカンファレンスとなりました。それぞれのタイトルについては個別のページでご紹介しておりますのでそちらを御覧ください。PlayStation 4は今世代において間違いのない選択となるかもしれません。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』ストーリーモードで「鬼龍院 皐月」のオリジナル新衣装「純潔神髄」が登場!

    『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』ストーリーモードで「鬼龍院 皐月」のオリジナル新衣装「純潔神髄」が登場!

  2. 5期団所属の編纂者によって紡がれる『モンハン:ワールド』の世界―書籍「新大陸スケッチ紀行」発売開始!

    5期団所属の編纂者によって紡がれる『モンハン:ワールド』の世界―書籍「新大陸スケッチ紀行」発売開始!

  3. 『デビルメイクライ 5』ダンテと一緒に悪魔と踊ろう-元祖スタイリッシュアクションを動画でチェック!

    『デビルメイクライ 5』ダンテと一緒に悪魔と踊ろう-元祖スタイリッシュアクションを動画でチェック!

  4. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  5. 「キムタクを動かせる」想像できない未来を実現した『JUDGE EYES』―名越総合監督と細川Pに訊く【TGS2018】

  6. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  7. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

  8. 不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

  9. 『JUDGE EYES:死神の遺言』MCU氏が3DCGのキャラクターとして出演決定!主人公の八神とバトルになることも…

  10. 雄々しく、そして人間らしく―『信長の野望・大志 with パワーアップキット』の小山プロデューサーが語る理想のAI 【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る