人生にゲームをプラスするメディア

【GC 14】任天堂ブースフォトレポート、『スプラトゥーン』筆頭に新作体験へ並ぶ長蛇の列

ドイツはケルンで13日から開催中の欧州最大ゲーム見本市gamescom 2014ですが、一般参加者の解禁日を向かえ会場の人口密度はたちまち限界突破。E3での発表からさらなる注目を集める任天堂ブースの様子を、現場からフォトレポートでお届けします。

任天堂 Wii U
ドイツはケルンで13日から開催中の欧州最大ゲーム見本市gamescom 2014ですが、一般参加者の解禁日を向かえ会場の人口密度はたちまち限界突破。E3での発表からさらなる注目を集める任天堂ブースの様子を、現場からフォトレポートでお届けします。



一般ブースの一角を華やかに飾るのは今期の四天王、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS/Wii U』『スプラトゥーン』『ベヨネッタ2』『ゼルダ無双』。ドイツ国内のみならず、ヨーロッパ全土から駆けつけた任天堂ファンたちによって、体験プレイセクションは長蛇の列。どこが最後尾なのかさっぱり分からないほどの盛り上がりを見せていました。




中でも人気だったのが『スプラトゥーン』。今年のE3で最も注目を集めたタイトルの1つなだけあり、カラフルなインクを撒き散らすイカゲーへの関心はここ欧州でも尽きません。老若男女、ライトゲーマーから往年の任天堂ファン、観光客から常連コスプレイヤーまで、新たな体験を我先にとブースの熱気を最大限に高めていました。



なお、今回のフォトレポではお伝えできませんが、gamescom 2014では『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS/Wii U』大会も催されているとのことです。64から長きに渡って続く任天堂ブランドの顔とも言えるシリーズ。最新作への高まる期待が、来る週末の任天堂ブースを頂点まで盛り上げてくれることは間違いないでしょう。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン3』特定条件で「キンメダイ美術館」の塗り面積が不平等に―「スタートダッシュ杯」の使用ステージからも除外

    『スプラトゥーン3』特定条件で「キンメダイ美術館」の塗り面積が不平等に―「スタートダッシュ杯」の使用ステージからも除外

  2. 『スプラトゥーン3』のワイパーは弱ブキじゃない?有名プレイヤーたちが虜になる理由

    『スプラトゥーン3』のワイパーは弱ブキじゃない?有名プレイヤーたちが虜になる理由

  3. 「Nintendo Live 2022」音楽ライブ“『あつ森』&『スプラ3』”は誰でも楽しめる!最終公演のみライブ配信を実施

    「Nintendo Live 2022」音楽ライブ“『あつ森』&『スプラ3』”は誰でも楽しめる!最終公演のみライブ配信を実施

  4. 『スプラトゥーン3』おすすめのヘッドセットを紹介!オーディオミキサーを使えばボイスチャットも簡単に

  5. 【プレイレポ】『ガーディアンテイルズ』スイッチ版は親子で遊べるドット絵アクションRPG!王道ファンタジーを先行プレイ

  6. 【ネタバレ注意】『ゼノブレイド3』サブクエストから読み解く世界の結末!「もちもちイモ」が与える喪失感

  7. 山田涼介や関優太も『スプラトゥーン3』に熱中!バンカラ街で悪戦苦闘するFPSの猛者たち

  8. 『スプラトゥーン3』おすすめコントローラー5選!純正品から可愛いデザイン、携帯向けまで

  9. 『アノニマス・コード』の楽しみ方を開発陣が語り尽くす!シリーズファンでなくても楽しめる新機軸のシステム「ハッキングトリガー」で今までにないゲーム体験を味わおう

  10. 『スプラトゥーン3』好き嫌いが分かれる「ガチアサリ」を考察…実は競技性ではトップレベル!?

アクセスランキングをもっと見る