人生にゲームをプラスするメディア

【China Joy 2014】PS4やXbox Oneのライバル? ZTEやTCLが家庭用ゲーム機を展示

ゲームビジネス その他

ZETとThe9のFun Box
  • ZETとThe9のFun Box
  • ZETとThe9のFun Box
  • ZETとThe9のFun Box
  • ZETとThe9のFun Box
  • ZETとThe9のFun Box
  • ZETとThe9のFun Box
  • ZETとThe9のFun Box
  • ZETとThe9のFun Box
上海自由貿易試験区における家庭用ゲーム機の解禁は、PS4やXbox Oneなど、中国から見た外資系企業ばかりにチャンスをもたらすものではありません。現地企業もこの市場に目をつけています。

China Joyの一部として開催されている「ACH / Next-gen Arcade, Console and Home Entertainment Expo」では2つの中国発の家庭用ゲーム機が見られました。

通信機器メーカー第2位のZTEが、モバイルゲームメーカーThe9(第九城址)と組んで4月に発売した「Fun Box」は、Ouyaのような外観で、NVIDIAのTegra4チップを搭載、2GBのRAMを持ち、HDMIとテレビに接続して、ブルートゥースコントローラーでゲームをプレイします。OSはAndroid 4.3カスタムで、外観はOuyaそっくり。

また、現地のテレビメーカーのTCLは「TCL T2」と呼ばれる、こちらもOuyaそっくりのゲーム機をリリース。中国のAllwinner Technologyが開発するARMベースのA31クアッドコアプロセッサを搭載、2GBのRAMと16GBのストレージを積んでいます。OSはAndroid 4.2。

どちらもAndroidの幅広いゲームが楽しめる一方、PS4やXbox Oneのように独自タイトルを持っておらず、ゲーム機といっても、Google Chromecast、Apple TV、Amazon Fire TVなど多数の競合が存在するテレビを"スマート化"するデバイスの1つとしか現時点では言えません。Ouyaの失敗を糧にする事が望まれますが、現時点で見えている内容では厳しそう。

ただし、Androidのゲームをコントローラーと大画面で遊ぶというのは、カジュアルなユーザーにとっては悪くないゲーム体験で、一定のニーズは存在するのかもしれません。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

    「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  2. 「TGS 2018」開催発表会レポート―開催は9月20日から、e-Sportsや動画配信を強化していく

    「TGS 2018」開催発表会レポート―開催は9月20日から、e-Sportsや動画配信を強化していく

  3. 今週発売の新作ゲーム『ソニックフォース』『Xbox One X』『NEED FOR SPEED PAYBACK』『仁王 Complete Edition』他

    今週発売の新作ゲーム『ソニックフォース』『Xbox One X』『NEED FOR SPEED PAYBACK』『仁王 Complete Edition』他

  4. 【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

  5. スクウェア・エニックス吉岡直人氏にゲーム業界をめぐる問題意識を聞く

  6. 「ゲームの上手さで内定」日本初“ゲーム技能”を選考に加えた社員採用活動「いちゲー採用」が実施

  7. 稲葉敦志と神谷英樹が語るプラチナ流開発、新作ゲーム開発スタッフを積極募集中

  8. 2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  9. 業界への就職を目指すあなたへ!「ゲーム・アーティスト・オーディション」ロングインタビュー!

  10. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

アクセスランキングをもっと見る