人生にゲームをプラスするメディア

Wii Uバーチャルコンソール7月23日配信タイトル ― 『スーパーチャイニーズ』『黄金の太陽 失われし時代』『マリオvs.ドンキーコング』の3本

任天堂 Wii U

スーパーチャイニーズ
  • スーパーチャイニーズ
  • カルチャーブレーンがついにVC参入!
  • 黄金の太陽 失われし時代
  • 第1作『開かれし封印』と対をなす物語
  • マリオvs.ドンキーコング
  • ミニマリオが活躍する人気アクションパズルの第1弾
任天堂は、7月23日よりWii Uバーチャルコンソールで配信するラインナップを公開しました。

7月23日よりニンテンドーeショップにて配信開始となるWii Uバーチャルコンソールタイトルは、ファミコンソフト『スーパーチャイニーズ』、ゲームボーイアドバンスソフト『黄金の太陽 失われし時代』『マリオvs.ドンキーコング』の3作品です。

『スーパーチャイニーズ』の発売元であるカルチャーブレーンは、Wiiや3DSを含めてバーチャルコンソールに初参入となります。また、同社のスタッフである遠藤一夫氏のTwitter(@cb_ryuhi)のつぶやきによると、『スーパーチャイニーズ』を皮切りに、9月10日にファミコンソフト『飛龍の拳』、今後の配信予定としてスーパーファミコンソフト『スーパーチャイニーズワールド』を準備しているとのこと。カルチャーブレーンファンの方は続報にご期待ください。


◆スーパーチャイニーズ


配信予定日:2014年7月23日
価格:514円(税込)

オリジナル版ハード:ファミコン
オリジナル版発売日:1986年6月20日
発売元:ナムコ(開発及び現在の権利所有者はカルチャーブレーン)
ジャンル:アクション

『スーパーチャイニーズ』は、1984年にアーケードに登場した『チャイニーズヒーロー』の移植作で、1986年にナムコ(開発及び現在の権利所有者はカルチャーブレーン)よりファミコンソフトとして発売されたアクションゲームです。後に続く『スーパーチャイニーズ』シリーズの第1作にあたります。さらわれた「ミンミン姫」を救うため、「ジャッキー」(1Pキャラ)と「リー」(2Pキャラ)が妖魔軍団に立ち向かいます。

敵が次々と現れる8つ「魔館」(エリア)は4面構成。宝箱などから手に入るアイテムでパワーアップしながら「魔館」の制覇を目指しましょう。使用回数が限られた強力で便利な攻撃「ミラクルキック」の使い方が攻略のポイントとなります。

(C)1986カルチャーブレーン


◆黄金の太陽 失われし時代


配信予定日:2014年7月23日
価格:702円(税込)

オリジナル版ハード:ゲームボーイアドバンス
オリジナル版発売日:2002年6月28日
発売元:任天堂
ジャンル:RPG

『黄金の太陽 失われし時代』は、2002年に任天堂よりゲームボーイアドバンスソフトとして発売されたファンタジーRPGです。開発は『シャイニング・フォース』シリーズなどを手がけているキャメロット。前作『黄金の太陽 開かれし封印』の続編で、2部作の完結編的な内容となっています。

前作と綿密にストーリーが絡み合うことが特徴で、本作の主人公「ガルシア」は、前作の主人公である「ロビン」らと時に対立することもあります。火・水・風のエナジストたちと共に、「失われし時代」を取り戻し、世界を救いましょう。クラスチェンジや戦闘に深く関わるシリーズならではの「ジン」システムは、更に奥深いものとなっています。

(C)2001,2002 Nintendo/CAMELOT


◆マリオvs.ドンキーコング


配信予定日:2014年7月23日
価格:702円(税込)

オリジナル版ハード:ゲームボーイアドバンス
オリジナル版発売日:2004年6月10日
発売元:任天堂
ジャンル:パズルアクション

『マリオvs.ドンキーコング』は、2004年に任天堂よりゲームボーイアドバンスソフトとして発売されたパズルアクションゲームで、『マリオvs.ドンキーコング』シリーズの第1作にあたります。「パズルステージ」前後半、「mm(ミニマリオ)ステージ」、「DK(ドンキーコング)ステージ」から構成されたワールドが特徴です。

「パズルステージ」前半はカギを手にドンキーが逃げた扉へ向かうルートを探索。後半は、ミニマリオが閉じ込められたカプセルへのルートを探します。「mmステージ」では、取り戻した6体のミニマリオたちおもちゃ箱へ誘導。「DKステージ」でドンキーコングとの対決に挑み、見事に倒せばステージクリア。次のワールドへと進むことができます。

(C)2004 Nintendo Developed by Nintendo Software Technology Corporation
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

    任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

  2. 『スプラトゥーン2』「オオモノシャケ」は1種類じゃない!重なる鍋に乗った謎のシャケなども登場

    『スプラトゥーン2』「オオモノシャケ」は1種類じゃない!重なる鍋に乗った謎のシャケなども登場

  3. 任天堂、平成29年3月期決算を発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算で384万本、ニンテンドースイッチは274万台を販売

    任天堂、平成29年3月期決算を発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算で384万本、ニンテンドースイッチは274万台を販売

  4. 4月27日で『星のカービィ』は25周年!関係各所からお祝いコメントが公開

  5. 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」『ゼルダの伝説 BotW』で風の力を借りずにイカダを動かす方法とは? “ウルトラミニターボ”実装の『マリカ8 DX』にも迫る

  6. 『スプラトゥーン2』セブン-イレブン限定グッズ&一番くじの画像が公開、タンブラーやアイロンビーズなど

  7. 「マリオ」や「ルイージ」たちが切手に!グリーティング切手「スーパーマリオ」6月28日より発行

  8. 【レポート】『モンスターハンターダブルクロス』セミナー開催―参加者がモンスターデザインから学んだこと

  9. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  10. トヨタホームの展示場で『マリオカート8 DX』が遊べる! ニンテンドースイッチなどが当たる抽選会も

アクセスランキングをもっと見る