人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2014】巨大ロボットになった気分を味わう!? 宮本氏が手がける『Project: Giant Robot』を体験

任天堂 Wii U

プレイの様子
  • プレイの様子
  • ロボットはカスタマイズできる
  • 宮本氏のMiiが見守っていた
任天堂は、宮本茂氏が手掛ける、Wii U GamePadを活用した新しい実験的プロジェクトとして『Project: Giant Robot』と『Project: Guard』をE3に出展。宮本氏のMiiに見守られながら体験してきました。



『Project: Giant Robot』はGamePadを顔の正面に持ち、巨大ロボットになった気分で、敵のロボットを倒すゲーム。宮本氏が相撲に例えたように、肉弾戦で、シンプルに敵を地面に倒したら勝利です(ビームも出すことができますが)。

ロボットは巨体ゆえに動きはゆっくり。のっそ、のっそと歩きます。GamePadのRトリガーで前進、Lトリガーで後退。左右のスティックが腕の動きになっていて、前に出すと腕が前に突き出ます。このロボット、安定感が低いようで、GamePadを上手く傾けてバランスを取らないと、あっさり倒れて負けてしまいます。GamePadを顔の前に持っているため、バランスを取っているとプレイヤーがロボットと一緒に動くような格好になり、何だかロボット気分です。

筆者も何度か挑戦してみました。前に進むのは左右のトリガーなので良いとして、やっぱりキモはバランスの取り方。これがなかなか難しく、敵に到達する前に倒れたり、敵にあたっただけで倒れたり。なかなか苦戦しました。鍵は思い切って体を動かすこと。やっぱりロボットになりきらないと心は通じないようです。すぐ倒れる不安定な奴ですが、多少操作さが上手くなるとローテクな感じで親近感が湧きます。ダメな奴ほど可愛い心境かもしれません。

今回はあまりチェックできませんでしたが、ロボットのカスタマイズはゲームの鍵となるようです。全身の様々なバーツをカスタマイズできました。頭を小さくすると敵から狙いづらくなったり、足を短くすると足が遅くなったり性能が変化していくようです。

E3のデモではステージが幾つか用意され、複数の敵との相撲対決が繰り広げられました。何度か列に並んだ筆者ですが、最後には3対登場する固そうな敵を見事にノックダウン。無事に勝利を収める結果となりました。ちなみにステージは市街地で、4方を電流が流れるリンクで囲まれているような場所でした。

発売は2015年の予定。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  2. 『Nintendo Labo』キットの個別販売が開始―マイニンテンドーストアではセット販売も実施予定

    『Nintendo Labo』キットの個別販売が開始―マイニンテンドーストアではセット販売も実施予定

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  5. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  6. 『星のカービィ スターアライズ』いくつ知ってる?小ネタ10選【ネタバレ注意】

  7. 新感覚音楽制作ゲーム『KORG Gadget for Nintendo Switch』が4月26日に配信決定!

  8. 『星のカービィ スターアライズ』このコピー能力が強い!8選

  9. 『スプラトゥーン2』次回アプデでもう少しだけ強化して欲しいブキ8選(Ver.2.2.2時点)

  10. 『スプラトゥーン2』ブキの元ネタを徹底調査その1!シューター&マニューバー&スペシャルウェポン編

アクセスランキングをもっと見る

1