人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2014】誰もが簡単にマリオのステージを作れる『マリオメーカー』を体験

任天堂が今回のE3に合わせて発表したWii U向け『マリオメーカー』(Mario Maker)は、誰もが簡単にマリオのステージを作成することのできる、ゲームクリエイターになれるゲームです。会場に展示されていましたので早速触ってみました。

任天堂 Wii U
『マリオメーカー』E3ブースの様子
  • 『マリオメーカー』E3ブースの様子
  • マリオのコースを自分で設計できる
  • GamePadで操作していく
  • クラシックバージョン
  • クラシックバージョン
  • HDバージョン
  • HDバージョン
任天堂が今回のE3に合わせて発表したWii U向け『マリオメーカー』(Mario Maker)は、誰もが簡単にマリオのステージを作成することのできる、ゲームクリエイターになれるゲームです。会場に展示されていましたので早速触ってみました。

デモでは、3つほど既に構築されているステージが用意されていて、それをベースにステージ作成に挑戦できました。操作はGamePadを使用し、画面上部に配置可能なブロックや敵などの要素を選択するツールセットがあり、タッチペンで選んで、ドラッグ&ドロップでステージに配置していきます。とても簡単で、ポイポイ配置していくだけでマリオが作れます。

まっ平らな地面を工夫するだけでも楽しいですが、ツールセットの中には地面のようなオブジェクトも用意されていて、ジャンプで足場を越えていくようなステージも作成することができます。

作ったステージは、左下のボタンから即座にゲームを開始してテスト(デバッグ)可能。編集画面に戻るのもスタートボタンから一瞬です。開発とテストのイテレーション(繰り返し)を非常にスムーズに行う事が出来るため、試行錯誤でステージ作成に挑戦できます。いまどきのゲームエンジンと同じですね。

また、『マリオメーカー』ではクラシック風(初代『スーパーマリオブラザーズ』)と現代風(『Newスーパーマリオブラザーズ U』)の2タイプのビジュアルでステージを作成できます。この2つのタイプはGamePad上のボタンで即座に切り替えられます。ビジュアルが変わるだけで、ずいぶん異なるゲームような気がするのが不思議です。同時に、時代が代わってもゲームプレイの根幹は変わらない、いかに完成されたゲームなのかを感じさせます。

せっかく作ったステージですから、この使い道が気になるところですが、スタッフに「シェアできるようになりますよね」と尋ねたところ「そうなるといいですね。でも、まだ発売は先で、開発もスタートしたばかりなんです」との回答でした。色々なプレイヤーが作った創造性溢れるステージに挑戦できるようになると盛り上がりそうですね。

『マリオメーカー』は2015年の発売予定です。

《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

    『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  2. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

    『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  3. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

    『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  5. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  6. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  7. 『スプラトゥーン2』“今”はこのブキが強い!この10ブキを使いこなしてS+10を目指せ!【Ver.2.3.3編】

  8. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  9. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  10. ニンテンドースイッチの2018年ソフトDL数ランキングが公開―年末に登場したあの作品が1位に!

アクセスランキングをもっと見る